Top
カテゴリ:植物( 166 )
Top▲|
あまぽーら

d0166451_003184.jpg


繊細な紙で作られたようなひらひらと透ける花びら。

そんな質感が表現できないものかと逆光で頑張ってみました。
こういうお花を撮る時はモデルさんに見立てて「ああステキステキ〜」とか言いながら色んな角度から撮ってたりします。
たまには楽しいです。ふふ。

d0166451_0242262.jpg



d0166451_0245748.jpg



アマポーラ=コクリコ=ポピー=ひなげし
‥‥なのですよね。
この写真のは厳密にはアイスランドポピーと言うらしいです。
色が白、黄、オレンジの三色なのが特徴みたい。

d0166451_0253842.jpg



d0166451_0255645.jpg



d0166451_02936.jpg



頭の中では山下達郎のアカペラのアマポーラがぐるぐるしてました(笑)


[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-04-08 00:30 | 植物
星の咲く土手
d0166451_0364574.jpg


花咲く季節にモノクロもどうかと思いましたが。
決してきれいではない低い土手に咲くハナニラが
私を撮ってと見上げるので。


この土手のすぐ脇に掘っ建て小屋のような作業場があって。
人の気配がたった一人だけあるんだけど何をしているのかは全く謎で。
でも窓越しにデスクを照らす蛍光灯は見えていたり。
そこの窓が開く季節になると、必ず大音量でジャズが流れてて。
先日、ウォーキングで通ったら土手に向かって譜面台がひとつ置かれていました。
‥‥もしかしたら休憩時間にサックスでも吹いてみえるんだろうか?

かな〜り想像力をかき立てられます。
かれこれ3年越しの謎です。

これでイケメンやなかったらアカンやろ。(そこか!そこだよ!)


‥‥世の中は大抵アカンことの方が多いのだけどねえ(爆)
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-03-30 01:07 | 植物
うすもも色
d0166451_0211283.jpg






d0166451_0214631.jpg





この桜はなんだろう?‥‥河津桜でいいのかなあ。

先日外出中に雨粒が落ちて来て、思わず雨宿りに駆け込んだのがこの木の下でした。
見上げたら曇った白い空に花びらが透けてとても綺麗で‥‥しばし見惚れました。
幸せな雨宿りもあるものです。

桃の花じゃないんだけど桃色。薄い桃色。
桜色、薄紅色、桃色、鴇色、紅梅色、石竹色‥‥
どれもピンク色を表す言葉だけど、色味も濃さも全部違うのよね。

色の名前に触れる時、いつも日本人でよかった〜って思います。


ちなみにこの地域の染井吉野の開花は、花冷えの中ちらほらのまま止まっています。
家から見える高台の桜の木も全く咲いていません。
でもいいかな、そんなに急がなくても。
入学式を迎える子たちに取っておいてあげたいしね。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-03-27 00:21 | 植物
春色花火

d0166451_052235.jpg

ぽん



d0166451_054373.jpg

ぽん




d0166451_0544413.jpg

春の陽だまりに打ち上る小さな花火は黄金色



d0166451_056230.jpg

サンシュユ またの名を ハルコガネバナ

[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-03-19 00:58 | 植物
睫美人
d0166451_053740.jpg


この伏し目がちな感じがいいのよね。
私が男子だったらこういう子にぽわ〜んとなる気がする。おそらく(爆)

おいひい〜vv
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-03-13 00:07 | 植物
心の岸辺に咲く花

春色の汽車に乗って 海に連れて行ってよ〜

d0166451_23441192.jpg


タイトルを見てすぐにピンと来た方、
この花を見て条件反射でこの歌が出る方は‥‥
それなりに‥‥(爆)(←黙って握手を求める)

d0166451_23544626.jpg



一気に春ですね。
と言っても多忙で部屋に籠りきりなので満喫しているわけではありませんが。
それでも陽射しの明るさにそれを感じずにはいられません。
光の三月、ですね。

明日、この地方は18度まで上がるとか。


‥‥‥‥飛ぶよね、花粉。(そこか)
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-03-07 00:01 | 植物
真冬に香る花

d0166451_0293440.jpg

蝋梅


我が家では毎年お正月を迎える花として、義母が庭から切って来てくれます。
この冬はとても寒くて、大晦日の段階で全部蕾だったのですが、
今現在、すべての花が開いてとても良い香りを漂わせています。


d0166451_0365321.jpg


名前の通り蝋で出来たような光沢と厚みのある花びら。
光が当たると、本当に溶けていくような透明感があります。

この花が咲くと年が明けたことを実感します。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-01-15 00:37 | 植物
初冬の大輪


d0166451_0484150.jpg


皇帝ダリアです。
以前の写真の蔵出しじゃないですよ?
このダリア、11月の終わり頃から花を咲かせるんです。
しかもデカい!4mくらいあるんじゃなかろか。
皇帝の名はそこから来ているのですね。
淋しくなって来る季節にパアッと大きな花を咲かせる様は、最後の打ち上げ花火のようです。

d0166451_049075.jpg

しかし優雅で華やかですね。
こんな季節に咲く花とは思えません。
でも、遅咲きのくせに霜には弱いんだって。メキシコ原産だからなのかしらね。
明日の朝(あ、もう今日か)は氷点下だというし、一気に萎れちゃうかも‥‥。

シーズン到来
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-12-02 00:49 | 植物
香る秋 3

d0166451_0245493.jpg

クロード・モネ 2012年 フランス


秋のバラ3回目をお届けします。
まとめてご紹介するのは今日で一応おしまいかな。
今日はかなり新しい品種を。(最後の1点は逆にすごく古いんだけど)
↑のクロード・モネなんて最新だって書いてあったわよ。2012年、今年だものね。

より華やかに、クラシカルに、強靭に‥‥
その時代が求める美しさに応えて、改良し、進化して行くんですね。
これらを見る限り、誰もがバラというと思い浮かべるあの花姿は、最近は人気じゃないのかしら?
いや、きっと根強くはあるんでしょうけどね。
あれ以外はバラじゃないわよ!とか言うセレブなご夫人もいそうな気がするわ。

バラ×7
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-10-30 00:31 | 植物
香る秋 2

d0166451_02596.jpg

グラミス・キャッスル 1992年 イギリス


先日の続きで秋のバラをお届けします。
図鑑チックに集めるのが趣味なので淡々としてますが‥‥
色んな種類があるんだな〜と思って見ていただければ幸いです。
その前に写真の良い悪いは別として、お花の画像を触ってると和むね〜。

トップのバラですが、園内のあちこちで「あ、いいな」と思って撮って、名前を見たらどれもグラミス・キャッスルだったという‥‥
私はどうもこれに惹かれるようです。

バラ×8
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-10-26 00:06 | 植物
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin