Top
<   2014年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
Top▲|
催花雨

d0166451_23191829.jpg


嵐のような大雨でしたが、咲き始めの花にはなんてこともなく
「さあ思いっきり咲きなさいよ!」
‥‥という激励の雨だったのでしょうね。


d0166451_23195123.jpg


私の住む街は開いているところで三分、ほとんどがちらほらです。
今度の土日が見頃かな。



d0166451_23195888.jpg


早くもツバメがやってきていました。
そんな季節なんですね。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2014-03-30 23:31 | 季節
わたしはだあれ

d0166451_0301155.jpg



あ!鳥ちゃん!と撮ったはいいけど、その前に撮った被写体のモードのままだった‥‥ああ(涙)

ワタシはシルエットを見ただけで見分けがつくのはニワトリとハトとアヒルくらいなもんですが
鳥ちゃんスキーな方はこんなん屁のカッパなのでしょうね。(‥‥と挑発してみる)


こんな風に木に留まるのはキツツキの仲間だ!と思っていたけど、そうとも限らないんですね。
観察していると色々見えて来てオモシロいですだ。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2014-03-27 00:42 | 生きものばんざい
エール

d0166451_2240058.jpg


昨日一人息子が独り立ちしました。


More
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2014-03-23 22:45 | 日常雑記
春のうた
d0166451_2318956.jpg


つーぴーつーぴーつーぴー つーぴーつーぴーつーぴー
高らかに歌うシジュウカラ

響き渡る美声に、オバチャン目を細めてずーっと聴き入ってたよ





‥‥って、実は

「ワシの縄張りやでぇ〜 気ぃつけや〜〜」

なんですってね(笑)

[PR]
Top▲| by guri-iki | 2014-03-18 23:44 | 季節
梅鼠の刻

d0166451_23461613.jpg


優しく染まる春の夕暮れ。







‥‥と、しっとりした雰囲気で言っておりますが。
本人、アレルギーで集中力まるでナシでございます。(飲んでるよ、薬)
いい季節なのにそれを満喫できないこの体質。
キーーーーッて叫びたいザマスッ!!
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2014-03-16 23:47
I Love 後頭部

小鳥ちゃんを撮るのはむずかしい。
トロい私は忙しない動きについて行けず、大抵シャッターチャンスを逃します。

で、「一体何を撮ったの?」な、しょーもない写真を量産‥‥(涙)


d0166451_026369.jpg

メジロちゃん。ズルンとした美しさ。


でも私は発見してしまいました。
一生懸命な鳥ちゃんの後ろ姿にすごく癒されることを。

マヌケなんだけど猛烈にかわいらしいのです。
特に後頭部がたまりません。


d0166451_0262317.jpg

ヤマガラちゃん。ああ、必死なのね。



d0166451_0264317.jpg

大好きなエナガちゃん。でも何気にオヤジの領域。



d0166451_027317.jpg

コゲラちゃん。オシャレな背中とのギャップがたまらん!



これからは積極的に“使えない写真”を残そう!と思ったのでした。


ワタシ、マニアックでしょうか。
それとも疲れているのでしょうか。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2014-03-15 00:29 | 生きものばんざい
きらがふる

d0166451_0204217.jpg



ほんの短い時間だけど雪が舞いました。

真冬の寒さ。
でもきっと雪の果て。

名残雪と言うには激し過ぎる降り方だったけど
夕陽に反射してとても美しかったです。



画像はPhotoshopでコントラストを強めにしました。
私の心象風景です。

[PR]
Top▲| by guri-iki | 2014-03-08 00:44 | 季節
春夕狂想曲

先週のこと。
夕暮れ時になって急に外が騒がしくなりました。
窓に背を向けて仕事をしている私には「誰かが道路で作業してる」ように聞こえていました。


鳴り止まないので窓のそばに行ってみると‥‥


d0166451_041572.jpg

ぎゃ!!!




d0166451_052214.jpg

都会の噂に聞くムクドリの大群!!




窓を開けてみたら、それはもうお喋りに夢中で。
しかも相当なダミ声(涙)
しかもしかも、ちょうど外から帰った息子が「うちの前、ウ○コだらけやぞっ」と‥‥(号泣)


市内の別の場所で見たことはあったけど、大群はここには一度も来たことがなかったのです。
何かあったのかしら。
追われて辿り着いた別天地がここだったのかしら。

生きもの、大好きなんですけどね。
毎日来て頂くことは構いませんけどね。
‥‥大量の置き土産だけは勘弁して欲しい。
ここは塒へ帰る前の中継地に過ぎないのだけど、都会の街路樹の下の方のご苦労がわかりましたわ。


d0166451_23525431.jpg


でもカラスの大群よりは絵になる‥‥かなあ?
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2014-03-05 00:25 | 生きものばんざい
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin