Top
なつやすみ ~ロッジ周辺散歩編~

d0166451_22414457.jpg

一の瀬園地から見た逆光の乗鞍岳。
この日は気持ちよく晴れてたのよねえ‥‥



なかなか気分が乗らなくて更新できません。
夏休みが終わり、いきなり慌ただしい日常に戻ると、その楽しかった旅がずーっと前のことのように思われます。
もっと言うと「本当に行って来たのか?」くらいの気持ちになりテンションが下がります。
このギャップがツライ。
楽しんだんだからまた頑張って仕事しよう!ってならないとこがダメ人間ですね。はあ。

うだうだ言ってないでアップしましょうね。






宿に着いたのは4時過ぎ。
暗くなる前に少しだけ周辺を散歩しました。

d0166451_2242143.jpg

秋が来ているのを感じます。



d0166451_2250613.jpg

キラキラとあそこにも。



歩いていると硫黄のにおいが漂って来ます。
いいにおいじゃないけどいいにおい、そんな感じ。
夕食前に入りたくなって早々に帰って来てしまいました。



d0166451_22502776.jpg

夕暮れ、澄んだ空気に積乱雲が染まっています。
今日もどこかで雷が鳴ってる。




d0166451_22505246.jpg

みんなで笑って美味しいものを食べる幸せ。(しかも据え膳で!)

折角なので馬刺と岩魚の骨酒を追加注文しました。
毎回思うけど‥‥なんておいしいんだっ!!(涙)
みんな飲める口なので適度に酔っていい気分v



夜、長袖が要るほどの気温の外へ星を見に出ました。
やっぱり地元とはまるで違う星空。
こんなに星だらけなら撮れるんじゃね?と思って撮ったけどやっぱり錯覚だったね(爆)
もう私のカメラでは無理。諦めます。



そんな美しい星空だったのに‥‥



d0166451_22511848.jpg

次の日の早朝はこんな感じで。この後太陽を見ることはありませんでした。

d0166451_2251397.jpg

そればかりか宿を出る頃には、こんな雲まで出て来ちゃって。
もう完全にアウトですな。

d0166451_2252582.jpg

当然、乗鞍岳も‥‥



ずーっとずーっと晴天の猛暑で、雨が恋しかったんだけど‥‥
何もここへ来て降るこたあないじゃないか!
どんだけ心掛けが良くないかって話ですよ。ええ。

まあでもあんまり動けない親が一緒なんだから、このくらいで良かったのかも知れません。

雨が落ちてくる前に近くのいがやスキー場へ。
昔と比べると随分寂しくなりました。
子供が小さかった頃はスライダーとかあってキャーキャー悲鳴を上げて楽しんだんだけどな。
乗鞍岳へのマイカー規制で、自然は守られたのでしょうが‥‥観光地としては厳しい現状のようです。

d0166451_22524082.jpg

いがやから乗鞍スキー場を臨む。

若い頃散々滑った(転げ落ちてきた?)スキー場です。
深夜2時出発とか‥‥よく通ったもんだわ。
私はユーミン&スキー全盛期のミーハー人間なのですよ。
まさしく「私をスキーにつれてって」だったのです。(わからない方はわからなくてよろし。)


そしてもうひとつミーハーと言えば。

d0166451_2253444.jpg

これ、いがやスキー場の入り口に掲げられているのですが‥‥
昔の月9ドラマをご覧になっていた方ならピンと来るのではないでしょうか。
木村拓哉と松たか子の「ラブジェネレーション」というドラマに登場した看板です。
ここがロケ地だったのですよね。
ドラマのワンシーンで松さんが書いた文字もそのままです。
上の方には二人のサインもあります。

d0166451_22533036.jpg

哲平スケベ(哲平ってキムタクの役名ね)


ナチュラルカラーの世界に鮮やかなブルー、とても目を引く看板です。
でも不思議と嫌味を感じないんだなあ。
15年以上前のセンスなのに古くないんですよね。




ここでやはりポツポツ雨が降り出し‥‥
お天気だったら穂高を回って帰るつもりでしたが、急遽高山に変更、
古い町並みを歩いていたらやっぱり雨が落ちて来て早々に引き上げてしまいました。

d0166451_2254468.jpg


d0166451_22542326.jpg

あら。私が写ってるし!



でも最後に私の親が「今年も連れて来てくれてありがとう」と老舗で本場の飛騨牛朴葉味噌定食をご馳走してくれました。

d0166451_225449100.jpg

白飯何杯でもいける美味しさ。どうしようって思っちゃった(笑)


ご馳走様でした。
また一生懸命働くから来年も一緒に行こうね。




とりとめのない長い日記をここまで見て下さった方、ありがとうございました。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-08-31 22:56 | 風景 | Comments(6)
Commented by ちなみ at 2013-09-02 08:46 x
おお、いいですね!
ひとつ前の森の中の滑り台も、とても好き。
こういう、日常から離れる時間って大事ですよね。
頭と気持ちを全然別のものに入れ替えちゃうってことが、時々必要なんだなと思います。

良い休日を過ごされたようで(雨は降ったけど)、よかったですね。
Commented by aya_nan at 2013-09-02 17:46
こんにちは。
同じくすっかり夏の思い出をアップできずに秋を迎えてしまいそうです(汗)
乗鞍にこんな良い所があるんですね。
山育ちで回りにはいくらでも自然はあるのに
旅先で見る自然の景色は違ってみえます。

でも目が行くのは美味しそうな飛騨牛!
あ~食べに行きたい^^
Commented by guri-iki at 2013-09-02 22:08
ちなみん こんばんは!
緑に囲まれた環境は今のちなみんにこそ必要ですね。
ここへ来ると人はこういう空気や香りや音を欲しているんだと実感します。
大丈夫ですか?某所で悲痛なつぶやきを拝見しましたよ。

> 頭と気持ちを全然別のものに入れ替えちゃうってことが時々必要
‥‥ですよね。
いつも思いますけど折角逃避して来てるのに、時々頭の中を仕事が過るようではダメなんですよねえ。
それはリフレッシュしてることにならないもの。
その切り替えがうまく出来たらどんなに旅が楽しくなるだろうって思います。

あの滑り台、ことの外よく滑りましてね。
離れたところで見てたら、最後、旦那がすごいスピードで排出されてました(爆)
引きつって挙動不審になっていました。(アホやん)


Commented by guri-iki at 2013-09-02 22:22
aya_nanさん こんばんは!
楽しい思いをしたらその勢いでアップしないといけないですね〜。
は〜、なんてため息ついて写真を眺めていると、どんどんテンションが落ちて来てしまう、というのを味わいました。

乗鞍高原はいいところですよ。
温泉がすごくいいし、空気が乾燥していてとても気持ちがいいです。
一時期と比べるとペンションやロッジなんかが立ち並ぶエリアは寂しくなっちゃいましたが、それでも人気のある宿はリピーターさんで埋まっています。
aya_nanさんも機会があったら是非v それほど距離もないんじゃないでしょうか??

朴葉焼きだったので実はお肉の量は大したことなかったのですよ。
それでも我が家のような庶民の口には普段入らないランクのお肉だったので、テンションMAXでした。
それで味覚がちょっと壊れたかもしれないんですけど(爆)
Commented at 2013-09-02 23:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by guri-iki at 2013-09-03 00:12
鍵コメさま こんばんは。
そーですよ!鍵コメさまのところへ伺って「あらー同じやん」って思ったのですよ。
そういう時もありますよね。って軽く言ってはいけないのかも知れませんが‥‥そう割り切るのが一番楽かなあ、と。

親はね、やっぱり親ですから。
離れて暮らすと余計に歳をとったのを感じてしまいますでしょう?
分かっているんだけど切ないんですよね。
鍵コメさまのその旅費は裏を返せば思いやりの深さなんですよ。
お優しいですね。

鍵コメさまも少しでも気持ちに余裕が持てる時が来るといいですね。
懐かしいなんて言ってないで、その余裕が手に入ったら是非また訪れて下さいませ。

アドバイスありがとうございます。
私は半分オッサンなのでその立ち方でもOKです。
心して撮ってみます(笑)
<< ステンドグラス | ページトップ | なつやすみ ~森林浴編~ >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin