Top
旅する蝶々 2015

旅をする蝶々

アサギマダラ


今年もフジバカマが咲くこの地で出会えました


d0166451_00202960.jpg

この子はどこからか旅をしてきたのかしら



この蝶は春から夏にかけて高原で生まれて過ごし

涼しくなると南下の旅に出ます


その距離は驚異的

遠くは沖縄や韓国、台湾まで飛んで行くと言うんですから!



それを裏付けるのはご存知マーキングという方法

捕獲して鱗粉のない浅葱色に部分に情報(場所・日付・マーキングした人の名前)を書き込み

再び放すのです

d0166451_00203592.jpg

マーキング(3年前に撮らせていただいたもの)



d0166451_00203253.jpg

この子はマーキングされていません


私もする気はありません

旅の謎の解明に貢献したい気はありますが…この浅葱色を汚すのがなんだか可哀想で


あなたにはストレスを感じることなく

ここでいっぱい栄養をつけて遥か遠くの目的地に辿り着く旅を全うして欲しい





実はこの画像は一週間前のものです

本当は我が家のフジバカマでに立ち寄ってくれるのを待ってアップするつもりでした

ここ2年来てくれていたから今年も期待していたんですけど‥‥

この夏の猛暑でフジバカマの株が減ってしまいどうやら無理みたい

楽しみにしていた義母も残念そう


温暖化による異常気象がこの蝶々に与える影響も少なくないんじゃないでしょうかね


d0166451_00204189.jpg


d0166451_00203928.jpg


ツワブキもリンドウもいつも通り咲いているのに少し寂しい2015年の秋です







[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-10-26 00:27 | 生きものばんざい | Comments(14)
Commented by ericanada at 2015-10-26 00:47
蝶のマーキングってこうするんですね。
初めて見ました。
自分がマーキングした蝶を追っかけたりするんでしょうか?
蝶研究のために世界縦断・・・っていうのもロマンがありそうです。
Commented by butanekoex at 2015-10-26 05:29
びっくりびっくり!
蝶にもマーキング。粉はとれないのでしょうか。
って、ぐりこさんはやってないのですものね~。

温暖化・・・深刻な環境問題を議論する能力が私にはありませんが、
こうして温暖化を身近に感じることって、最近は特に増えました。
Commented by ahana12 at 2015-10-26 11:11
ぐりこさん
こんにちは(^^)

マーキングってこんな風にされてるんですね。
初めて見ました!!
でも私もぐりこさんと同じで綺麗な衣を汚すのは可哀想でできませんね。。。
自宅のお庭にフジバカマが咲いているんですね。
今年は残念でしたが、来年来てくれるといいですね(^・^)
この間コスモスを撮りに行っていたら、同じ様に写真を撮ってたおじさんが
自宅の庭にこの花を試しに植えたら昨日マサギマダラ来てくれましたーと見せてくれました。
化粧のような甘い匂いのするお花にだけ飛んでくるって不思議ですね。
温暖化の影響?で少なくなっているかもしれないマサギマダラ
私もいつか間近で見て観たいです^^
美しいお写真をありがとうございます(*^。^*)
Commented by zimulan at 2015-10-26 11:57
美しい姿にホレボレします。
山のほうにいくとひらひらと通過していきます。
初めて見たときは感動しましたー。
マーキング、黒いマジックで書きこんじゃうんですよね…
あまり疑問には思っていなかったけれど、
自分が書くのは抵抗あるかなー。

とても美しい写真をありがとうございます。
Commented by nori_natural at 2015-10-26 21:57
こんばんは、ぐりこさん。
マーキング、私もする気はありません、同感です。
自然の物は自然のままにが一番ですよね。
一枚目、今回もバックが美しいですね〜
アサギマダラ、きっと良い時間を過ごしているんでしょうね
そんな雰囲気がが伝わってきます。
Commented by guri-iki at 2015-10-26 22:02
ericanadaさん こんばんは。
マーキングをそばで見たことがあるのですが、手慣れたもんです。
よくこんな小さな白場に書き込めるなあと。
自分でやったら必要以上に触ってしまって弱らせてしまう気がして恐いです。
旅の途中で栄養補給に別の場所に降り立った時、それを見た人がこの蝶がどんなルートを旅してきたかわかるシステムなんですね〜。
で、その人もまた情報を書き込んで放す、という具合です。
2度捕まっちゃう子もいるということなんですね(笑)
ネットワークもあるようで、情報を共有して調べてみえるようですよ。
でも自分のマーキングした子が遠くの地で別の誰かの目に留まるってロマンですよね〜v
そちらにもオオカバマダラという渡りをする蝶々がいるみたいですね!
同じようにマーキングをするのかなあ?
Commented by guri-iki at 2015-10-26 22:02
butanekoさん こんばんは。
おもしろいでしょう?これ、テレビでもたまに取り上げられるんですよ〜。
この蝶の白っぽい部分、なんと鱗粉がほとんど無いらしいんです。
だからペンで書けてしまうのですね。(体験してみたいけどやっぱかわいそう)
実際見ると半透明でとても美しいです。
アサギマダラのアサギはこの部分の色のことなんですよね。
そうだ!去年、一昨年と二年続けてあの緑化公園の藤棚のある日本庭園で見ましたよ!
確かほんの少しだけフジバカマが植えてあるの。
10月の中旬頃運が良ければ出会えるかもしれません。来年是非トライしてみてください!
温暖化、ここ数年加速度的に進んでるのが目に見えてきて怖くてたまりません〜。
Commented by guri-iki at 2015-10-26 22:02
fukuさん こんばんは。
私も実際に書き込まれているのを見たのはこの時だけで、その後一度も出会っていません〜。
人間でもマジックのニオイはツンと来るのに、この蝶々は大丈夫なのかと余計な心配をしてしまいます。
高原地域なんかでは繁殖もしますし割と長い間見られる蝶のようですけど
私の住む地域は単なる通過点なので年に一度の短い期間の楽しみです。
フジバカマ、義母が好きで植えています。素朴で優しげな花ですよね。
fukuさんが出会われたおじさん同様、我が家もアサギマダラがこの地を通るのを知って増やし始めたんです。
そしたら本当に来てくれてびっくり!狂喜乱舞!鼻血ブー(爆)
今年は株が弱ってダメでしたが、本来は雑草並みに強い植物だと言います。
fukuさんのお庭にも植えてアサギさんを誘致してみてください〜v
あ、フジバカマに来るのはこの花の蜜から毒を摂取するため、らしいです。
体にその毒をためて鳥なんかの天敵に食べられないようにしているんですって。
すごい知恵ですね。こんな小さな体に秘められた力に感動です。
Commented by guri-iki at 2015-10-26 22:02
zimulanさん こんばんは。
zimulanさんも少し前にアップしていらっしゃいましたよね?
あ〜今静岡なんだ〜、高原を降りたんだ〜、もうすぐこっちにも来るのかなあ〜
なんてワクワクしていました。
本当に美しいですよね。いつも見られる蝶じゃないから余計に神々しく見えちゃう。
私も初めて見た時は感動しましたよ〜。
そうなんですよねー。マジック、蝶にとってもキツイんじゃないの?って思っちゃう。
でも実際は捕まえられても落書き(違)されても1000km、2000kmと飛んでいくわけだから
逞しいですよね。
せめて思い切り細い字で綺麗に書いてあげてほしいなあ〜。
いえいえ、こちらこそいつも心が洗われるような壮大な景色をありがとうございます。
Commented by guri-iki at 2015-10-26 23:19
noriさん こんばんは。
マーキング、やっぱりnoriさんもこちら側ですか〜。
カメラの目で見る人と科学の目で見る人では違ってくるのも仕方がありませんね。
個人的には生態にもすごく興味があるんですわ。
こうやって調べることが環境の何かが見えてくるのかもしれないし…意味ある追跡だと思います。
ただね〜「うわ!くさっ!頭クラクラする〜!やめてくれよ〜ぅ」って叫んでるんじゃないかって
妄想しちゃうからねえ。。
またまたバックを褒めてくださってありがとうございますv
玉ボケの師匠の足元にも及びませんが良い雰囲気が伝わるよう精進いたします〜。
Commented by shizenkaze at 2015-10-26 23:52
アサギマダラが愛知県の公園に多く集まっているとニュースでやっていました
マーキングやバンディング(鳥の足に付けるバンド)は小さな生き物にとっては辛いことのように感じます・・・・・
今まで何度となく調べているはずなのにまだ続けられていることに疑問が残ります
それに私なら羽の模様のパターンをカメラで写したものをデーター化すれば牛の鼻紋のようにきっと同じものは無くて判りそうに思うのですが・・・・・・

イロハじゃないですが・・・・・アサギ夢見しえいもせず・・・・・
アサギマダラには旅のことだけに体力を使って欲しいですね~(o ̄∇ ̄o)♪
Commented by h6928 at 2015-10-27 09:20
アサギマダラも毒蝶って、意外と知られていないですよね。
このチョウを食べようとするヒトはいないから、無理もないでしょうけど。
毒成分を含むものを取り込んで、自身が毒化するって、
こういう生き方も高等戦略なんでしょうね。
自分はその毒に負けない力を身につけないと、自殺になっちゃうわけだし、ね。
そうして、わざわざ派手な色彩を身にまとって、
食えるモンなら食ってみろ!!みたいな、堂々とした振る舞いでいられたり。
鱗粉までそぎ落として身軽になっているのも、
毒を持って抑止力にするのも、みんな長旅をする戦略と考えれば、
すごい生まれながらのツーリストさんなんですね。
Commented by guri-iki at 2015-10-27 21:17
自然風さん こんばんは。
そのニュース、私も見ました。蒲郡じゃなかったでしょうか。
フジバカマがたくさん植えてあるところをちゃんと知っているんですね。
生き物へのマーキング、そうなんですよね。
人間が当たり前のように真ん中に立ってやっていることなので‥‥申し訳ない気がします。
とりわけアサギマダラへのマーキングはアナログな方法ですね。
数も多いでしょうし、命も短い生き物なのでデータ化するより早いのかな、なんて。
それに思うんですけど生態が知りたいのと同じくらいロマンを感じている方が多いのではないかしら。
自分がマーキングした蝶がこんな遠くへ!って感動したりして。
でなきゃこんなに多くに人が参加してないと思うんです。小さな子供さんまでね。
でも近い将来、もっと蝶にやさしい方法ができるといいなあと思います。
Commented by guri-iki at 2015-10-27 21:17
h6928さん こんばんは。
そうでしょうね。絶対食べないでしょ!(でも昆虫食が趣味の方はわかんない‥‥幼虫くらいいくかも)
私も今でこそ熱く語ってしまいますがほんの5年くらい前まで見たこともなかったのですから!
毎年乗鞍高原に通っていたのになんで目にしなかったか不思議です。
知らないってそういうことなんですね。目に留まらないんですね。

毒を持つ生き物って結構いますけど、多くは攻撃力として備わってますよね。
カメムシなんかもそうでしょうけど、カメムシって自分の臭いで気絶しちゃうんですってね。
他の虫は??オオスズメバチの針が自分に刺さったら動けなくなるのかしら。
そう考えるとh6928さんも仰るようにアサギさんはすごい適応力というか進化ですね。
そのすべてが渡りをするためだなんて本当に驚きです!
<< 特等席 | ページトップ | チャームポイント >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin