Top
まぼろし

d0166451_23530443.jpg

たった1日の命

短い種類では4、5時間とか

しかも飲まず食わず


ただ命のリレーをするためだけに大人になるというの?


二重ガラスに映ったその姿は

図らずも儚い幻影のようでした



キイロカワカゲロウ










でも角度変えたら‥‥

d0166451_23530476.jpg

ゆ う た い り だ つ ーー



カゲロウさん、ごめん
本当にごめん






[PR]
Top▲| by guri-iki | 2015-07-30 00:14 | 生きものばんざい | Comments(18)
Commented by butanekoex at 2015-07-30 07:46
ぐりこさん、やばいです!
ナミアゲハで泣かせていただきましたが、このキロカワカゲロウの儚さと美しさ、心洗われました。
以前も書きましたが、私は昆虫が苦手なのですが、
なんだろうーーー
見る目が変わってきたというか、
興味がわいてきたというか。
ほんっとうに、ヤバイです!!

虫って、、、きれい。
Commented by h6928 at 2015-07-30 09:44
二重ガラスですかぁ~!?
いつもながら、目の付け所がシャープですね。
(このCMの会社は窮地のようですけど)
生態写真とか、図鑑写真のようになりがちな、
頭の固いボクには羨ましい視点ですよ(^o^)

それにしても、カゲロウさんって、良く前脚を上げるポーズしますよね。
ここに写っているコは、特にすごいですね。
これからバク転しそうなほど、反ってるじゃないですか。
あるいは、後ろ向きにトスを上げたバレーボールの選手みたい。
儚い命に逆らっているようにさえ、見えるようですね。
Commented by ericanada at 2015-07-30 14:53
こんにちは。
コメントありがとうございました。
はじめて見せていただきますが、素敵な昆虫写真をお撮りになるんですね~。
この蜻蛉の幻想的な雰囲気、素敵です!
どうやって撮ったんだろうと、しばし考えてしまいました。
Commented by oneman_avi at 2015-07-30 14:59
ぐりこしゃーーーーーん、コンニチハ^^
カゲロウね、この発想・・・腰がぬけた。爆
うわ!!!!って。

小さい頃、父の田舎(奈良吉野)へお泊り行くとね
脱衣所の洗面台の鏡にイッパイくっついてて
それが気持ち悪かった。笑
なんか、懐かしい良き思い出が蘇ってきました^^
子供の頃の夏休みがフゥゥ♪・・・って^^
まさかね、その気持ち悪い、怖かったカゲロウを
ぐりこさんのお写真を拝見し
美しいーーーーーーー。と言ってるとは。笑
ほんと、素敵・・・・です。

あ、勝手にリンク貼っちゃってスミマセンでした^^;
でも、あの小さい「ぃ」で歌ったら上手くいった。笑
いつも素敵なお写真を有難うございます^^
Commented by kkai0318 at 2015-07-30 17:07
こんにちは。
渓流に居ると、見る機会が多いので思わずコメントしました~。

夕方にたくさん孵化して、水面を踊る様をよく眺めています。
その情景は夕日に照らされて、神秘的ですらありますね。

上下に飛ぶ種類や、団子みたいに固まる種類・・。
釣りする手をふと止めて見入ってしまいます。


幽体離脱の声はザ・たっちでバッチリ再生されましたよ(笑

ぐりこさんの視点は愛情があって切なくて・・面白い!
Commented by nori_natural at 2015-07-30 19:16
こんばんは、ぐりこさん。
蝉は地上に出てから1週間の命と聞いた事が有りますが
カゲロウはたった一日しかないんですか
初めて知りました。
虫たちの写真は撮るけど生態は全く知らないんですよね。
右に映った姿が今にも消えそうな
儚い命を表しているようで切ないです。
素敵なお写真と説明、ありがとうございました。
また一つ勉強になりました。
Commented by runa_yuzu_love at 2015-07-30 19:56
お久しぶりです♪
出たね〜 幽体離脱~~笑
かげろうってこんなに綺麗だったのね
そこで一句
儚きも 命をけずる 美しさ… お粗末でした。。
Commented by shizenkaze at 2015-07-30 23:16
カゲロウたちは水の中にいるニンフの時代から羽化して最初の『ダン(亜成虫)』になってから『アダルト(成虫)』になりますね〜
私は30年間フライフィッシングをしていたのでこんなカゲロウによく似たフライ(毛鉤)を作って使っていました
川や季節によって見られるカゲロウが違うので調べて作っていたので面白かったです~
作るにはモンカゲロウが作りやすかったです~

キイロカワカゲロウは長良川の中流辺りでも見かけるカゲロウですね~
Commented by guri-iki at 2015-07-30 23:51
butanekoexさん こんばんは。
いやーん!こっちの方がヤバいです!
確かに私の目標はそれなのですけど、本当にこんなふうに思ってくださるとは‥‥(涙)
だとしたらマクロレンズのお陰かな。
肉眼で見ることのない距離だから見えてくるものがあるわけで、そこに感動があったら興味が湧きますよね。
私自身もそうやってズブズブ虫の世界に入り込んでおりますのよ〜。
身近な虫ちゃんしか撮れませんが、楽しんでいただけるよう頑張りますね。
時々気持ち悪かったらごめんなさいよ〜。
Commented by guri-iki at 2015-07-30 23:51
h6928さん こんばんは。
二重ガラス、しかも自宅のサッシ!この安上がりなシチュエーション。
目の付け所といいますか、そこにこの子がいてくれたから、ですね。
いやいや、h6928さんのピントのシャープさは素晴らしいですもん。
だからすごく生々しいです(良い意味で)顕微写真に近いくらいじゃないでしょうか?
私は腕がないので真っ向勝負ではなく隙間を狙ってるんですよ。ふふふ。
> カゲロウさんって、良く前脚を上げるポーズしますよね
目からウロコが落ちました。何枚も。
これ、触覚じゃなかったんですね!確かに足と思ってたものは4本しかない!
わあ〜ツンツンポーズだったんですね。素晴らしい反りだわ〜。
確かに今ちょっと見る目が変わりました(笑)
Commented by guri-iki at 2015-07-30 23:52
ericanadaさん こんばんは。
こちらこそありがとうございます。
ericanadaさんは虫ちゃんは大丈夫ですか?
ここは時々ひょえっ!ていうのが登場しますので、びっくりさせてしまったらごめんなさい。
私はものすごく行動範囲が狭いので目の前にあるチャンスは逃さないのですよ〜。ふふ。
ericanadaさんがお住まいのところには見たこともないような花や虫がいるんでしょうね。
またブログの方、楽しみに覗かせていただきます!
Commented by guri-iki at 2015-07-30 23:52
aviさん こんばんは。
ガラスに留まっている虫ちゃん、もれなく観察してしまいますのよ〜。
以前も蝶々とかカマキリとか撮ったんですけど、どれもちょっと非日常な感じになりました。
チェックですよ、ガラス。(って虫前提の話してすみません)
あ〜、確かに虫ってノスタルジックな気持ちになることがありますね。
aviさんのずっと開けてなかった記憶の引き出しが開いたんですね。
私もアブラゼミの大群の耳鳴りがするような声を聞くと、夏休みの学校のプールの帰り道を思い出します。
あの気だるい体でトボトボ歩く感じ。
リンク、いえいえ、私なんかが呼びかけていただいてよかったのかと。
ぃヨコハマ〜♪ 気に入っていただけて良かったです。ヘビロテ決定ですね(笑)
Commented by guri-iki at 2015-07-30 23:52
kkaiさん こんばんは。
そうでした。kkaiさんは渓流釣りをされるんでしたね。
フライフィッシングの疑似餌にカゲロウみたいなんありませんでしたっけ??
全然わからない世界ですが、イメージとして毛羽立った虫みたいなのが浮かびます。
夕方のその様子、かなりリアルに浮かんできますよ。
以前山間で飛ぶトンボのきらめきを撮られていたことがあったでしょう?あの感じが過ぎりました。
> 上下に飛ぶ種類や、団子みたいに固まる種類
とても興味深いです。ああ〜めちゃくちゃ見てみたい。
カゲロウは乱舞した後、川魚のご飯になるのですね。うまくできてますね。
幽体離脱、わかってくださってありがとうございます!その通りでございます(笑)
Commented by guri-iki at 2015-07-30 23:53
noriさん こんばんは。
カゲロウは儚いものの代名詞のように使われますよね。
全部が全部一日で死んでしまうのではないようですが、最短で30分とか1時間という種類もいるようです。
たった1時間で何ができるのかな。カゲロウに生まれなくて良かった‥‥
虫の写真を撮るとパソコンに取り込んで見ているうちに調べないと気が済まなくなるんですよ〜。
で、調べるけど半分以上忘れます。調べるという行為に満足しちゃう。
二重ガラス、面白い仕事をしてくれました。
カゲロウだったからこの効果がハマったんでしょうね。
Commented by guri-iki at 2015-07-30 23:53
るなりんさん こんばんは。
お久しぶりです〜。お加減はいかがですか?
こんなところへ来てくださったのだから少しだけ復活?
でも無理せずゆるゆると、でございますよ。
幽体離脱、ウケていただけましたか。不謹慎極まりないですよね、このオバサン。
一句、美しゅうございます。
命を削るような極限状況、体験したことがないので輝くこともなくここまできてしまいました。
ああ‥‥
Commented by guri-iki at 2015-07-31 00:05
自然風さん こんばんは。
わあ。お詳しい!
さっき↑のkkaiさんのところで疑似餌ってカゲロウっぽかったんじゃ?とコメントしたところでした。
ニンフ、ダン、アダルトですか。こんな、さりげなく使ってみたい気がします(笑)
> 川や季節によって見られるカゲロウが違うので調べて作っていた
フライフィッシングの疑似餌ってそんなにデリケートなものなのですね!
で、やっぱり食いつきは違ったのでしょうか。

このカゲロウは平地でも普通にいるようですね。
私の家は川に近いわけでもないんですけど来ていました。
午前中ずーっと留まっていたので、命が短いのにこんなとこで油売ってていいのかと心配してしまいましたんわ。
Commented by peasantry at 2015-08-03 07:26
うつくしい・・
Commented by guri-iki at 2015-08-03 22:52
peasantryさん こんばんは。
この生き物は儚いという潜在意識があるから美しく見えるのでしょうかね。
コメントありがとうございました。
<< Warp! | ページトップ | 盛夏 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin