Top
いのちの輝き
陽射しの無い湿気いっぱいの草原
頼りなく飛ぶ小さな蝶を目で追いました。


あ、留まった‥‥




d0166451_23284832.jpg


色褪せたボロボロの翅‥‥胸がキュッとなりました。




d0166451_23353397.jpg


あなたはツバメシジミの女の子ですね?

オレンジ色の目印がなくなってしまっているけど、きっとそうだと思います。




d0166451_2341110.jpg


ああ‥‥あなたはお母さんだったのですね。

シロツメクサの花に次の命を託していました。




d0166451_23434381.jpg


彼女は何を思っていたのかしら。

産まれてくる子と会うこと無く命を終える虫たち。

人間の感情を当てはめるのはナンセンスなのでしょうが‥‥

何とも言えない切なさがずーっと胸に残っています。




夏はこれからなのに世代交代は淡々と行われるのですね。


d0166451_23593516.jpg


すぐそばの木では生き抜いてきた証を背負ったヒカゲチョウが‥‥





d0166451_024139.jpg


そしてその下では色褪せたベニシジミが‥‥



残り少ない命を輝かせていました。

[PR]
Top▲| by guri-iki | 2014-07-07 00:11 | 生きものばんざい
<< とっちゃんぼうや | ページトップ | 触覚大王 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin