Top
<   2013年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧
Top▲|
Smile!

d0166451_23305987.jpg

大丈夫よ。なんとかなるから!



いい笑顔に癒されました。

ヤギさんってやさしいなあ。
私も眉間に皺ばっか寄せてないで笑うことを意識しなくちゃ。


それにしてもこの子リアルユキちゃんだわ。かわゆいかわゆい。

最近の食生活
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-07-31 23:50 | 生きものばんざい
要ダイエット

d0166451_2340428.jpg


うっ‥‥あかん。通られへん。




例年はアゲハの幼虫に食べられて花を殆どつけない金柑の木ですが、
今年はわんさか咲かせ、沢山のミツバチがせっせと花粉団子をこさえていました。

甘い香りが漂います。

まあるい背中のこの子も入り組んだ小枝の間を頑張ってホバリングしています。
勇ましい羽音とは裏腹に、なんかコミカルなのよねー。可愛いのよねー。憎めないのよねー。
お友達になる方法はないのだろうか。




クマバチのまん丸っぷりを笑ってる場合ではないのだわ。
もうすぐメタボ健診の予約を取った日が来てしまうっ。
まだまだ先だと思ってすっかり油断してました。
先月の体調が悪い時だったら痩せてたんだけどな、あれからご飯がおいしくなってしまいました。

なんもしてない。ヤバい。
まあるいお腹をどうしたものか。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-07-30 00:01 | 生きものばんざい
暑中お見舞い申し上げます

d0166451_0151883.jpg



いつもと違う不安定な夏ですが。

カラリと晴れ上がった青い空を願って。


2013年 7月28日


[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-07-29 00:23 | 季節
土砂降り
午後3時過ぎ、不気味に覆っていた黒い雲から大粒の雨が落ちてきました。
それはあっという間に風と雷を呼び、まさに“バケツの水をひっくり返したような”土砂降りとなりました。

d0166451_23562997.jpg


すごい勢いで樋から雨水が滴ってきます。

東以外どこの空にも稲妻が走り、まるで雷に囲まれてしまったような感覚。
恐ろしくてパソコン仕事ができなくなり(データがおじゃんになったら失神モノ)、コンセントを抜いて外を眺めていました。

ざんざん降るよ
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-07-27 00:09 |
蜜蜂になりたい

d0166451_2212266.jpg



ネットのあちこちで蓮の花が咲き競っています。
大好きなブロガーさんの所でもしっとりと静かに咲いています。

今年は忙しくて愛西市の蓮田へ行けません。
それでも実物を見たい!
ということで、近所のお寺の瓶に生けられた蓮を愛でてきました。

蜂になった気分でね(笑)


d0166451_22122430.jpg

ああ。パナップ(グ○コのアイスね)のプリン版だ。あの艶やかなジャムは甘酸っぱいに違いない!




d0166451_22152215.jpg

あの白、ふっくら清々しい。きっと蜜も爽やかなんだろうなあv




d0166451_22183975.jpg

うわ。




d0166451_22194570.jpg

うわわわわ。あかん吸い込まれる。クラクラする〜〜*






d0166451_22221078.jpg


きっとこんな風に操られて花の中に入っちゃうんだろうなあ。

蓮って清浄で凛としたイメージの反面、静かな妖しさも感じます。‥‥感じません?
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-07-24 22:38 | 季節
光彩
d0166451_23141056.jpg


いつも訪れる地元の自然公園にその子はいました。



d0166451_23142724.jpg


人生30年(そこ、ツッコミは無しの方向で)、
存在は知っていても自分の目で見たのは初めてでした。

あまりの美しさにドキドキが止まりませんでした。
興奮して焦って、また技術もなくて、ちゃんと撮れなかったことを後悔。


虹色に輝く昆虫は色々いますが、自分の中ではベストだったかも。



d0166451_23144864.jpg

輝きが計算されたような緻密な翅脈。ブリリアント!



チョウトンボ
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-07-22 09:47
雀色時

d0166451_0341765.jpg



久しぶりに空を眺めました。





7月とは思えない乾いた風が心地よい夕暮れ時。

このまま夏を通り越して秋になってしまえばいいのに。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-07-19 00:37 |
一目惚れ

d0166451_23564495.jpg

んふ♡ ねえ、そこのキミ?





d0166451_23585099.jpg

えっ!? ぼっ、ぼくっスか!?





多分ハラビロカマキリの子供。先日の悪そうなのとは別の子です。
こっちの方が憎めないなあ。

ってこの写真の女の子も男の子も‥‥実は同じ子なんですけどね(爆)
表情がコロコロ変わって面白い。
しつこくレンズ近づけてごめんね。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-07-18 00:14 | 生きものばんざい
独り占め

d0166451_07466.jpg


人参の花にて


パセリやらセロリやら、セリ科の植物は大体こんな似た感じの花を咲かせます。

でもこの人参の花が一番好きだと思いました。

まるでレースフラワーのような可愛らしさ。

ありんこも夢心地です。(実際、朝いるのを見て、お昼になって覗いたらまだいましたもん)

誘惑
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-07-17 00:31 | 生きものばんざい
チビハンター

d0166451_0273240.jpg

抜き足‥‥差し足‥‥




d0166451_0275452.jpg

なっ、なな、なんやねん!




d0166451_0281051.jpg

なんや、この鎌のことか? すごいやろ。飾りちゃうねんで?




3cm余りのチビのくせに悪い顔しとるの~~。


でも‥‥当たり前よね。
カマキリだって小さいうちはありんこにだって捕食される身。
この大きさになるまでにきっと修羅場を潜って来た筈。

カマキリって成虫になれる確率がとても低い昆虫だってどこかで読みました。
この子だってこんな顔していても生き残れるかどうかわからない。


食うか食われるかの極限の運命を背負って生きるって、人間社会のそれとは比べられない次元の過酷さですよね。



ちなみにこの子カマキリが狙っていたのはアゲハの幼虫。
うちの金柑の木にはハッキリとした生態系があるんです。

アゲハが卵を産む
  ↓
ありんこが見つけて食べる
  ↓
見つからなかった卵が運良く幼虫になる
  ↓
蜘蛛、蜂、カマキリに食べられる
  ↓
見つからなかった幼虫が運良く成長する


こんな感じ。
今年は特に捕食組の勢力が強く、アゲハの子はなかなか大きくなれません。
そのお陰と言っていいのか、金柑の木が丸坊主になっていません。

生き残るって、大人になるって、本当に奇跡なんですよね。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-07-14 00:29 | 生きものばんざい
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin