Top
<   2015年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Top▲|
宇宙人奇襲


d0166451_23495595.jpg

あ、あれ?

ミツバチくん、なんか不自然ですよね。




反対側に回ってみたら‥‥

d0166451_23501221.jpg

ぎゃっ!!!

地味な顔の宇宙人に襲われてたー(涙)




d0166451_23501552.jpg

こっちでも襲われてるー!(涙)





宇宙人の正体はアズチグモ(た、たぶん)

もちろん顔に見えるのは顔ではなくお腹です。



可憐なお花の上で展開される食物連鎖のドラマ。

自分で撮った写真を見て、このアンバランスさに何とも言えない気持ちになりました。

ハチくんたちは自分が襲われたことさえ分からないままなのかも知れません。

足に付けたままの花粉団子、伸びたままのお口がそれを物語っている気がします。


これが、この世界が、虫たちの日常なんですね。


かわいい方の味方をしたくなってしまいますけど‥‥

蜘蛛だって必死に生きているんですよね。






[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-08-31 23:56 | 生きものばんざい | Comments(12)
土下座


いつもウ*コのフリしたり

死んだフリしたりして

d0166451_00225783.jpg

もうしわけございませんっっっ



‥‥って君
絶賛鳥のフンになりすまし中やろヽ(´o`;



オジロアシナガゾウムシ



[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-08-29 00:35 | 生きものばんざい | Comments(6)
Tiger Beetle


d0166451_22174177.jpg

ボクな、ハンミョウいうねん。

漢字で書くと「斑猫」、なのに「タイガービートル」。

まあ虎も猫かって話やな‥‥


ちょっと遠いやろ?

ヒトが近づいてくると‥‥なんかな~ムズムズすんねん。

そやし先回りして一定の距離置いとこかーって。

ほんでもな、また近づいて来て欲しいからちょっとだけ待ってんねん。

いやいや、ツンデレちゃうよ~?


d0166451_22174409.jpg

でもなんかこのカメラのおばさん、コワイわ。

息止めて低い体勢でじりじり近づいて来よる。

あかん、足すくむわ。


d0166451_22174627.jpg

カメラおばさんの声:いやー!ここまで近づけたん初めて!萌えるっ!

(これ、本当にノートリミングなんだから)


それにしても美しい!こんなにカラフルに輝く虫、そうたくさんはいないですよね。

そしてこの大顎!綺麗なのに凶暴なイメージがガンガン伝わってくるわ。



d0166451_22174832.jpg

挟んだろか!ってか?

ちゃうやん!そんなん今更自慢する気ないわ。

よう見てや。

ボクな、頭の上にペット飼ってんねん。ぐふっv



―――――――――――――――


画像をアップにして初めて気が付きました。

こんな小さな虫にもっと小さな虫が止まってるなんて面白い!

大きさ的にも人間が文鳥乗せてるような感覚かしらね(笑)







8/28 追記しました
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-08-27 22:27 | 生きものばんざい | Comments(14)
ようこそ光の世界へ

d0166451_00154979.jpg
アオムシコバチに集られていたので半ば諦めていたベランダのアゲハの蛹。

ふと見るとシースルーになってる!

うわわわわ(喜!)寄生されてなかったんだね!



今にも出てきそうな雰囲気に離れられなくなり、しばらく見ておりましたがなかなか出ず‥‥

仕事もしなきゃいけなかったので一旦撤収。

30分後戻ってきたら‥‥


d0166451_00155331.jpg

出ておられました。ああ‥‥(涙)

左下にうっすら抜け殻が写っています。



でもよかった~。翅がちゃんと伸びてる。

この子は飛べる。

私が見てなくて反って良かったのかもしれません。





d0166451_00155571.jpg

私のこと覚えてる?何度も「お~い」って頭を撫でたんだけど(笑)

君は何故か威嚇のツノを出したりしなかったよね。穏やかな子だなあって思ったよ。

それよりなんでアオムシコバチにやられなかったか教えて欲しいわ。

蛹になったばかりの身動きできない君に留まっていたんだけど、どうすることもできなかったのだわ。

ごめんね。


それでも生まれてこられた。

君は選ばれた子なんやね。





d0166451_00155863.jpg

それにしてもキレイだねえ。繊細だねえ。

光る青のぼかし、その鱗粉の配列、生まれながらにして纏う素晴らしいデザイン。

ナミアゲハの「ナミ」、失礼だよねえ?





d0166451_00160083.jpg

眩しいでしょう?これから君が飛び出す世界には何が待ってるんだろうね。

君は男の子‥‥かしらね。

ここに戻ってくることはないね。多分。

素敵な彼女に出会ったら、卵産むのにいいところがあるよって教えてあげてよね。(新手のナンパか?)

まあリスクは高いけど、今ならヘンルーダも金柑も食べ放題だから。



おかあさんは君の健闘を祈ってます。






[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-08-26 00:20 | 生きものばんざい | Comments(10)
晩夏の花火

d0166451_00024139.jpg
線香花火?






ふふふ‥‥正体は

d0166451_00024427.jpg
生薬「当帰(とうき)」の花。

女性の強い味方、ですよね。





d0166451_00024672.jpg
花が開くとこんな感じ。

雪の結晶みたいにも見えますね。

セリ科の植物の花はこんな感じが多くてとても可愛らしいです。




---------------------------------------------




週末、年寄りを連れて高原へ避暑に行ってきました。
気温はなんと17度!
気持ちいいを通り越して
さ、さぶいっ・・・
ずーっと雨が降っていて写真もほとんど撮りませんでした。

そして

地元に帰ってきたら35度!
この気温差に返って疲れてしまいました。

もう身も心も現実に付いて行かずグダグダ。
明日からまた仕事なんて受け入れ難いわ!


早く涼しくならんかしら・・・






[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-08-24 00:27 | 季節 | Comments(6)
きもだめし
また暑さがぶり返してきました。
一旦楽な思いをしてしまった体には堪えます。

そんなわけで「彼」が涼しさをお届けすると言っております。




d0166451_21522509.jpg
んぎゃーー!!!




d0166451_21523159.jpg
え。
あかん? 怖ないの?
えええ〜〜?
かなりきばったんやけどなあ・・・



久々にちびかまちゃんに会い、嬉しくなってものすごーく接近したら
顔と手にしかピントが合ってない気持ち悪いのが撮れてしまいました。

コントラストを触ってオバケになっていただきました。



それにしても随分大きくなっていました。
d0166451_21522824.jpg
凛々しい〜!
いっちょまえ!

ここにいるってことは熾烈な生存競争に勝ち残ってきた強運の持ち主ってこと。
もうちびかまちゃんなんて呼べないねえ。

まだまだ試練は続くんだろうけど
日を追うごとに極悪顔にもなっていくんだよねえ。


また次に会うのを楽しみにしてるよ〜。












[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-08-18 22:26 | 生きものばんざい | Comments(16)
Japanese Beetle

d0166451_00013918.jpg

なんや、そんな珍しいような顔せんかてええやん。

ワシかてたまにはひとりになることあんねんで?

そんな四六時中女の子のお尻追っかけてるのとちゃうわ!(怒)


‥‥そやけど実際画像検索すると出て来んの、そんなん多いな‥‥。

ちょっと反省会やな。



マメコガネ






雨粒が落ちてきました。(12時現在)

休み明けは少しだけ涼しいスタートかなあ。

みなさん、頑張りましょ!




[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-08-17 00:04 | 生きものばんざい | Comments(6)
Blue Bee


d0166451_23170505.jpg

!!!

ドキッとしました。

あ、あれ??青い子がいる!


夏休み初日、ひとりで行った山の上の薬草園。

群生するオミナエシの上にその子はいました。


いつものように撮り方を考えたり妄想する余裕など全くありません。

お願い逃げないで!と念を送りながら(爆)必死に近づいて撮りました。



d0166451_23170768.jpg

ルリモンハナバチ


「幸せを呼ぶ青い蜂」と呼ばれているんですって。

こうやって見ると青く見える部分は毛なのね~。


青ければ全部幸せなのか!?というツッコミは置いておいて(笑)

あながちデタラメではないのかなと思います。

なぜならその生態ゆえ生息数が少ないから。

少なければ出会う確率も下がり、ましてやこの色ですもの、「超ラッキー!!!」って思いますよね。


この子はこの美しい風貌にして寄生蜂なんだそうです。

でもよく聞く「他の幼虫に卵を産み付ける」というエグい方の寄生ではなく

「よその蜂の巣の花粉団子に産み付ける」というちゃっかり寄生らしいです。(労働寄生と言うらしい)

そんな生き方が数が少ない理由らしいのです。



何にしても、例え俗っぽくても「幸せを呼ぶ」と言われれば

ここを覗いてくださる皆さんにもお裾分けしたい。

そんな気分で妄想なしの真っ当な(爆)記事をアップします。


何か良いことありますように!



d0166451_23170944.jpg

あ~行っちゃった~。




[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-08-14 23:22 | 生きものばんざい | Comments(8)
とんぼっちゃま


こう呼びたくなる極小トンボ、この夏もやっぱりアップしておかなくては!


d0166451_23421611.jpg

彼の名はハッチョウトンボ

日本で一番小さなトンボです。



どのくらい小さいかというと、去年も同じような画像を作ったんだけど

d0166451_23422353.jpg

こんな感じ。

マジで!? マジで(笑)


私が会いに行くところはシーズンには必ずいるのでわかりますけど

知らない方は見つけられないかも。

でもよく見ると“赤くて細い棒”が見えてくる!(笑)


汚染されていない湿地に生きています。

日本でも生息するところはかなり局地的のようです。



トンボは暑くなると逆立ちをしますが、このぼっちゃまはとりわけ逆立ってます。


d0166451_23422861.jpg

ふんっ



d0166451_23423189.jpg

ふんっっっ



猛暑の中必死に踏ん張っているように見えて応援したくなるのよね。

かわいくてたまらんッ!!!




d0166451_23423394.jpg

同じ湿地で白鷺が優雅に飛び始めました。

体感で実感はまるでないけど少しずつ少しずつ秋に向かっているのですね。


サギソウ





*********************


もうご覧になられた方も多いと思いますが‥‥

exciteのピックアップブロガーに大好きなブロガーさんが紹介されています。

「Sauntering」のkkaiさんです。

アウトドアと仲間とモノに対する愛が半端なく、読んでいてとにかく引き込まれます。

自分がまるで触れたことのない世界なのに湧いてくるワクワク感がたまりません。

私はいつも脳内で山へ川へ湖へ連れて行ってもらっています(笑)


そして信じられない話ですが、その中で私のブログを紹介してくださいました。

恐縮しすぎて先週末より半分くらいの大きさに縮んでおります(爆)

下手くそでもなんでもブログを楽しんで続けてると

こんな繋がりもできるんだなあとしみじみ感謝しています。


皆様も是非kkaiさんちで全力で楽しむ臨場感を味わってみてください。





[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-08-10 23:57 | 生きものばんざい | Comments(14)
夏雲三題

d0166451_20561094.jpg

『おさんぽガメラ』





d0166451_20561221.jpg

『怒るでしかし』




d0166451_20564689.jpg

『俺様はここにいる』





日本列島、グダグダですね。

暑すぎて、日差しが強すぎて、外に出られません。

仕事を理由に家にこもりっぱなしです。

不健康極まりない。足が退化しそう‥‥


そんな私の今の楽しみは 雲!!

大気が不安定なので迫力の積乱雲があちこちに立ち上ります。

どんどん形を変えていく様は見ていて飽きません。


猛暑は猛暑なりに無理やりにでも楽しみを見つけないとね。

やっとれんですわ。






[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-08-07 21:42 | 季節 | Comments(16)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin