Top
季節のおしゃれ

クリスマスが近いので



d0166451_2349260.jpg



赤いブーツ、履いてみました。

‥‥どない?



ワカバグモ





世の中には様々な恐怖症がありますが‥‥

一番多いのは「蜘蛛恐怖症」なんだそうです。

私には理解できません。

大きいのは確かに気持ち悪いと思うこともあるけど、発狂するレベルにはほど遠い。

ダメな方はこんな柔らかい優しい色の蜘蛛でもダメなのかなあ?

グミみたいで綺麗なんだけどな。

ちなみにこの蜘蛛はこの姿で越冬するらしいです。

頑張れ〜vv
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-12-13 00:02 | 生きものばんざい | Comments(12)
Commented by h6928 at 2013-12-13 10:24
小さなクモの姿を良く捉えましたね~♪
影が長く伸びて、いかにも初冬って雰囲気だし・・・

昔、NHKTVの自然番組で、
この姿勢でお尻から糸を出して、
風に乗って飛び立つ映像を見た記憶が蘇りました。

いつの日にか、その場面を撮ってみたいなぁ~。
Commented by a at 2013-12-13 20:16 x
ロナルド・ウィーズリーさんもクモ嫌いでしたなあ、なんて思い出す年末です

虫は屋外で見るなら平気ですが屋内だとちょっといやん、な気分になります

お互い踏ん張っていきましょうヌフフ
Commented by shizenkaze at 2013-12-13 23:19
いつも仕事をしながら聞いているFMのパーソナリティーの女性が『蜘蛛好き』で蜘蛛を愛好する同好会に入っていると言っていました~

高校時代に仲の良かった生物の先生が『叢の1m×1mの中に入る蜘蛛を数えるとしたら50匹は見られる』と言っていたのを思い出しました
特別蜘蛛は好きじゃないですが小さな蜘蛛がいても無視しています~
大学の時に下宿していた大阪の田舎では掌くらいの蜘蛛がいました
初めて見た大きさなので友人と一緒に『河内のタランチュラ』って呼んでいました・・・・・^^
Commented by nori_natural at 2013-12-14 22:15
こんばんは、
流石ぐりこさん目線ですね。
蜘蛛がこんなに赤いブーツを履いてるなんて知りませんでした。
蜘蛛の巣だけでなく本人さんも光によって凄く綺麗に見えたりしますよね。
Commented by guri-iki at 2013-12-14 23:48
h6928さん こんばんは。
お返事遅くなりました。ごめんなさい。
マクロの醍醐味ですね〜。小さい虫を見つけるのは結構得意ですv
そして写真に撮ってパソコンで見て、肉眼で見えなかったところを見て「おおっ!」ってなるんですよね。
影のところ、気付いて下さったのですね!感激です。
> この姿勢でお尻から糸を出して
まさにそのシーンでしたよ!って瞬間の糸は見えなかったのですけど、やたらこの格好をしていまして知らぬ間に別の石に糸がかけられておりました。
光の角度がうまく合うと見られるんでしょうね。
Commented by guri-iki at 2013-12-14 23:49
aさま こんばんは。
お返事遅くなってゴメンナサイ。
私も蜘蛛の話をする時は大抵ウィーズリーさんが頭に浮かんでおりますよ。
蜘蛛嫌いじゃなくてもアラゴグさんはアウトですが、ロンは小さな蜘蛛がゾワゾワ移動してるのを見て引きつってましたものね。
家の中の蜘蛛は確かにちょっと困りますな。
仕事部屋のデスクの近くで孵化させてしまったらしく、子蜘蛛がわらわら出て来た時は「ヒー!」ってなりました。
aさまも追い込みの時期ですね。頑張って下さいまし!
Commented by guri-iki at 2013-12-14 23:49
shizenkazeさん こんばんは。
お返事が遅くなりました。ごめんなさい。
恐怖症の方がいる一方で愛好家もいるわけですね。同じ人間なのにおもしろいわ〜。
蜘蛛恐怖症の方は蜘蛛の何がダメなんでしょうね。
> 叢の1m×1mの中に入る蜘蛛を数えるとしたら50匹は見られる
えええー!そんなに!? 地面の中に潜んでるやつもいるのかな。
掌くらいの蜘蛛‥‥ひょっとしてアシダカグモっていうやつじゃないでしょうか。
数年前、一度だけ我が家の居間にお出ましになったんですよっ!
見たことも無い大きさだったのでさすがに引きました。
息子は蜘蛛がかなりダメな方でして、数日気配を気にしてビクビクしておりましたよ。
Commented by guri-iki at 2013-12-14 23:49
noriさん こんばんは。
少しご無沙汰しております。すみません。
小さな虫や花はマクロで撮ると発見が多いですね。
宇宙は外にばかりではなく、内にも広がっているのを実感します。
たまたまこの個体は「膝から下」という感じで赤かったので「ブーツ」と例えましたが、
他には足全体が赤っぽい子、逆に赤みの無い子など色々いるようです。
小さな虫にも個性があるのですね。個体差、と言うのかな。
蜘蛛はどっちかというと嫌われ者ですが、おっしゃる通りよく見ると美しかったりメカニックだったりしますよね。
Commented by greenfloral at 2013-12-14 23:54
ぐりこさん、こんばんは。
こんなにキレイな蜘蛛がいるんですねー
私も蜘蛛、好き?嫌い?と聞かれたら好きとは答えられないけれど、
子どものころ、身近に見てたせいか「絶対に無理ー!」(笑)ってことはないですね。
ぐりこさんのおかげで虫を見る目が変わりましたよ。
楽しい文章とステキな写真で興味がでて、実際に見てみたいなって。

お疲れのご様子。
月並みですが、無理をなさらずお過ごしくださいね。

Commented by guri-iki at 2013-12-15 22:32
ぐりさん こんばんは!
夕べニアミスだったんですね。睡魔に負けて寝てしまいました。すみません。
蜘蛛が好きという方は多くないですよね。不吉の象徴として見られたりもしますし。
でも年を重ねたら、小さな虫にも命があり精一杯生き抜くのだと強く感じるようになり、愛情を持って写真に収めるようになりました。
なのでぐりさんの「おかげで虫を見る目が変わりましたよ」と言う言葉、めちゃくちゃ嬉しいです!
私が撮るのは身近にいる虫ばかりなので、きっとぐりさんも意識すれば見られると思いますよv

お気遣いありがとうございます。
ブログは楽しくありたいので不調をこぼすことは避けたいのですが‥‥年なのかなあ、なかなか脱出できません。
ぼちぼちやっていこうと思っております。
Commented by shizenkaze at 2013-12-15 23:07
今調べてみましたら『アシダカグモ』でした・・・・・
大阪の南河内の下宿屋にはこんな蜘蛛がゾロゾロいました~
この多きさはちょっと退きますね・・・・・><
Commented by guri-iki at 2013-12-16 00:13
shizenkazeさん こんばんは。
あ!やっぱり〜。
ジョロウグモでビビっているレベルでは到底対処できない大きさですよね>アシダカグモ
こんな蜘蛛がゾロゾロって‥‥それは恐怖症じゃなくても恐怖症に陥る光景ですね‥‥(と打ちながら鳥肌が立ってしまったワタシ)
でもアシダカグモがいるお家にはゴキブリが少ないと聞いたことがありますよ。
どっちがいいんでしょうね。選べと言われたらものすごく迷います(笑)
<< なんきんはぜ模様 | ページトップ | 終秋 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin