Top
<   2015年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
Top▲|
かあさんのゆりかご

d0166451_00010968.jpg
ニセアカシアの葉っぱがキュッと巻かれていました。




d0166451_00011293.jpg
作者は小さなこの方。
オトシブミのお母さんです。
巻物の中には卵が一つだけ入っていて、
孵った幼虫はこの中で巻かれた葉っぱを食べながら育ちます。

オトシブミという名前は
江戸時代に他人に見つからないように手紙を道端に落として渡したという
「落とし文」からきているそうです。
風流なのか秘密めいているのか。

画像は落とさない落とし文なんですけどね。

d0166451_00011563.jpg
昔、好奇心からこの巻物を開けたことがあるけど(母さんごめんよ)
簡単には解けませんでした。

危険に晒さないよう確実に子供を育てる、という知恵と愛情とチカラ
虫のかあさんも捨てたものではありませんね。

すごい!えらい!










[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-06-29 00:30 | 生きものばんざい
モード系

d0166451_22362833.jpg





d0166451_22363479.jpg



いくらなんでも「またかよ」と言われそうなので
ちょっとごまかしてみたわ(爆)

VOGUE KAMAKIRIとかどうかしらん。
服、脱ぐばっかだけど。






[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-06-26 22:48 | 生きものばんざい
ベビーラッシュ

d0166451_22543354.jpg

ちびカマちゃんばかりでごめんなさいなのですが
どうしても見過ごすことができなくて。
「この中で大人になった姿で再会できる子はいるのかな」なーんてつい思ってしまったり。



d0166451_22544156.jpg
生まれて間もないちびカマちゃんがアジサイの上にたくさんいました。



d0166451_22545104.jpg
手足にシマシマ模様
コカマキリの赤ちゃんたちですね。


d0166451_22553370.jpg



d0166451_22560975.jpg

生まれたその時から守ってくれるものは一切ないんですよね。

前途多難なこの子たちにエールを送りつつ
可愛らしい今をアップします。






[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-06-24 23:09 | 生きものばんざい
ランデヴー

d0166451_00011219.jpg

雨上がり

ロイヤルブルーの花畑で





アオハナムグリ





[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-06-22 00:02 | 生きものばんざい
梅雨の華

虫ちゃんメインばっかりで、せっかく撮りに行ってもアップされないアジサイ。

季節ですものね。今日は日の目を見ていただきましょう!


d0166451_23284089.jpg

この時期のグラデーション、たまらんわ~。







ズルズル続くよどこまでも
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-06-19 23:36 | 季節
脱いだらスゴイ


ぎゃ! ちびカマちゃんが蜘蛛に食べられてるっ∑(゚д゚;)


d0166451_21591593.jpg

‥‥と思ったら


d0166451_21591906.jpg

こっそり脱いでおられました。



んまー。子供のくせにすばらしい脱ぎっぷりですわね。

触覚までそのまま残ってる!

そして倍くらいデカくなってる!

どうやってさっきまであの中に収まっていたのかしら??


バイオミメティクスでその逆の応用をお願いしたいわ。

伸縮性がすごくて暑くも苦しくもない、チョー痩せて見える繊維の開発。

だれか商品化して!


あ、脱線。



脱ぐとスゴイのは大きさだけではなく

d0166451_21592373.jpg

半透明のツヤ肌。キミはグミか。

うふふ。 ちょっとだけよん。



なんにしても第一?第二?関門突破、ですね。

これを7、8回近く繰り返して、その度に無防備になって‥‥

大変だわ、これは。


がんばりなよ、ちびカマちゃん!




[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-06-16 22:06 | 生きものばんざい
なりすまし

ワシ、虫ちゃうよ?
d0166451_00135403.jpg
鳥のウ○コやねん。
食うてもまずいだけやねんてば。



d0166451_00135724.jpg
つぶらな目で訴えてるわ(笑)


d0166451_00250160.jpg
日に日に色づくあじさいの葉っぱの上で。



オジロアシナガゾウムシ





[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-06-14 00:26 | 生きものばんざい
蟷螂生


6月6日から10日にかけては七十二候の蟷螂生(かまきりしょうず)です。

あのスポンジ状の卵からチビカマくんがわらわらと生まれる頃、という意味です。


d0166451_00144393.jpg

本当にいました。

この画像を撮ったのは6月6日。まさに蟷螂生はじまりの日。

その前の週は探しても見つからなかったのに。


凶暴極まりないイメージのカマキリですが、最初はこんなに頼りないおチビちゃんなのですよね。

一つの卵から生まれた200匹の中で大人になれるのはたった1、2匹だと言います。

たくさん生まれるのはそれだけ大人になるのが難しいということ。


d0166451_00151900.jpg

この子だって大人になれるかわからない。

そう思うと、頑張って生き延びなよ!と願わずにはいられないんですよね。



ただ残酷に他の虫を食べるだけじゃない。

彼らもまた必死で生き抜くのです。




[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-06-11 00:19 | 季節
ついに入ったか
d0166451_23131140.jpg

我が東海地方、今日関東甲信越地方とともに梅雨入りしました。

雨は嫌いでもないけど、これから蒸すのかと思うと思い切りげんなりします。

梅雨は梅雨の楽しみ方があるのよ!と胸を張って言えるようになりたいもんですわ。




d0166451_23131249.jpg

水爆弾のショーゲキもなかなかのもんやで? 結構クラクラすんねんで?




家のベランダの金柑の木は今ラッシュです。すごい勢いで丸坊主になりよる~。

分かる方には一発でわかりますよね。

分からない方は分からないままの方が幸せかもしれません。




警告しなくてごめんなさいね。

虫好きな私は虫が苦手な方に対する配慮が足りないかもしれません。

ジャポニカ学習帳がニュースになってしまう時代だもんね‥‥。

なんかちょっと違和感というか、淋しい限りなんですけどね。

嫌いではない者からすると虫ちゃんをアップするのに

なんで警告したり謝まったりしなきゃいけないのかと思ったりもします。正直なところ。


いや、わかっています。抵抗しようのない生理的なものもあるってことも。


でもすみません、ここは私の城なんで。自分の好きなことをする場所なんで。


心底苦手な方には夏の間は私のブログは危険かもしれません。

なるべく可愛く撮る努力はしてるんですけど(そういう問題じゃないですよね)くれぐれもお気をつけください。

・・・としか言えません。ごめんなさい。






[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-06-08 23:22 | 季節
初夏の旅の記録・植物&生き物編
前回の続きで今日は乗鞍高原の自然をお届けします。

d0166451_22131936.jpg

大きな池も小さな池もミツガシワが満開でした。

とても清々しくて、静かで。

ああ、高原の夏が始まるんだなあ、という感じ。


d0166451_22245164.jpg

だらだら写真が続くので今日も畳みます。




More
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-06-05 23:34 | 風景
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin