Top
ようこそ光の世界へ

d0166451_00154979.jpg
アオムシコバチに集られていたので半ば諦めていたベランダのアゲハの蛹。

ふと見るとシースルーになってる!

うわわわわ(喜!)寄生されてなかったんだね!



今にも出てきそうな雰囲気に離れられなくなり、しばらく見ておりましたがなかなか出ず‥‥

仕事もしなきゃいけなかったので一旦撤収。

30分後戻ってきたら‥‥


d0166451_00155331.jpg

出ておられました。ああ‥‥(涙)

左下にうっすら抜け殻が写っています。



でもよかった~。翅がちゃんと伸びてる。

この子は飛べる。

私が見てなくて反って良かったのかもしれません。





d0166451_00155571.jpg

私のこと覚えてる?何度も「お~い」って頭を撫でたんだけど(笑)

君は何故か威嚇のツノを出したりしなかったよね。穏やかな子だなあって思ったよ。

それよりなんでアオムシコバチにやられなかったか教えて欲しいわ。

蛹になったばかりの身動きできない君に留まっていたんだけど、どうすることもできなかったのだわ。

ごめんね。


それでも生まれてこられた。

君は選ばれた子なんやね。





d0166451_00155863.jpg

それにしてもキレイだねえ。繊細だねえ。

光る青のぼかし、その鱗粉の配列、生まれながらにして纏う素晴らしいデザイン。

ナミアゲハの「ナミ」、失礼だよねえ?





d0166451_00160083.jpg

眩しいでしょう?これから君が飛び出す世界には何が待ってるんだろうね。

君は男の子‥‥かしらね。

ここに戻ってくることはないね。多分。

素敵な彼女に出会ったら、卵産むのにいいところがあるよって教えてあげてよね。(新手のナンパか?)

まあリスクは高いけど、今ならヘンルーダも金柑も食べ放題だから。



おかあさんは君の健闘を祈ってます。






[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-08-26 00:20 | 生きものばんざい | Comments(10)
Commented by oneman_avi at 2015-08-26 01:41
おかぁ~~~さ~ん、コンバンハ^^

うわぁ・・・・・・・、嬉しいですねぇ~♪
あの子の生まれ変わりかも!
狩り蜂に寄生されることもなく無事で良かった。

あは、そーなんだ、グリコさんナデナデしてたの?^^
そんなグリコさんのパワーが伝わったみたいで嬉しいですね♪
シルクのよーな、ビロードのよーな・・・ほんと美しいです!
しかも出てきたての、ホッカホカ!!笑
淡いグリーンのボケ、ぐりこさんステキー!
貴重なお写真をありがとーーーです。

そ、その並?だったの?
じゃー、上とか特上とかあったりして^^笑

元気に巣立ってほしーですね^^(もー出発したね^^)
鳥に食べられないよー、蝶生、全うしてほしー♪
そ、あの子の分まで!!ね^^
Commented by butanekoex at 2015-08-26 06:42
虫が苦手な私に虫の美しさを教えてくれたあの子の生まれ変わりかもって思ったら、
またまたジーーーーンといたしました。

本当に、『ようこそ』ですね。
Commented by h6928 at 2015-08-26 09:28
ゴクジョウアゲハの羽化、おめでとうございます(*^_^*)
庶民のアゲハには食べられないヘンルーダですか、を食べて育った、
アゲハ界のセレブですね。
この植物、ボクにはまだ未知の領域にいますよ。

アオムシコバチがぶんぶん飛び回っていても何のその、
良く頑張ったんですね。偉いなぁ。
グリコさんの指から出るオーラが、八の卵をやっつけてしまったりして。

サナギから出る直前の透けてる模様を見ると、
表翅がこちらを向いているんですね。
抜けるときにはくるんと裏返って、表翅は内側向きに畳まれる・・・、
改めて不思議さを見つけてしまいました。
トンボとかセミなんかもそうなんでしょうか???
こんど羽化の場面を見たら、そこまで撮ってみたいです。
この年になって、新しい課題が見つかりました(^o^)v
Commented by purebliss at 2015-08-26 10:31
きゃーーーーー!
また、泣かされる。。。笑
絶対あの子が御礼を言いに来てくれたんだよ。
綺麗に生まれ変わった姿を見せたくて・・・˚‧º·(˚ ˃̣̣̥⌓˂̣̣̥ )‧º·˚

自然が作り出す「美」にはいつも感動させられますね。
ほんとに美しい色と形と。
うんうん、よかったよかった♡
嬉し涙が溢れるよ〜
Commented by guri-iki at 2015-08-26 17:44
aviさん コンバンハ。
嬉しかったですよ〜!
> あの子の生まれ変わりかも!
やぱりそう思ってくださったのですね。私もフッと頭に浮かんだのはあの子でした。
ベランダという割と守られた空間でも羽化できることは本当に奇跡だと痛感します。
今年はことごとくアシナガバチにお団子にされてしまいました(涙)

幼虫時代によく頭を撫でていたのですよ。
本人にしてみれば撫でられるというよりもこん棒でどつかれている感覚だったかも‥‥(爆)
アゲハの子だけは親近感があって触れるんです。慣れってやつですね。

生まれたて、美しいですよ〜!
あれよあれよという間に羽は伸びていくのですけど、ふにゃふにゃでしっとりしてるんです。
そう、ビロードみたいな感じ!aviさんにも見せてあげたい!
フツーにいるからナミなんだろうけど、人間の勝手で価値のない印象がついちゃってかわいそうだわ〜。
今頃どこかの花畑でナンパしまくってんじゃないでしょうかね。フフフ。
Commented by guri-iki at 2015-08-26 17:44
butanekoexさん こんばんは。
皆さんそう思ってくださるんですね。
ちゃんと飛べたこの子も幸せだけど、あの子も幸せな子だったなあ〜ってしみじみ。
そこいらにいる蝶ですけど、こうやって思い入れがあるとやっぱり特別なんですよね。
「ようこそ」そして「よくぞ!」ですね。
Commented by guri-iki at 2015-08-26 17:44
h6928さん こんばんは。
ありがとうございます!(かあさんだから代弁)
ヘンルーダってハーブなんですが、茎とか葉っぱとか結構強いニオイがするんですよ。
あ〜、なるほどミカン科だなっていうニオイ。
でもうちのベランダでアゲハに人気があるのは、圧倒的に金柑の方なんです。
ヘンルーダ、まずいのかも。あっちは混んでるし、しゃーないからこっちに産んどくか〜的な?

アオムシコバチ、めっちゃしつこいんですよー。
飛びまわるというよりずーっとくっついて離れないです。
前蛹から本当の蛹になった直後くらいが最も危険なようです。青虫のうちは産みつけないとか。

> サナギから出る直前の透けてる模様を見ると、表翅がこちらを向いているんですね。
さすがh6928さんですね!そこに注目されるんだー。
蛹から出るところは見たことがありますが、一見くしゃくしゃに縮れているようにしか見えないんです。
考えてみれば綺麗にたたんでないと効率よく伸びませんものね。
羽化の瞬間に立ち会う機会がありますように!そしてバッチリ記録なさってください。
Commented by guri-iki at 2015-08-26 17:44
pureblissさん こんばんは。
わーーーー!また鼻をツーーーンとさせてしまいましたか?
もうね、pureblissさんも一緒になって思い入れてくださって嬉しいですよ(涙)
前回はコメント拝見してこっちが貰い泣きしましたからね?
実はもう一つ蛹が残っているんです。
この蛹もコバチに集られていたので生まれて来られるかわからないですけど。
なんかねー、どこにでもいる蝶ですけど身近で育つと色々ドラマを感じて忙しいです(笑)

> 自然が作り出す「美」にはいつも感動させられますね。
本当にそうですね。虫ちゃんに限らず植物たちも。
気持ち悪かったり恐ろしかったりするものも、実は恐ろしく精巧にできていたりしますよね。
小さな自然に感動できる感性を持ち続けたいなあって思いますね。
Commented by shizenkaze at 2015-08-26 23:07
素敵な出会いですね・・・・・
ナミアゲハのナミって『並』の事のようだけど私には綺麗に輝く海神の『波』の方だと思っていたいです~(*´∀`*)
アオムシコバチに集られながら寄生されなかったのは本当にラッキーでしたね・・・・・
きっとお盆休みなので道路も混むし鉄道や空路も使えないくらいなのでアオムシコバチも『帰省(寄生)』するのを諦めたのかも知れませんね・・・・・なんてダジャレが出るくらい嬉しい話でした~

ナミアゲハもこれから相手を見つけて子孫を残すために彷徨うでしょうがきっとこの場所に戻ってくるような気がします・・・・・
アサギマダラのように旅する蝶じゃないので行動範囲はそれほど広くないと思います~(*´∀`*)
Commented by guri-iki at 2015-08-27 17:25
自然風さん こんばんは。
もー、自然風さんてばロマンチストでいらっしゃるのでしょうか。
波揚羽‥‥美しい〜!翅の青い鱗粉がさざ波のように見えてきました。
そうですね、私たちだけでもそう呼んであげましょうか。
‥‥と思ったらやっぱり出ましたね?帰省バチ(笑)
それにしても不思議でなりません。実際去年はこのヘンルーダで蛹になった子は全滅でした。
アオムシコバチは幼虫の頃からまとわりついて、前蛹になるのを待って針を刺すんです。
あ、くっ付いてる!と思って払ってみるのですが、飛ぶことは殆どなく、くるっと幼虫の上を手の届かないところへ移動してしまいます。
彼らもまた必死なのでしょうけど、思い入れはアゲハの方にあるので‥‥憎いばかりですワ。
この子は多分男の子なのでお花が咲いてなければ来ることはないと思いますが、サイクルとしてもう一回くらい卵を産みに来る子がいるんじゃないかなと思っています。
<< Tiger Beetle | ページトップ | 晩夏の花火 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin