Top
<   2011年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧
Top▲|
台風一過
この時期にこのタイトルをつけることになろうとは‥‥。

d0166451_004458.jpg

とっ散らかった雲の感じが何とも台風一過らしい。


それにしてもキレイな青空です。
学生時代使っていたポスターカラーの「セルリアンブルー」という色を思い出しました。
こんな鮮やかな青だったのよねえ。

やらかした
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-05-31 00:02 | | Comments(2)
重なりの芸術
d0166451_23594229.jpg

アズテック アメリカ 1957年


バラはその花姿が美しいのは勿論の事ですが、あの何枚もの花びらをキュッと格納している中心部分の構造にとても興味をそそられます。
開いた花よりも、開きかけた花が好きだと思うのもそこなのかも知れません。
花の形(ロゼット咲きとか高芯咲きとかティーカップ咲きとか)によって花びらの重なり方も大体分類されて来るのでしょうが、やっぱり一つ一つ違っていておもしろい。
改良が加えられた花が美しいのは当たり前でしょうが、美しい以前のこの花の凄さ、みたいなものを感じてしまいます。


この先お腹がいっぱいになる程アップ画像が出ますわよ。
重なりの美しさに大いに興味がある方はどうぞv
興味がないと胸焼け起こすかもよ?

めくるめく重なりの世界
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-05-30 00:06 | 植物 | Comments(2)
あめだま
d0166451_026534.jpg


指でつまんだらそのまま手に取れそうな気がしました。
その気持ちのままを表したくてPhotoshopでコントラストを強調しました。

うん、こんな感じで私の目には映ってた。
雨玉=あめだまなのだ。
口に放り込んだら薄荷の味がしそうです。


昨日遂にこの地方も梅雨入りしました。
例年より10日?12日?早いとか。‥‥まだ5月だもんねぇ。
憂鬱だ〜と何度も口走りそうでコワイ。
折角カメラがあるのだから何とか楽しみを作って乗り切りたいですわ。

指の血管がぁぁ〜
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-05-29 00:29 | 季節 | Comments(4)
香る花火
d0166451_0304642.jpg

イタリアンパセリの蕾


つむじのご飯用に育てていたイタリアンパセリにいっぱい花芽がついた。

d0166451_0313265.jpg

俺様はパセリ、人参の葉っぱ、ピーマン、そしてバジルが好きなのさ!
とおっしゃる香草マニアの凶暴モルモット、つむじ。



イタリアンパセリは二年草らしく花がついてしまうと葉っぱが堅くなって、それでその株も終りなんだそうだ。
なるべく長く収穫したいと思ってせっせと摘んでいたけど、出る芽全部花がついてくるんだからもう限界みたい。
だったら種を採るために花を咲かせてしまおうと思った。

なんだか線香花火みたいで可愛らしい。
レースフラワーみたく可憐なんだろうか。
早く咲かないかなあ。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-05-27 00:32 | 植物 | Comments(2)
楽園
今日は猛烈に乙女チックです。ダバダ〜♪

d0166451_08335.jpg

ラジオ タイムズ イギリス 1994年


先日、旦那と近所のバラ園へ行った時に少しだけ撮ったもの。
旦那と行くとゆっくりできないから不満なんだな〜本当は。
私は花にまみれてトリップしたいわけですよ。
心行くまでアングルを決めたいわけですよ。
そんな「まだかよ〜」な顔されると遠慮しなきゃならないんだから。

やっぱりこういうところは女同士でお目目キラキラさせて、ゆ〜っくりと歩きたいわあ。

バラ画像少しだけ
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-05-26 00:11 | 植物 | Comments(2)
今日の色
d0166451_045411.jpg

雨上がり。深くて溺れそうな青。



d0166451_051119.jpg

虹色。閉じ込められた純粋で儚い世界。



d0166451_052912.jpg

茜空。明日の晴れを約束してくれる薄紅のベール。



久々にクリアな青空と澄んだ空気に触れた気がしました。
やっぱり雨上がりはテンションが上がるわ〜。
なにげにレミオ繋がりやしな!
たまにこうやって登場させないと忘れそうやわ。
去年の今頃はライブ目前で一番いい時だったなあ。。。(思いきり遠い目)


こんな空も明日を最後にしばらく見られそうにありません。
いよいよ梅雨入り目前です。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-05-25 00:06 | | Comments(2)
夢見るバッタ
d0166451_0235619.jpg

ここも好きやねんけどな。原っぱーゆう所も行ってみたいねん。



わずか1cm程のバッタの幼生。
おそらく温室生まれの彼は野原を知りません。

青白く静かに咲くエゾアジサイ。
私も虫目線でここからの眺めを堪能してみたい。
胸の前で指を組んで乙女のポーズをしてしまう気がしないでもない‥‥(爆)
ああ、メルヘンや〜vv

d0166451_0241279.jpg


腑に落ちない
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-05-24 00:26 | 生きものばんざい | Comments(4)
雨の銀世界
d0166451_0235042.jpg

「銀世界」という名のバラ


見た目白バラだからこの名前が付いていると思うのですが‥‥写真に撮ったらうっすら赤味がありますね。

d0166451_0241038.jpg



午前中、怪しい雲行きの中、バラ園のパスポートを更新しに出掛けました。
23日で切れますからね、今日しか行く時がないのですわ。
で、どうせ行くなら園内を回らないとねv
今週は暑い日が続いたので、バラも一気に咲いているだろうと楽しみに行ったのに。。。
ゲートをくぐって歩き出した途端横殴りの雨って‥‥どゆこと???
傘をさしていても下半身ずぶ濡れですよ!

ひょえ〜〜〜〜と叫びながらゲートに戻り、今日の散策は断念しました。
ガックリだよー。今日のメインが呆気無く終わったよ(TT)

そうしてゲート前で唯一撮ったのがこの写真。
ああ今思った。
このバラ、晴れて陽の光を受けるときっと真っ白に輝くんだ。
だから「銀世界」なんだわ。

でもビーズのような水滴もとてもお似合い。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-05-23 00:25 | 植物 | Comments(0)
再会
d0166451_0213077.jpg


d0166451_0215282.jpg

山法師(ヤマボウシ)

延暦寺の白頭巾をかぶったお坊さんに見立てて付けられた名前だそうですが‥‥木に宿る妖精のように思えませんか?
もののけ姫に出て来る「こだま」みたいなイメージで。


今日の蒸し暑さには参りました。
五月にして遂に真夏日!我が街は32度まで上がったようです。
と言っても、私は名古屋に出ていたのですけどね。
その名古屋も31度だったから殆ど変わりなかったわけですが(笑)

More
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-05-22 00:22 | 日常雑記 | Comments(6)
秘めた思い
な〜んて、こっ恥ずかしいタイトルを付けたくなってしまったじゃないですか。
静かにうつむいて咲いているのですけどね。

d0166451_173323.jpg

マドモワゼル・マルト・カロン/1931年 イギリス





今週はとても疲れました。
楽しい週末で寝るのが勿体ない筈なのに舟漕ぎっぱなし。
二時間くらいここに座っているのに何も出来ません。
と、言っている間にこんな時間。
‥‥ホントに何をやっているやら。

でもこんなフワフワしたどうしようもない状態が気持ちよかったりするのだわ。
早よ布団で寝えや!と自分を叱りつつも、ね。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-05-21 01:10 | 植物 | Comments(0)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin