Top
夕暮れサーチライト

d0166451_00139.jpg


沈む太陽の光が雲の縁にあたってダイナミックな光芒を作り出していました。
夏は終わろうとしているけど「オレ様はここだぞ!」って主役が自己主張してるみたいですね。

本当はカメラがもっとドラマチックな色に撮ってくれたんだけど‥‥
ナチュラルモードで撮り直してしまいました。自分の目にはこの色だったので。
いつもその狭間ですごーく迷うんですよねえ。
でも、作品か記録かって言ったら自分的には記録を残している感覚なので‥‥
まあこれでいいかな〜。(なんて言ってるから上達しないんだな!)


それはそうと昼間の雲も楽しかったんですよ。


d0166451_004348.jpg

どんどん行進してくる!


空の上でも夏と秋がせめぎあっていますね。
青がどんどんクリアになり、雲が高くなって行くのを見るのが楽しみです。

とか何とか言っちゃって。実はこれは昨日の空です。
夕べアップする気満々だったのに睡魔に勝てず寝てしまいました。
涼しくなって来たら脳みそが質の良い睡眠をすごく求めている感じです。

‥‥ま、言い訳ですがね(爆)






夏も終わりに来て幼虫に手を出してしまいました。
「お、お前って子は!バシッ!」っていうアレじゃないですよ(当たり前やないか)

保護です。保護。

d0166451_011030.jpg


昨日、目の届くところにあったアゲハの蛹の周りにアオムシコバチがワアワアと飛んでいました。
蛹の側面には二つの小さな穴が。食い破って出て来たんですね。
寄生の残酷さを目の当たりにし落胆していると‥‥なんとそのすぐ傍で蛹になろうとしている幼虫がいるではないですか!
こんなに生まれたての活きのいいアオムシコバチがウヨウヨいるところで。
しかもとても小さな子です。ちょっと早まったんじゃないの?と言いたいくらい。

我慢できませんでした。
枝ごと切って保護し、瓶に挿しました。
もしかしたらもう寄生されているのかもしれないけど‥‥二週間程見守りたいと思います。
生まれてくれるといいな。


d0166451_013677.jpg

ついさっき見たら幼虫服を脱いで蛹になってた!
お行儀悪く脱いだものが足下でくしゃくしゃになってます(笑)
ああ、ホントにちゃんと生まれておいでよね。
お母ちゃんは待ってるよ。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-09-11 00:03 |
<< 赤と一文字 | ページトップ | 湿地に降る星 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin