Top
<   2013年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
Top▲|
羨望
d0166451_23484821.jpg

ええなあ‥‥ キミの翅、キラッキラやん。




d0166451_23512733.jpg

まあね〜。





ミヤマアカネ


今日の残酷(クリック注意)
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-09-30 00:13 | 生きものばんざい | Comments(4)
隠れん坊

葉っぱを透過する陽射しに染まって潜んでいる子がいました。


d0166451_23504367.jpg

ウラギンシジミ



葉っぱになってるつもりなのかしらね。
っていうか、偶然にしろ私もよく見つけたな〜。





それにしても疲れたよ。私もどっか隠れたい。

[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-09-27 00:01 | 生きものばんざい | Comments(6)
ゆうぜん

ベランダで秋のバラが咲き始めました。


d0166451_23351062.jpg

ゆうぜん



d0166451_2335322.jpg

花びらが幾重にも折り重なる優雅な和ばらです。

このバラは今年の春、バラ園で新苗を衝動買いしたもの。
でも、何故衝動買いしてしまったのか未だに分かりません。
その時花は咲いていませんでした。
花はぶら下がっていたタグの写真で確認したのみ。

こう言っちゃなんですが、私はこんなハッキリした色は得意じゃないし
そもそもぎっちり詰まった感のあるロゼット咲きが好きじゃない。
更に猛烈に棘が多くて、ちょっと手を出すだけで流血。

‥‥何故だ。



d0166451_23355296.jpg


でも、この夏の猛暑に耐えて美しい花を咲かせてくれたと思うとやっぱ愛おしいです。
それにこのバラ、とってもいい香りがする!
マダムっぽくない(爆)、フルーティーな香り。
折角なので、ベランダに出る度にすんすん嗅いで楽しむことにしよう。(まるで品なし)




d0166451_23361157.jpg

隣の鉢のジュリアも咲き始めました。
剪定に失敗したらしく、花がちっちゃい‥‥(涙)
だって咲いてるのに切るとか、新芽が出てるのに切るとか可哀相でたまらんもの。

[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-09-25 23:37 | 植物 | Comments(2)
目玉を背負う子
d0166451_23583288.jpg


陽の当たらない森の中の石の上。
大型の地味な蝶がじーっとしていました。

大きな眼状紋‥‥ジャノメチョウです。


翅が大きく抉られています。
おそらく鳥に啄まれたのでしょうね。


致命傷となる頭を守るために、敵を欺くために付けられたこの模様

実際にこんな姿を見ると
「まんまと引っかかったね!作戦成功だね!」
と言ってあげなきゃいけないのかもしれないけど…

私が一生のうちに経験することはないであろう恐怖と必死を味わったこの子に
「怖かったよね。よく頑張ったね。」
と言ってあげたくなります。


威嚇して撃退、という手段もあったでしょうに
ダメージを受けても生き延びるという道をこの蝶は選んだのですね。

この蝶にとって破れた翅は勲章なのかもしれませんね。





余談
昆虫好きの今だからこそジャノメチョウは“地味だけど和のテイストでなかなかシブい”なんて思えますが、
子供の頃の私には単に「気味の悪い蝶」でした。
閉め切って空気の淀んだ仏間の磨りガラスにヒラヒラぶつかっている光景が忘れられません。
あれは台風の日だったような気がします。

そんなことを延々覚えているものですね。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-09-24 23:58 | 生きものばんざい | Comments(0)
小アゲハ 羽化の記録

d0166451_23364335.jpg


一つ前の日記の折りたたみ部で触れていた、アゲハの蛹のその後です。
昨日アップするつもりで睡魔に負けてしまったのよねえ。。。


写真が続きます
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-09-22 00:30 | 生きものばんざい | Comments(6)
良夜

見事な仲秋でした。
我が家からのお月見はこんな感じでした。


d0166451_057264.jpg

はじまりは午後6時ころ、ぼよ〜〜ん、と。




d0166451_0572341.jpg

空の色が残る中、少しずつのぼって行きます。




d0166451_0585969.jpg

居間からの眺めです。




d0166451_112826.jpg

低いうちは黄色かった月も‥‥




d0166451_121923.jpg

高くなるに連れ、冴え冴えとしてきます。



満月の仲秋は8年後なんですってね。
ちょっと驚きました。
でも僅かに欠けていても私にはわからないだろうなあ〜。


アゲハちゃん
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-09-20 01:13 | 季節 | Comments(4)
酔いました
d0166451_018497.jpg

おーっとっとっと‥‥




あらら。 あの子なんだかフラフラしてるんじゃね?
顔も赤いしさ。





d0166451_0191533.jpg

うぃ〜〜。気持ちわる〜〜。




あっ!あかんやん。飲み過ぎやで!
目ェ据わってるやん!





赤とんぼ以上に真っ赤なのに
赤とんぼのカテゴリから微妙に外されているこのトンボくん。
ヤケにならないでね(笑)


ショウジョウトンボ

[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-09-19 00:21 | 生きものばんざい | Comments(4)
時の花
そういえばまだ見てないな、と思っていました。

さすがのこの花も猛暑の夏に翻弄されたのだろう、と。

でも‥‥

ピンポイントで時期を指す名前を持つこの花は、やはりブレてなどいませんでした。

不思議でなりません。


d0166451_0213636.jpg


彼岸花

またの名を 死人花、地獄花、幽霊花、剃刀花、狐花、捨子花‥‥(Wikiより引用)
色々謂れがあるんだろうけど‥‥あまりに妖し過ぎる呼び名のオンパレードです。


d0166451_022530.jpg



台風で水位の上がった川の縁でひっそりと咲き始めていました。



d0166451_0223073.jpg



蜘蛛が二つを繋ごうとしていますよv

[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-09-18 00:24 | 季節 | Comments(6)
つーーーん
d0166451_23372090.jpg


あ、あかん!足つってもーたっ。



なーんて




d0166451_23384747.jpg


必死に枝のフリしてたのかしらね〜(笑)






アシグロツユムシ 幼生
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-09-14 23:42 | 生きものばんざい | Comments(2)
赤と一文字

d0166451_22284392.jpg



先月訪れた乗鞍高原の画像を眺めていました。
撮った昆虫と言えばイチモンジセセリくらい。
ここまで来て自分ちのベランダでも会える蝶を撮ってもな〜と思ったけんですけどね(笑)
真っ黄の女郎花の群生の中で忙しなく吸蜜するその姿がとても可愛らしくて。
やっぱり撮ってしまいました。

地元で見る子達よりなんだか黄色くて、種類が違うのかなあ?なんて思ったんですけど‥‥
きれいに並んだ翅の斑点、れっきとしたイチモンジですよねえ。



でも、何枚か撮った中の一枚に「あれ?違うんじゃないの??」って子が写ってるのに気がつきました。
いや、勿論セセリチョウなんですけどね。


ほら、この子。

d0166451_22292546.jpg



調べてみて行き着いたのは「アカセセリ」。
よく似ている種類がいて自信がないのですが‥‥
生息地が関東から中部の高原ということなので、たぶん当たってると思いますv
レッドリスト入りの蝶々だったんですね。そっかー。


細かい種類はどうあれ、やっぱかわゆいよ、このつぶらちゃんは。

旦那に言わせると「どっちも蛾やないか。なんで蛾なんか撮ってんだ?」ですってよ。
あーあ。虫に興味の薄いオッサンはこれだからイカンわ!(怒)
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-09-12 22:30 | 生きものばんざい | Comments(2)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin