Top
<   2011年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧
Top▲|
秋色時間 6



刻々と模様が変わるカラフル絨毯。寂しいばかりが落ち葉じゃないよ。


< アートフィルター ポップアート >
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-10-31 00:21 | 季節 | Comments(2)
秋色時間 5


夕暮れコスモス


青空の下のコスモスは、秋の透き通った風そのものでとても爽やかな気持ちになります。
でも、本当に似合うのは夕暮れなんじゃないかと思っています。
‥‥というか、私の中の乙女(爆)はそっちの方が好きなのです。



全く関係ないけど
さっきまで「ザ・マジックアワー」を観ていました。
やっぱり好きだ、三谷ワールド。
豪華なのに計算されたチープさもあって、面白くてハラハラしてキュンと来て忙しい(笑)
真の悪者が一人も出て来ないし、端っこの端っこにも華が持たせてあるところに三谷監督の人柄が見えて幸せな気分になる。
「素敵な金縛り」、観に行きたいなあ〜。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-10-30 00:22 | 季節 | Comments(2)
秋色時間 4



染まり方もいろいろ


ここ3日ほど寒暖の差が非常に激しい。
朝は10℃以下で昼間は20℃超え。
こういう気候が紅葉を綺麗にしてくれるんですよね。

徐々に赤くなっていく染まり方もあれば、まだらに染まっていく木もあるんです。

この木、なんだろう。
この葉脈の目立つ葉っぱはすごく知ってる気がするんだけど‥‥うん、絶対知ってる。
緑と赤が極端に入り交じる、なかなかポップな紅葉です。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-10-29 01:25 | 季節 | Comments(0)
秋色時間 3
秋バラの季節になりました。


チューブロンスチ[Chewbronsti]イギリス


ブラウン系、斑入りのシックなバラ。
あまりない色なのでとても惹かれます。

中間色って写真で表現するのが難しい。
ちょっとした加減でどっちかに転んでしまいます。
ちゃんと色が出てくれるかしら?と思ったけど‥‥まあまあこんな色でした。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-10-28 00:04 | 季節 | Comments(4)
秋色時間 2


ドラマチックに赤味が増してゆく絵画のような空間


座るよりもここからの眺めが好きなのです。

< アートフィルター トイフォト >
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-10-27 00:06 | 季節 | Comments(4)
秋色時間 1


ちょっとずつ、ちょっとずつ。

[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-10-25 23:56 | 季節 | Comments(2)
ウォーターボーイズ


来年のロンドンに向けて猛アピール中


この子ら男の子かどうか知らないんだけど。




ここの水鳥たちは頭がいい。
人懐っこいんだけど触れるというわけでもない。
人に媚びることもなく、絶妙な距離感で近くに居てくれる。

そういう距離感っていいなあと思う。


私は人を触発できるものは何も持っていない。
せめて「なんか知らんけど和む」と言われる存在になりたいと思う。

神経質でピリピリした時間を長く過ごして来た人間の真面目な願望です。

今日の空
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-10-24 23:56 | 生きものばんざい | Comments(2)
旅する蝶々

以前から一度会ってみたい!と願っていた、憧れの蝶に会うことができました。


タテハチョウ科・マダラチョウ亜科・アサギマダラ


夏は涼しい北へ、冬は暖かい南へ、移動を繰り返す“渡り蝶”です。
数日前「越冬地を目指して南下中のアサギマダラがこの地に来ている」とニュースで言ってまして。
テレビで紹介していた公園はここから2時間以上離れた場所。
でももしかしてもっと近くに見られる場所があるかも?と思って検索したら、車で30分くらいの山の上の公園がヒット。過去に飛来したことがあるらしく‥‥
ダメ元で行ってみることにしました。

More
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-10-24 00:08 | 生きものばんざい | Comments(0)
秋のみどり



秋なのに爽やか過ぎるグリーンでゴメンナサイ、みたいな。
これは蔓薔薇の垂れ下がった枝です。
内側にベンチがあって涼しい日陰を満喫できるのです。
重なる葉っぱの透け具合がとても美しく、暫くぼんやりと眺めて癒されました。
これもやがて紅葉するのかしら。

テキメン!
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-10-22 00:26 | 風景 | Comments(2)
虫たちのうた最終回・ヤマトシジミ


草の海へ


メジャー中のメジャーな蝶。
低いところを飛んでいる(なんせ食草がカタバミだからね)小さくて地味な蝶と言ったらこの子の確率が高いんじゃないでしょうか。
でも可愛いんですよ。そして美しいと思います。
特に翅の表なんては薄青く光ってますから。
「普段目に留まらないくらい当たり前にいる虫が実は可愛かった」というのを最初に実感したのがこのヤマトシジミでした。
これからもどんどん小さくて深い世界に目を向けて、大きな驚きを体感しようと思っています。
行動範囲は狭いけど小さな世界にも宇宙はあるのよ〜v

連続で虫をアップして来ましたが、一週間になるので一旦ここで区切ろうと思います。
身近な虫の写真はまだまだあるけど飽きて来ちゃうので。自分が(爆)
またいつもの写真の間に登場すると思いますけど‥‥逃げないでね。ふふふ。


どの写真を見ても笑ってるように見えたミヤマアカネ


今日の空
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-10-21 00:15 | 生きものばんざい | Comments(2)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin