Top
blue blue

d0166451_23174171.jpg






d0166451_23174539.jpg






d0166451_23174958.jpg

本当のわたし。

[PR]
Top▲| by guri-iki | 2014-06-15 23:20 | 植物 | Comments(6)
Commented by shizenkaze at 2014-06-15 23:35
紫陽花の花には両性花と中性花(飾り花)がありますが飾り花の中に見られる小さな花が好きです・・・・・
蕾のままでじっとしているものもあれば綺麗に花開いてシベをいっぱい広げているものも見られます~

紫陽花はアジサイ・・・・・
『味のある妻(味妻)』になれよと嫁いだ娘に笑いながら話す父親の私~♪
Commented by aya_nan at 2014-06-15 23:45
こんばんは。
私の思うブルーの花って貴重で繊細なイメージ。
それでいて芯の強さを持っている・・・かな^^

私も今日、買い物に行く途中の山道にあじさいを見つけました。
バラの写真も撮れないうちにアジサイ・・・・(^^ゞ

Commented by h6928 at 2014-06-16 10:47
ブルーですか・・・。
実は、何と!ボクもブルーです。
気持ちが・・・ね。
よどんだブルーで、晴れ渡ったスカイブルーじゃないんですよ。
空元気を出してナントカやってますけど。
大きな花の固まりに見えても、
本当の花は装飾花の真ん中のちっちゃいのが・・・自分。
見かけ倒しの虚飾に満ちたアジサイのような、
時々嫌になる自分・・・です。
Commented by guri-iki at 2014-06-16 22:00
shizenkazeさん こんばんは。
紫陽花って奥が深いですね。
単に花びらに見えるのが萼で真ん中につぶつぶ集まった小さなのが花、その程度の認識でした。
両性花と中性花の説明を読んでちょっと(いや、かなり)混乱しました(笑)
飾り花であろうと思っていても花粉が出ているものがあったり…私なんかは区別がつけられないかも。
人の手で改良された結果がこの曖昧な部分なのですね。
「味妻」ですか。素敵なお父様の言葉ですね〜。
この季節、結婚式のスピーチでお話しされたら忘れられないお話しになりそうですね〜。
Commented by guri-iki at 2014-06-16 22:00
あやなんさん こんばんは。
ブルーの花って紫がかったものは多いですけど、本当の青って少ない気がしますね。
貴重で繊細というイメージはそんなところから来るのかもしれませんね。
わすれな草、オキシペタラム、デルフィニウム‥‥それくらいしか浮かんできません。
あ、でも朝顔には結構あるかしら。
紫陽花もブルー系は涼やかでいいですね。ピンクよりも好きです。
紫陽花は花期が長いし、バラも四季咲きはまだまだ続きますよv 
お花と向き合って和んで下さいませね。
Commented by guri-iki at 2014-06-16 22:00
h6928さん こんばんは。
あららー。明るいh6928さんがどうなさったのでしょうか〜。
まあね、生きてりゃブルーな気持ちにもなりますよね。
私も元々が楽観的じゃないので、大抵胸や頭の隅に気持ち悪い何かを抱えておりますです。
そして自分のことは‥‥やっぱり好きじゃありませんね〜。
あ、気分が必要以上に落ちるのは梅雨時の気圧のせいもあるかもしれないですよ〜?
何か他のもののせいにしちゃうのもアリですよ!
飾り花も昆虫を誘うという立派な役割があるそうな。
私はそんな役でもいいなあ〜と思っております。ふふふ。
<< しあわせふとん | ページトップ | 六月の涼 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin