Top
赤と一文字

d0166451_22284392.jpg



先月訪れた乗鞍高原の画像を眺めていました。
撮った昆虫と言えばイチモンジセセリくらい。
ここまで来て自分ちのベランダでも会える蝶を撮ってもな〜と思ったけんですけどね(笑)
真っ黄の女郎花の群生の中で忙しなく吸蜜するその姿がとても可愛らしくて。
やっぱり撮ってしまいました。

地元で見る子達よりなんだか黄色くて、種類が違うのかなあ?なんて思ったんですけど‥‥
きれいに並んだ翅の斑点、れっきとしたイチモンジですよねえ。



でも、何枚か撮った中の一枚に「あれ?違うんじゃないの??」って子が写ってるのに気がつきました。
いや、勿論セセリチョウなんですけどね。


ほら、この子。

d0166451_22292546.jpg



調べてみて行き着いたのは「アカセセリ」。
よく似ている種類がいて自信がないのですが‥‥
生息地が関東から中部の高原ということなので、たぶん当たってると思いますv
レッドリスト入りの蝶々だったんですね。そっかー。


細かい種類はどうあれ、やっぱかわゆいよ、このつぶらちゃんは。

旦那に言わせると「どっちも蛾やないか。なんで蛾なんか撮ってんだ?」ですってよ。
あーあ。虫に興味の薄いオッサンはこれだからイカンわ!(怒)
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-09-12 22:30 | 生きものばんざい | Comments(2)
Commented by eomai at 2013-09-13 21:08
こんばんは~

珍しいセセリチョウ ありがとうございま~~す ヽ(^o^)丿

僕の図鑑によれば 分布:(中部山地) 食草:(カヤツリグサ科のヒカゲスゲ)
開花するマツムシソウを好んで訪れると書いてあります。

こうして図鑑を見ると アカセセリ族のファミリーも結構多いんですねぇ~~^^

ありがとうございました。
Commented by guri-iki at 2013-09-13 22:32
eomaiさん こんばんは〜。
そちらでは見ることが出来ない種類なんですねー。
解って撮ったわけではなかったけど、ラッキーでしたね、ワタシv
行動範囲の狭い私は、身近な虫たちのかわいい一面を撮ることをモットーとしてるんですが‥‥
こういうのに巡り会うと深いところまで見てみたくなりますね。
‥‥あかん!危険ですね(笑)
マツムシソウ、ちょうど先日eomaiさんとこで堪能させて頂いたとこでしたね!
そういえば、この女郎花の中にポツポツとマツムシソウも咲いていたんでした。
知ってたらもうちょっと集中して撮ったのに〜。
またひとつお勉強になりました。ありがとうございました。
<< つーーーん | ページトップ | 夕暮れサーチライト >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin