Top
<   2013年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
Top▲|
甘い香りのレクイエム

先日のこと。

ベランダの二度咲きした金木犀が満開でとても美しかったので
植木鉢の傍にしゃがんでカメラを構えました。

‥‥何かと目が合った気がしました。
レンズ越しに、ではなく、ファインダーを覗く直前に。


ぎゃ!!!!!


思わず仰け反って尻餅をついてしまいました。

d0166451_22513657.jpg


あっ、あっ、あしながばちっ! あぶねーーーっ。



でも次の瞬間、全く動かないこの蜂に違和感を覚え、恐る恐る突いてみると

‥‥コロン     死んでいました。

驚きました。生きているままの姿。どうしてこの格好のままだったんだろう。


d0166451_2351711.jpg


甘い香りに包まれた金木犀の根元。
人間の勝手な解釈からすれば
最高の景色の中で、この子はどんな夢を見ながら旅立ったのかしらね。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-10-31 23:13 | 季節
水の上の彩

d0166451_23312593.jpg




d0166451_23313781.jpg



ひとつ前の日記と同じ池なんですけど

撮っているうちにサーーーーッと風が吹いて

次から次へと彩葉が水面に浮かぶその様は一瞬のアートだなあと感じ

雲間から差し込んだ光が水面に反射してきらめくと、それもまた極上で思わず見惚れてしまい

我に返ってその一瞬を切り取ろうにも風が吹いて彩葉はどんどん流れ、太陽は雲の中に隠れ‥‥




シャッターチャンスなんていうのは本当は目に焼き付ける物なんじゃないかって

上手く表現できないもどかしさも加わって負け惜しみを言ってみたりするのです。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-10-29 23:57 | 季節
水の中の彩

d0166451_2356263.jpg



長野県は阿寺渓谷の紅葉。
台風崩れの雨が色んだばかりの葉っぱを池に閉じ込めていました。


地元はまだ全くと言っていい程染まっておりません。
というか今年はキレイじゃないかも‥‥。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-10-28 00:06 | 季節
Welcome!

これだけは絶対記録しておかなければ!

今日はそんな思いで更新します。
だって今までの「生きものばんざい」の中で私的にトップニュースだったんだもの。



d0166451_093575.jpg




渡りをする蝶々、アサギマダラです。

これ‥‥何処で撮ったと思います?


d0166451_0135033.jpg




なんと我が家なの! 
嘘じゃないの。これ、うちの庭なんですよっっ!(テンションMAX!鼻血ぶぶー)




始まりは一週間程前。
義母が「ぐりこさん、あなたが言っていた青いアゲハが来たよ」の言葉から。
青いアゲハ?アオスジアゲハの話なんかしたか?と記憶を辿っていると
「ほれ、藤袴に来るって言っとったでしょう」と。

え?まさか、と思いましたとも。
だって義母の言う大きな蝶はみ〜んな「アゲハ」なんですもん。

「また飛んで来たら呼ぶわ」の言葉を半信半疑で気にしつつ、仕事に追われる日を過ごしておりました。


そして昨日の朝。(あ、一昨日になっちゃったか。24日のことです)
「ぐりこさ〜ん、蝶々、来たみたいよ〜」の声にベランダから下を覗くと‥‥

本当に来てた!藤袴の花にアサギマダラが1頭!!

慌ててカメラを掴んで庭に下りました。

逃げることもなく、ひらひらと目の前を優雅に舞い、藤袴に留まっては吸蜜するその子を
私は夢中で撮りました。

どこから飛んで来たの?ここは南下のルートなの?
よく見つけられたね。家と家に挟まれた狭い庭の花を。


3年前、初めてアサギマダラを見てその習性に惹かれ、いつかは家にも飛んで来て欲しいと藤袴を増やしました。
まさかこんなに早く願いが叶うとは。

‥‥私、持ってんでしょうか。



d0166451_048036.jpg


よく見ると翅がボロボロの男の子でした。
こんなになるまで飛んで、またここから飛び続けるんだと思ったら胸がキュッとなりました。

もう二度と会えないけど、どうか力強く目的地まで飛んで欲しいよ。
そして来年も立ち寄って欲しいと願っています。

義母も「藤袴、増え過ぎて困るから処分しようと思っていたけど、これからは増やすことにするわ!」と、すっかり感動した様子。

‥‥ふふふ。私の影響力もなかなかのもんだわ。
しめしめ、なのだわ。(爆)
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-10-26 01:01 | 生きものばんざい
姫さまのベッド

d0166451_22574196.jpg

ボフンッとダイブしたいわあ


Spirit of Freedom イギリス 2002年





d0166451_23155766.jpg

ワタクシも夢みちゃうv

[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-10-21 23:17 | 植物
もふもふクラブ
d0166451_2332082.jpg

もっふもふの毛玉まつり





d0166451_23322317.jpg

ああ‥‥そこに入りたい。まぜて下さい。





d0166451_23341098.jpg

この子はこのクラブのナンバーワンでして。
こっち見てくれないかな〜v





d0166451_23383447.jpg


ウフv なあに?








‥‥‥‥‥きゃ、きゃわゆいvvv

[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-10-19 23:41 | 生きものばんざい
空に溶ける
d0166451_2202055.jpg

自由な空がうらやましい




d0166451_221935.jpg

私も行ってみたい




d0166451_2221740.jpg

だったら飛んでみれば?




d0166451_2232851.jpg

私でも飛べるでしょうか





いち にの‥‥





d0166451_2265330.jpg

[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-10-18 22:10 | 植物
Over The Rainbow
d0166451_028536.jpg



早朝に通過して行った台風の置き土産は

今までの人生で見た中で最も美しい虹でした。



d0166451_0333023.jpg


絵に描いたような「青空に虹」でした。


ベタなタイトルですが、この歌が一日頭の中を巡っていたので。





反面、大きな爪痕を残した台風でしたね。
被害の大きかった地域の皆様、心よりお見舞い申し上げます。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-10-17 00:38 |
木曽馬さん

今日は開田高原の象徴とも言える木曽馬の表情で和んで頂きましょう。

d0166451_0174777.jpg



木曽馬は日本在来馬です。
日本在来馬は8種いるそうですが、馴染み深いのは北海道の道産子ですね。
この木曽馬も道産子っぽい体型なんじゃないのかなあ?(足の太さは負けるけど)
昔は農耕馬や交通の足として人々の生活に密着していたそうですが時代の流れとともに激減、
今は保存会の手によって保護育成されているそうです。

とても温和で人懐こくてズドーンとした愛すべき体型をしています。
お腹がとても大きく、ここにいるのは全部妊娠中のお母さん馬なのか?と思ったらそうではなく、
これが特徴なのでした。‥‥一体どんな内蔵が入ってるんだ?

写真がズララと続きます
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-10-16 00:23 | 生きものばんざい
開田高原より

連休の初日、長野県の開田高原へ行って来ました。
それはもう無計画に発作的に。
旦那も私も疲れ果てていたので、とにかく気持ちの良い空気の山へ行こう、と。

ここは10年くらい前まで家族でキャンプへ出かける時に何度も通った場所。
少し懐かしくもありました。


d0166451_021110.jpg

目の前にどっしりと御岳山(3067m) 九蔵峠より


どこからでも見えます。
この山とともに暮らしがあるような印象を受けます。

More
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-10-14 00:05 | 風景
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin