Top
わたしのバラ帳 2014③

d0166451_0185760.jpg


マチルダ 1988年 フランス


金曜の夜ですね。一週間の中で一番好きな時間ですv
今日はフリフリで乙女チックなもの、花びらの重なりが美しいものを中心に選んでみました。







d0166451_0202027.jpg

アルデンテ 1998年 ポルトガル

アルデンテってあのパスタの?って思ったけど綴りが違っていましたね。
ポルトガル語で「燃えている」ですって。意外!そんなイメージだったのね。





d0166451_0203088.jpg

ケア2000 2000年 イギリス

このグラデーションは芸術的に美しいと思う。





d0166451_0204066.jpg

お邪魔してますv





d0166451_0205081.jpg

スカイライナー 1980年 ベルギー





d0166451_021760.jpg

厳島 2012年 日本

文字通り広島のあの名所です。サーモンピンクというか珊瑚色というかとても綺麗。





d0166451_021223.jpg

ローズコロナ 2012年 日本

花びらの重なりが半端無い!いかにも新しいバラだなあと思いますね。





d0166451_0213347.jpg

クイーン オブ スウェーデン

この花も毎年撮ってる気がします。
乱れた花が殆どなくてシュッとして気品があるんです。





d0166451_0214671.jpg

ベンジャミン ブリテン 2001年 イギリス

こんなに濃い色なのにこの春一番好きだと思ったかも。





d0166451_0215611.jpg

フェリシテ パルメンティエ 1834年以前

オールドローズですね。写真では解りづらいですがこの花びらにして結構小振りです。
とってもよい香りv





d0166451_0228100.jpg

タモラ 1983年 イギリス

この花も毎年撮っているような‥‥。だってこの美しさですよ!?





d0166451_0222368.jpg

モリノー 1994年 イギリス





d0166451_0223842.jpg

バタースコッチ 1986年 アメリカ

この花もよく撮ってる気がする‥‥好きなんです、このくすんだ黄色が。





d0166451_0225149.jpg

トランクウィリティ 2012年 イギリス




d0166451_02315.jpg

ホワイトクリスマス 1953年 アメリカ

シミがあったり崩れていたりしたところしか見たことがなくて、
名前負けじゃん?って思っていましたが‥‥大輪で息を飲む美しさでした。
この時期を逃したらアウトなんですね、きっと。




今日のところはこれくらいで。
疲れて参りましたが残すはあと一回です。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2014-05-24 00:23 | 季節 | Comments(8)
Commented by runa_yuzu_love at 2014-05-24 10:35
厳島の名前の薔薇があるんですね
初めて知りました
広島では見たことないです
でも広島県人としては嬉しいな (^^♪
Commented by h6928 at 2014-05-24 11:09
今回は乙女チック路線ですか。
トップのフリフリ、花びらも薄くてか弱そうで良いですね。

白い花は、酸性雨かなんかのせいで、シミが出来たりして、
可哀想なのが多いですけど、
大輪の白バラの本来の美しさは惹かれるものがありますね。
良い状態の白バラを見せていただきました。

くすんだ色・・・花盛りなのに枯れたような花を咲かせている品種もありますね。
Commented by Lappy_man at 2014-05-24 22:09
薔薇って、もの凄い種類ありますね~
「厳島」には私もビックリ

毎年撮影はしてますが、あまりに名前が多くて
覚えようとしてません(^^ゞ

フリフリの花びらの薔薇も可愛いですが
ケア2000のような凛とした花びらの薔薇が
薔薇らしくて好きですね~
Commented by guri-iki at 2014-05-24 23:33
るなりんさん こんばんは。
いつもありがとうございます。
そうでしたね!るなりんさんは県民でいらっしゃいましたねv
漢字のカタいイメージとのギャップに驚きましたが、あの朱色の鳥居を思い起こさせました。
広島バラ園というところが出しているバラのようですよ。
http://www.rakuten.co.jp/auc-hiroshimabaraen/
Commented by guri-iki at 2014-05-24 23:42
h6928さん こんばんは。
いつもありがとうございます。
枚数リサイズしてアップするのに精一杯でなかなかお伺いできなくてすみません。
乙女チック=フリフリっていうのは短絡的過ぎるのですが、たくさん撮り過ぎてもうそれしか思い浮かびません〜。
バラには水滴が似合うのですけど、確かにそれで傷んでしまいますよね。白い花は特にそう‥‥。
咲き始めの時期だからこその美しさが今はありますね。
くすんだ色はやっぱり男の人には魅力ないのかしら??


Commented by shizenkaze at 2014-05-24 23:52
フリフリバラが可愛いですね~
でも書かれている薔薇の名前を見ていると全部ダジャレにしてしまいそうで怖いです~(´;ω;`)

タモラを見るとどうしても『いいとも~!』と言いたくなります~><
Commented by guri-iki at 2014-05-24 23:56
Lappyさん こんばんは。
コメントありがとうございます。
バラ、すごい品種がありますよね。
私が行くこのバラ園は日本でもトップレベルの7,000品種と言われていますが、世の中には2万種以上あるんだとか。
まるでピンと来ません(笑)
私も名前は覚えられないですよ。
ただ毎年撮ってると好きな色、花姿は繰り返し撮ってしまい、そう言うのは覚えてしまいます。
名前の数だけ思い入れがあると思うと、ちゃんと意識しなきゃっていう思いはありますけどね〜、なかなか。
男の方は高芯の「The バラ」という感じの花姿を好まれますね。
フリフリはアンティークなイメージもあり、女性に人気ですv
Commented by guri-iki at 2014-05-25 00:14
あ!shizenkazeさん こんばんは。ニアミスでした。
名前をダジャレに‥‥そうでしょうとも、そうでしょうとも〜(笑)shizenkazeさんならではの楽しみ方が出来ますね!
タモラは以前私も「タモリじゃないのよ」とやった記憶があります(爆)
私はいつもタラモサラダが浮かびます。
色もちょうどそんな感じだし〜(イメージ台無しですね)
実際タモラは「シェークスピアの戯曲に登場するゴート人の女王の名前」から来ているそうですよ。
<< わたしのバラ帳 2014④ | ページトップ | わたしのバラ帳 2014② >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin