Top
<   2013年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Top▲|
青の世界
連休なので何もかも忘れて楽園へ。


d0166451_0263415.jpg




d0166451_0272795.jpg



圧迫感も押し付けがましさも皆無の透明感ある青。

ああ、力が抜ける‥‥

ネモフィラ、別名baby-blue-eyesというのも納得のネーミングですね。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-04-29 00:28 | 植物 | Comments(8)
いのちの輝き
草むらをぼんやり眺めていたら青いものがチラチラ。

‥‥シジミチョウ?

そう思いつつ。でもその青さが驚く程鮮明だったので、思わず近づきました。


d0166451_0591884.jpg

あ、いた。
君は‥‥ツバメシジミだね。


More
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-04-27 01:00 | 生きものばんざい | Comments(4)
新緑デート

d0166451_2325195.jpg


気持ち良さそうね。
もう水は冷たくない?
細い水路なんだけど‥‥いい穴場を知ってるわね。ふふふ。

いいなあ。

私もここからじゃなくて、そこから上を見上げてみたい。
深呼吸して瑞々しい力をいっぱい吸い込みたい。



休み前にやることがてんこ盛り。
人参ぶら下げて頑張らなきゃね。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-04-24 23:47 | 季節 | Comments(0)
全力ごはん

d0166451_005391.jpg

ん?刺さってる?


私もやってみたいよ
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-04-23 00:03 | 生きものばんざい | Comments(6)
黄昏ジャーニー

d0166451_23273074.jpg


風の吹く夕暮れ時。
まあるい綿毛のシルエットが美しくて
至近距離でカメラを構えてピントを合わせている最中にビュンッと向かい風。

一瞬で丸が崩れました。

あーあ。
‥‥って思たのですけど、旅の瞬間に立ち会えたと思えば、ね?

夕闇迫る茜空をどこまで飛んでいくのかしらね。
準備はできていたとは言え、突然の出発だったでしょうに。

d0166451_23284578.jpg



一度きりの風まかせ運まかせの旅。
私のような石橋を叩きすぎないと渡れない人間には憧れです。





余談
写真を撮って家に入って、何気に鏡を見た時のこと。

‥‥‥!!!

髪の毛に綿毛がいくつも刺さっとるやーん!!
あの突風で散った綿毛のいくつかは、目の前でカメラを構えていた私の頭に着地を余儀なくされてたんだね‥(涙)

旅、一瞬やったやん!
センチメンタルに語っちゃったやん。

‥‥‥ごめんよ〜。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-04-20 00:07 | マクロ | Comments(8)
ひとり占め

d0166451_04746.jpg


花が咲き始めるとお出ましになるこの小さな嫌われ者。
集団になっているのを見るとムカつくんだけど、こうやって一匹でのんびりしているのを見ると
「君も生きてるんだねえ」って思ってしまう。

よく見ればしっかりストローを差し込んで食事をしているんじゃないの。
まあいいわ。許す。
このスミレは抜いても抜いても生えて来る強い子だから、ガッツリ食べさせてくれるわよ。
でも次に集団で食事したら容赦しないからね?

d0166451_0473457.jpg


ほったらかしのベランダにも目の覚めるようなライムグリーンのグランドカバーが旺盛に伸びています。
ビビッドカラーモードにしたんじゃないよ。本当にこの色なの。

濁りのない若い緑。
これも春の色よね。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-04-18 00:47 | 生きものばんざい | Comments(2)
やさしい色

d0166451_23291573.jpg


八重の桜が咲き始めました。
ふわふわと温雅に。

日本の和の色ってなんでこんなにやさしいんだろう‥‥

気持ちがふ〜っと和んでいくのがわかりました。
幹にもたれてずーっと見上げていたいと思いました。


d0166451_23413630.jpg

鬱金(うこん)桜



d0166451_23463210.jpg

御衣黄(ぎょいこう)



バラにもあるのですが、緑がかった花にものすごく惹かれます。
鬱金桜の方は黄緑がかった黄色という感じですが、御衣黄はまんま緑です。
なので、パッと見、咲いているように見えません。
なんでもこの二つの桜は花びらに葉緑体を持ってるんだとか。

実際この桜もたまたまいたおじいさんが教えてくれました。
「ギョイコウがそこに咲いてるんですよ。見ました?」って。
きっと教えたくて仕方がなかったんだと思うの。その後もずーっと説明してくれたから(笑)

おじいさんが言うには、花が終わりに近づくと中心が赤く染まって来て、それがまた美しいんだそうです。
ゴールデンウィークの初めの頃まで見られることもあるよ、って。


素敵な情報をありがとうございます。
楽しみがひとつ出来ました。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-04-16 00:08 | 季節 | Comments(6)
脳内麻薬

d0166451_115341.jpg


諦めたら終わりですよね。

‥‥なーんて言うと意味あり気にカッコいいけど、
諦めたくても諦める訳にはいかない状況が大人の世界にはあるわけで。

d0166451_1155062.jpg


自分の能力以上のものに挑まなきゃいけないこともあり
逃げ出せないとわかったら、それに向かうしかないわけで。

向かうとなったら嫌々やっててもストレスが溜まるだけなので
とにかく終わらせることに集中して目の前のことをひたすらやると
なんとか進んでたりするわけで。

d0166451_1161366.jpg


そうやって自分の役割がひとつこなせたことに満足し、
脳内麻薬が出ちゃったら、もうおしまい。

次も頑張ってみるか、って思ってしまう自分がいたりして。

このとりあえずの達成感という麻薬は恐ろしい。
私はこれで20年以上今の仕事を続けているのだから。

人はこうやって自分で薬を処方しつついきているのかもね。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-04-13 01:16 | 日常雑記 | Comments(13)
あまぽーら

d0166451_003184.jpg


繊細な紙で作られたようなひらひらと透ける花びら。

そんな質感が表現できないものかと逆光で頑張ってみました。
こういうお花を撮る時はモデルさんに見立てて「ああステキステキ〜」とか言いながら色んな角度から撮ってたりします。
たまには楽しいです。ふふ。

d0166451_0242262.jpg



d0166451_0245748.jpg



アマポーラ=コクリコ=ポピー=ひなげし
‥‥なのですよね。
この写真のは厳密にはアイスランドポピーと言うらしいです。
色が白、黄、オレンジの三色なのが特徴みたい。

d0166451_0253842.jpg



d0166451_0255645.jpg



d0166451_02936.jpg



頭の中では山下達郎のアカペラのアマポーラがぐるぐるしてました(笑)


[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-04-08 00:30 | 植物 | Comments(12)
夕桜
d0166451_23504062.jpg


日が随分長くなりました。
夕方、自宅から見える高台の桜が夕陽を受けて染まっていたので下まで行ってみました。

胸が詰まって涙が出そうになりました。
あまりに美しくて。
とても疲れていたので色々ユルくなっていたのかもしれません。
見たままに写せませんでした。
もっともっと切なくて綺麗だった。



d0166451_082047.jpg


明日は嵐とか。
きっとこれが見納めですね。

嘆きの中年
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-04-06 00:22 | 季節 | Comments(6)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin