Top
<   2012年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧
Top▲|
薄暮

d0166451_2351498.jpg



d0166451_23521699.jpg



こんな夕暮れの空を見ると「秋めいて来たかなあ」って思うけれど
実際の体感は蒸し蒸しで夏というより梅雨。
特にこの二日間はひどい!部屋の隅にキノコが生えそうです(爆)

気持ちだけが秋を求めてどんどん先へ行ってしまって。
このうんざりする暑さとのギャップが広がる一方で。
本当に負けてしまいそう。

あと何日我慢したら爽やかに乾いた空気を実感できるんだろうか。




d0166451_0323923.jpg

夕暮れはまだしも、日中なんてこんなに荒々しい夏雲が浮かんでたもんね。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-08-31 00:35 |
8月のジュリア

d0166451_23481917.jpg


残暑が厳しい中、四季咲きのバラ“ジュリア”が咲いています。

近所のバラ園でやっと巡り会えて、我が家にやって来たのはちょうど春の一番花が咲く頃でした。
思ったよりずっと大輪で高芯な花姿に「あれ?ジュリアってこんなだったっけ?」と思ったのですが‥‥

そうでした。私が一目惚れしたのはこの夏の花姿でした。
ひらひらと波打つ花びらが何とも可憐。




ちなみにこれは同じ株の春の花。
d0166451_23483981.jpg


ね?随分印象が違うと思いません?

秋にはまた花びらたっぷりの大きな花を咲かせるのかしらね。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-08-30 00:11 | 植物
アート

d0166451_0233333.jpg


こうやって見るとまるで点描画ですね。
小さな点一つ一つが鱗粉。
撥水効果があるんだそうです。
この繊細で緻密なメカニズムが雨や汚れから翅を守っているんですね。

それにしても‥‥

何故この模様なんだろう。
何故この配色なんだろう。
何故あの幼虫からこの模様ができるんだろう。

理由はあるんだろうけど
考えれば考えるほど不思議。
考えれば考えるほど自然は素晴らしい。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-08-29 00:31 | 生きものばんざい
空デビュー その2

d0166451_0251139.jpg


なんだ昨日と同じじゃねーか、なーんて言わないでね。
同じアゲハでも昨日はナミアゲハ、今日の子はキアゲハです。
今朝、無事羽化しました。‥‥ほっ。
昨日から殻を通して翅が透けて見えるようになって来てて、絶対今朝だと思っていたのですわ。


今日は蛹の殻を破って出てくるという貴重な瞬間から見ましたよ。
コーフンしてたのでブレてますが連続でどうぞ。

d0166451_0254177.jpg


左の状態からフンっと腹筋をするみたいに体を起こし、棒に掴まると、殻から抜け出てトコトコと上がって行きました。
その間僅か3分足らず。
そしてゆーっくりと、でも目に見える速さで翅を伸ばして行きます。
なんだかとても神秘的で感動してしまいました。

息子が小学生の時に夏休みの科学研究にまとめれば良かったんですけどね。
オバサンになった今、一人でテンション上げてます(笑)
年を重ねると色んな命が愛おしくなってくるのですよ。うん。


ところでお気づきのことと思いますが。
何故この子は割り箸に掴まっているのか。

実は最初ベランダの壁で蛹になっていたんですけど、体を支える糸が切れてブラーンと逆さまになってたんですよ。
d0166451_026326.jpg

で、急遽保護してお腹の部分を両面テープで割り箸に固定したんです。
落ちないで〜、ちゃんと生まれて来て〜と願いながら。
こんな即席でもちゃんと生まれてくるんですね。
弱くて逞しいわ(笑)


ベランダにはキアゲハの蛹があと3つあります。(もっとあるだろうけど見つけられない)
この1日2日の間に旅立って行くでしょう。
‥‥ちょっとだけ寂しくなるかな。
こんなことからも夏の終わりを感じます。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-08-28 00:27 | 生きものばんざい
空デビューの日
d0166451_0503239.jpg

朝起きたら、ベランダのヘンルーダでアゲハ蝶が羽化していました。
ああよかった! ちゃんと出て来てくれた!

この子は他の兄弟が葉っぱを食べ尽しちゃって、大きくなれないまま蛹になってしまった子。
今生えている葉っぱは、この子が眠っている間に育ったものです。

小さな蛹から小さな個体。
でも翅もちゃんと伸びて一人前の美しいアゲハ蝶です。
お尻が丸いから、たぶん女の子だね。
これから羽ばたく青い空を見上げて何を思っているのかしら。

体が小さい分、きっとこの子のこれからには試練が待ち受けているんだと思う。
どうかイケ面男子と仲良くなって、またここへ卵を産みに戻って来るといいよ。
あなたのお母さんがそうしたように。

ちょっと切ないお話 長いですよ
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-08-27 00:52 | 生きものばんざい
シャーベット
‥‥みたいな涼しげなピンク。

d0166451_0264061.jpg

サルスベリ


なんか食べたらショリショリしてそうな感じもシャーベットっぽい。
いや、かき氷っぽい?(笑)

近所のサルスベリの花がやっときれいに咲きそろいました。
今年は少し遅かった?

サルスベリは百日紅。
これから寒くなるころまでずーっと咲き続けるんだね。


-----------------------------------------

d0166451_0324090.jpg


今日の空はまるでさざ波。
同じ航路を辿る飛行機が飛行機雲を作り、等間隔に流されて行った‥‥ということですかね。
朝のこの時間は空の上もラッシュなんだねえ。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-08-26 00:26 | 植物
処暑

・・・とは名ばかり。

d0166451_2344711.jpg



d0166451_2353025.jpg



d0166451_236024.jpg



d0166451_2362636.jpg


あまりに暑苦しいので
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-08-23 23:13 |
独唱

d0166451_230119.jpg


d0166451_2302910.jpg


薄紫の夜明け。高原の木立の中。

それはそれは美しい歌声でした。

毎日こんな歌で起こしてもらえたらどんなに幸せでしょう。

今日のかなとこ雲
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-08-21 23:17 | 風景
標高3,000mの夜明け

d0166451_011992.jpg


10年ぶりに訪れた乗鞍高原。

早朝5時に見えた乗鞍岳の赤。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-08-20 00:01 | 風景
迫るかなとこ雲

d0166451_23504134.jpg

夏の雲ウォッチングの一番の楽しみは「かなとこ雲」。
積乱雲の迫力ももちろん好きだけど、それが吹き上がってかなとこになると興奮5割増し!!!
‥‥‥でもこの真下は雷雨なんですけどね。

d0166451_23511519.jpg

実際この後どんどん雲が迫って来て上空を覆い尽くし、雷がそこら中で鳴り響きました。


今年の夏はなかなか良い形のかなとこ雲に出会えません。
そんなこと言ってるうちに秋になっちゃうのでしょうね。


*******************************

明日は10年ぶりに乗鞍で高原のお嬢さんしてきますよおほほほほ(爆)
お天気‥‥あんまり良くなさそうなんだなあ。
山は雷が低くて近くてかーなーり恐いのよね。
どうか荒れませんように。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-08-18 00:03 |
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin