Top
タグ:気象 ( 45 ) タグの人気記事
Top▲|
日の出のサンピラー
d0166451_035205.jpg



今朝はうっすらサンピラー(太陽柱)が見られました。
待ってたのよ〜ぅ。
寒い時期の無風状態の朝、あるいは日没の空に見られることの多いこの現象、
この冬、結構気にして見ていたのですが、なかなか出現せず‥‥(って言うか見過ごしていたかも)
や〜っとかい!という感じで。

でももうちょっとクリアなのが見たかったわ。
次回に期待。

d0166451_04391.jpg

太陽が昇る直前の方がハッキリしてたかも。
‥‥そーでもないか。
眩しくない分肉眼で見やすかっただけってことですかね。あはは。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-01-16 00:45 |
SNOWFLAKE 2
d0166451_0295815.jpg


朝、カーテンを開けると、ベランダの手すりに白いものがちらほら。
夜中から明け方にかけてパラパラと雪が降って(と言うより“落ちて”?)そのまま凍ったらしいわ。

一刻も早く撮りたい気持ちを抑え、お弁当と朝ご飯を用意し、旦那と息子を送り出し‥‥
陽が当たるまでの30分程、綺麗な結晶探しに没頭しました。
パジャマにダウンジャケットという残念な出で立ちだったことをここに申告します(爆)


時間が経っているからなのか、それとも冷え込みがそれ程強くなかったせいなのか、雪とも霰ともつかないような結晶が殆どでした。

あ、タイトルが「SNOWFLAKE 2」なのは、先日一度この冬の初撮りをアップしたからです。
雪が降ったらまた撮ると思うので、このタイトルで統一することにしました。

結晶×5
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-12-27 00:33 | マクロ
華奢

d0166451_0462787.jpg

寒い霧の朝。



d0166451_0464419.jpg

太陽が昇り、少しずつ晴れて行く。
きっとこういうのを上から見ると雲海になっているのでしょうね。



窓の外のザクロの枝をぼんやり見ていたら。
d0166451_047472.jpg

糸屑のようなものに気づきました。

これってもしかして霧氷なのでしょうか。
これが束になって樹氷になるのでしょうか。



d0166451_047213.jpg

あまりに繊細で華奢な氷のアート。
太陽に照らされ、でも折れることなく、このまま気化するように消えて行きました。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-12-14 00:48 | 季節
たからさがし

案の定今朝は雪が積もっていました。
初積雪です。
寒いばっかりで滅多に積もることの無い地域なので、外が白くなっていると未だにテンションが上がりますv
豪雪地域の皆さん、不謹慎なおばさんでごめんなさい。

テンションが上がる理由の一つは雪の結晶が見られること。
雪景色を眺めるんじゃなくて、雪そのものを見つめるというマニアックな楽しみです。
あなたもいかが?うふふ。

とにかく次いつ降るかわかんないから、溶けだす前にガン見です。
旦那と息子を送り出してから太陽が雲間から現れるまでの一時間、必死で探しました。

d0166451_0441332.jpg



d0166451_0443197.jpg



なかなか綺麗なものが見つけられませんでした。
外気はとても冷たいのだけど、おそらく湿った雪なのです、これ。
綿あめを舐めるとチリチリシュワッって表面が溶けるでしょう?
み〜んなあんな感じで形になってないんです。

d0166451_044474.jpg

これなんか溶ける寸前


やっぱりもう少し冬が深くならないと軽くてフワフワの雪は降ってこないかな。
次回に期待することにします。

d0166451_045051.jpg


それにしても朝の一時間で一日分の眼力を使ってしまい、今日の仕事時間はとても辛いものになりました。
ああ、ピント機能が弱るって悲しいわね(涙)
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-12-11 00:45 | マクロ
雨の季節

d0166451_175497.jpg

この地方、梅雨入りしました。
今も割と大きな雨が降っています。明日も半日は降るみたい。

雨音
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-06-09 01:09 | 季節
ヘブンリーロザリンド
d0166451_0194480.jpg

ヘブンリーロザリンド 1995年 イギリス


d0166451_020465.jpg


幾重にも重なる花びらもいいけど、こんな一重のバラが初夏の風に似合う気がします。

この淡いピンク、いかにも「おんなのこ」な雰囲気です。
ゴージャスではないけどとても品のあるバラだと思いました。

金環
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-05-21 00:20 | 植物
嵐の置き土産


いや〜、スゴかった。
家が揺れ、前の道路が川になりました。
夏に大きな被害が出たあの豪雨を思い出してちょっと恐かった。

大型台風並み、まさにそんな荒れ様だった今日の嵐。
夕方、突然部屋がオレンジ色になりました。
驚いて外を見ると、雲が切れ西日が深く射し込んでいました。
あまりにも急速な回復。
それでも真上の雲はまだそれに追い付いてなくて雨粒を落とし続けていて。
そのせめぎ合いは東の空に大きな虹の橋を架けました。
嵐が激しかっただけに、なんだか狐につままれたような感覚を味わいました。


[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-04-04 00:36 |
春呼ぶ雨



昨日の雨は久々にザーザー音をたてて降る大きな雨でした。
今日は晴れたけど、明日もまたザーザー降るとのこと。
六寒三温だったのが一気に二寒五温くらいになったような感覚。
この先急速に春めいて来るそうじゃないですか。
春は遅いと言っていたのに‥‥三ヶ月予報、やっぱり当たらなかったじゃん。
明日の天気予報も危ういのになんで三ヶ月先を読むのかなあ。


我が家の南天はヒヨドリのフンから発芽した幼木ですが、とにかく真っ赤です。
ここまで赤いのもそうないんじゃね?ってくらいの赤。そういう種類なんだろうか。
南天の赤い葉っぱは光合成によってできたデンプンが寒さによって変化した結果なんだそうですよ。
だからお日様にあたった方がより赤くなるってことです。
実際我が家の南天の場所もベランダの特等席。
ひよどりのウン○がそこに落ちたんだからしょうがない。




それにしても真っ赤が映り込む水滴はうっとりするほど美しいです。
こんなかんざしがあったら素敵なのに。
‥‥いや、差すとこないんですけど。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-02-25 00:24 | 季節
宝石箱
土曜日だけど寝坊ができない朝。
カーテンを開けるとうっすら雪景色でした。
でも空はキーンと冷えた晴天。夕べのうちに降ったのね。

程なく朝日が射してきて表面がキラキラ輝き始めました。




降ってから時間が経っているせいか、肉眼で形を留めている結晶が見つからない。
それでも辛うじて大きな面を保っている欠片を発見、
息を止めてシャッターを切ると、その結晶は虹色に輝いていました。



ずっと蓋をしてしまっておきたい衝動に駆られました。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-02-19 00:28 | 季節
フィナーレ


雲間から朝日が射し込み、結晶たちがキラキラと輝き始めます。

最高に美しい時。

でもそれは同時に最後の輝きでもあります。

自分を一番美しく見せてくれるものが自分を消し去るものとは‥‥皮肉なものです。
こうやって小さくて繊細な芸術は誰の目に触れることもなく消えて行くのですね。



たまたま我が家のベランダに舞い降りカメラを向けられたこのひとひらの確率は、どこに落ちて来るかわからない隕石にぶつかるより低いんじゃないでしょうか。
海岸を歩いていて目に入った砂のひと粒と同じくらいなんじゃないかと思います。

そう思うと本当に貴重な造形を見た気になります。

最後の輝きを見せてくれてありがとう。
そう言いたい気分です。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-02-14 00:03 | 季節
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin