Top
Welcome!

これだけは絶対記録しておかなければ!

今日はそんな思いで更新します。
だって今までの「生きものばんざい」の中で私的にトップニュースだったんだもの。



d0166451_093575.jpg




渡りをする蝶々、アサギマダラです。

これ‥‥何処で撮ったと思います?


d0166451_0135033.jpg




なんと我が家なの! 
嘘じゃないの。これ、うちの庭なんですよっっ!(テンションMAX!鼻血ぶぶー)




始まりは一週間程前。
義母が「ぐりこさん、あなたが言っていた青いアゲハが来たよ」の言葉から。
青いアゲハ?アオスジアゲハの話なんかしたか?と記憶を辿っていると
「ほれ、藤袴に来るって言っとったでしょう」と。

え?まさか、と思いましたとも。
だって義母の言う大きな蝶はみ〜んな「アゲハ」なんですもん。

「また飛んで来たら呼ぶわ」の言葉を半信半疑で気にしつつ、仕事に追われる日を過ごしておりました。


そして昨日の朝。(あ、一昨日になっちゃったか。24日のことです)
「ぐりこさ〜ん、蝶々、来たみたいよ〜」の声にベランダから下を覗くと‥‥

本当に来てた!藤袴の花にアサギマダラが1頭!!

慌ててカメラを掴んで庭に下りました。

逃げることもなく、ひらひらと目の前を優雅に舞い、藤袴に留まっては吸蜜するその子を
私は夢中で撮りました。

どこから飛んで来たの?ここは南下のルートなの?
よく見つけられたね。家と家に挟まれた狭い庭の花を。


3年前、初めてアサギマダラを見てその習性に惹かれ、いつかは家にも飛んで来て欲しいと藤袴を増やしました。
まさかこんなに早く願いが叶うとは。

‥‥私、持ってんでしょうか。



d0166451_048036.jpg


よく見ると翅がボロボロの男の子でした。
こんなになるまで飛んで、またここから飛び続けるんだと思ったら胸がキュッとなりました。

もう二度と会えないけど、どうか力強く目的地まで飛んで欲しいよ。
そして来年も立ち寄って欲しいと願っています。

義母も「藤袴、増え過ぎて困るから処分しようと思っていたけど、これからは増やすことにするわ!」と、すっかり感動した様子。

‥‥ふふふ。私の影響力もなかなかのもんだわ。
しめしめ、なのだわ。(爆)
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-10-26 01:01 | 生きものばんざい | Comments(12)
Commented by midori_midori712 at 2013-10-26 02:47
ぐりこさんの庭がアサギマダラの飛来地になったんですね(笑)。
コース的には長野や岐阜の高地で夏を過ごしたアサギマダラが
日本列島に沿って沖縄や台湾方面に南下するので、
ぐりこさんの所在地(中京地区?)を通る可能性はあるんじゃないでしょうか。

それにしても…よく♂♀見分けつきましたね。
やっぱぐりこさんはマニアックだわ。。。
Commented by Lappy_man at 2013-10-26 08:54
すごく興奮されているのが、文章から伝わってきました。

アサギマダラという名前すら知らなかった自分にとってはもの凄く??
だったのですが、調べてみたらわかりました。

もの凄い距離(2000km!?)を移動するんですね
それが自宅の庭に来てもらえたとなると、それは奇跡
隣の庭だったら気がつかないですもんね

確かに”持ってらっしゃる”

その熱意がお義母様にも伝わったんでしょう

私もよく性別がわかるんだなぁと思ったら、「性標」の有り無しで
わかるんですね。
確かに「あり」で♂ですね。

ほんと、よかったですね(^.^)
Commented by eomai at 2013-10-26 21:43
こんばんは~

良かったですね~~♪ ♪
来ましたねぇ~~♪ 甘い蜜に誘われて ヽ(^o^)丿
今季・・・個体数が少ないと聞いていましたが......

また来年も楽しみが増えましたねぇ~~!!

この蝶だけは「頑張れよ~~!」と声を掛けています(笑)

ありがとうございました。
Commented by guri-iki at 2013-10-26 23:53
烈風さん こんばんは。
フジバカマを増やせば有名飛来地になるかも、ですよ。
でも猫の額程の庭なので増やしても知れてますのよ。とほほ。
我が市ではここから30分くらいの山の上の薬草園に集団で飛来することが知られているのです。
そこから来たのかなあ?と思いましたが、だったら南下じゃなくて北上になっちゃうので‥‥
見えないだけで、きっと上空には色んな方角からのアサギマダラが時を同じくして通過してるんだなあ、としみじみ思っています。

雌雄の区別はですね、実は二枚目の画像が分かりやすいんです。
翅の一番下の黒い紋があるのが男の子なんですよ〜。(下でLappyさんも書いて下さってます)
マニアックじゃないですってば。(どっちかというと烈風さんの方が‥‥)
興味があることは学習できちゃうもんです。
Commented by guri-iki at 2013-10-26 23:53
Lappyさん こんばんは。
すすすみません。激しくコーフンしてましたね、深夜のワタクシ(赤面)
こういうのは朝起きて読み返して恥ずかしくなります。

わあ〜、こんな記事から興味を持って検索して下さったんですね。(性標のことまで!)
そうなんですよ、美しくもタフな蝶々なんです。
体に毒を貯めるために(天敵から食べられないように)決まった植物の蜜を吸うらしく、
その代表格がフジバカマやヒヨドリバナなんですよ。
高原だったら普通に生えているこれらの植物も、平地では意図して植えないとないわけで。
でもその花があればどこにでも来るわけでもないみたいで。
たまたま我が家はルート上にあった、ということですかね。もう私にとっては超のつくラッキーですよっ!
興味を持つと色んなことが見えて来て楽しいです。
お付き合い下さってありがとうございました。
Commented by guri-iki at 2013-10-26 23:53
eomaiさん こんばんは。
うふふふふ〜〜〜(危)
いらっしゃいましたよ。よりによってこの私のところへ!
テンション上がらないわけがないでしょう〜〜。
我が家のフジバカマは、上空からは絶対分かりにくいと思うのですよ。
家と壁に挟まれた本当に細いところに植わってますから。おまけに張り出してる庇の下だし。
人間の感覚なんて比べ物にならない感度でやってくるんですね。

>今季・・・個体数が少ないと聞いていました
そうなんですか!やっぱり猛暑の長い夏があったからでしょうか。
だとしたらルート変更で我が家もたまたま、ということも考えられますね‥‥。
そう、来年です。来年また来てくれたら確実ですよね。ね?
そして年々数が増えて‥‥10頭も舞うようになったらどうしましょう〜v
ありがとうございました。
Commented by aya_nan at 2013-10-27 15:18
思いが通じたのですね^^
良かったですね!
これは以前マーキングしていた所に遭遇した種類の蝶なのかな?
きっと大事に思ってるよっていうオーラが見えていたのかも^^
楽しみが増えましたね。
Commented by nori_natural at 2013-10-27 23:00
こんばんはmぐりこさん。
私も白い蝶はモンシロチョウ、大きい蝶はアゲハチョウ。
そちら側の人間です(笑)
写真は撮りますが名前まであまり覚える気が無いんですよね。
渡りをする蝶がいるなんて知りませんでした。
調べたら台湾にまで飛んで行くんですね。
そんな貴重な蝶がぐりこさん家のいたたんてまるで
宝くじに当たったようなものですね。
良い事があるかも。
Commented by guri-iki at 2013-10-27 23:36
aya_nanさん こんばんは。
そうですそうです!マーキングされていたあの蝶です。
うちに来た子はマーキングされていなかったので、やってみようかしらんと思ったのですが‥‥
翅のボロボロ具合にそんな気になれませんでした。
これ以上負担を負わせるのは違う気がして。

思い、通じたのかなあ〜。単なる偶然じゃないことを願いたいです。
っていうか、植えたら来てくれるのか、というフジバカマの威力を検証したい。
aya_nanさんがお住まいの県でも確認されていますよv
フジバカマを植えて誘ってみてはいかがでしょう〜。
Commented by guri-iki at 2013-10-27 23:37
noriさん こんばんは。
>白い蝶はモンシロチョウ、大きい蝶はアゲハチョウ
あはは。人間誰でも興味を持つまではそんな感じだと思いますよ〜。
私だってテレビで見るまでは渡りをする蝶だとは知らなかったです。
丁度カメラが面白くなってきて、昆虫熱が再燃し始めた頃に知ってしまったので‥‥
今こんなんなのです(爆)

本当におっしゃる通りです。夢見ていた者にとっては当たりくじと同じかも。
「良い事」はこの蝶の飛来そのものでございますよ〜。
これ以上期待したらバチが当たっちゃう。(とか言いながら願い事を考えてたりして)
Commented by shizenkaze at 2013-10-28 23:39
アサギマダラが訪問するなんて素晴らしいですね~
以前はフジバカマは園芸店などでも少なくて野に咲いているヒヨドリバナやヨツバヒヨドリにサワヒヨドリって花に来るのを待っていましたがフジバカマが咲くとやって来るので庭があるなら植えたいですね~

今日はキダチコンギクの花にシータテハがいました
蝶達も秋を堪能していますね~♪^^
Commented by guri-iki at 2013-10-29 23:02
shizenkazeさん こんばんは。
お返事が遅くなりました。ごめんなさい。

アサギマダラって会いにいかなければ見られない蝶だと思っておりました。
なので来てくれたことはすごく嬉しかったのですけど、同じぐらい「意外!」と思いました。
ヒヨドリバナもフジバカマも同じ種類の植物なんですね。画像検索してみたらどれも花が似てました。(っていうか瓜二つですね)
庭は狭くても来ることがわかりましたよ(笑)この花には他も虫たち集まって来ますね。

ヒョウモンチョウとタテハチョウが多い季節ですね。
シータテハですか。ワタシ、見分けられないかも‥‥。
寒い季節が目前。最後の時を精一杯羽ばたく子たちを目に焼き付けようと思います。
<< 水の中の彩 | ページトップ | 姫さまのベッド >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin