Top
ハートせつなく

d0166451_23542055.jpg

ハートを背負ったビジュアルがとても可愛らしいこの虫ちゃん。

こんなにキュートで幸せを呼びそうなのに‥‥この子はみんなが思わず一歩引くあの虫なのだ。


その名も エサキモンキツノカメムシ(長っ!)


エサキさんにちなんだ・黄色い紋のある・ツノカメムシ と言うことなのだそうですよ。

この子のハートの紋は黄色じゃないですけどオスは黄色いんだとか(さあ検索してみましょう)





d0166451_23545491.jpg

上の写真を撮っていたら「ぶ」という羽音とともに私の服に一匹着陸!

思わず ギャ! と叫んでしまいましたわ。


そんなつもりはなかったのに。カメムシという潜在意識が‥‥

いや、実際かわいいナリしてちゃんとぶっ放すらしい(爆)


ううう‥‥せつない。





d0166451_23545716.jpg


別の日、時期が過ぎたオミナエシに小さな虫ちゃんが密集してるのを見ました。

何だこれ一応撮っとくか~と一枚だけシャッター押して、家でアップにして見てみたら‥‥


d0166451_23545962.jpg

あらかわゆい!

とんがり帽子かぶったメルヘンチックな顔が~v



どうやらこの子たち、エサキモンキツノカメムシのお子さんのようです。(2齢?)

カメムシって成虫になるまでに5回も脱皮するんですって!

その度に模様が変化する種類が多いらしく。



おもしろいですね。また一つ興味の対象が増えました。

ついにカメムシまで来たよ!

おばちゃん、もう敬遠しないからね。フフ。











d0166451_23550266.jpg


噴火の翌日、近所から撮った写真です。

煙ってぼんやりしていたのでコントラストを触りました。(100キロくらい離れているので)

私自身登山はしませんが随分馴染みのある山です。

私の住む地域では、少し小高い場所へ行くともれなくこの山が見えると言っても過言ではありません。

若い頃にはスキーに通いました。子どもが小さい頃はキャンプにも通いました。

去年の秋、今年の夏には開田高原から目の前にどっしり佇むこの山を眺めました。



とてつもない自然のエネルギーを前に人は翻弄されるしかないのですね。

胸が痛いです。



どうか一日も早く、山に取り残された方々が下りて来られますように。







[PR]
Top▲| by guri-iki | 2014-10-01 00:03 | 生きものばんざい
<< 赤の波 | ページトップ | 鰯の大群 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin