Top
なつやすみ ~森林浴編~

少し遅れて夏の休暇を取りました。
厳しい残暑から逃れようと我が家恒例の信州へ行ってまいりました。

d0166451_2157372.jpg



最近の夏の旅はもっぱら年寄り連れ。
旦那の計らいで普段離れて暮らしている私の親を誘ってくれます。
1年分の親孝行というところかしら。‥‥そんなん虫が良過ぎるか(笑)

その親もここ3年くらいの間にガクッと体力が無くなりました。
なので遠出してもアクティブに動くことが出来ません。
カメラ持参の私としては、あちこち散策に出かけて好きなだけ写真を撮りたかったのですが‥‥
今年は親と沢山会話し、夫婦と家族のスナップ写真を撮ることに徹しました。
山ほどの写真があれば帰ってから何度も見返して楽しんでくれるんじゃないかと思って。
あと何回一緒に来られるんだろう?撮らなきゃ。
そんな思いも頭を過りました。


というわけで、写真は夏休みの記録という感じでダラダラ残します。
先に言っておこう。パッとしないのよ、パッと!(涙)
普段ちっちゃい虫ばっかり撮ってるせいか広い景色に戸惑うの。まじで。






d0166451_21584013.jpg


ここは乗鞍へ向かう途中。
長野県木曽郡上松町の赤沢自然休養林です。
天然の木曽ヒノキが広がる国有林の中の公園で、非常に環境が良く、美しく、癒されます。
いわゆる「森林浴」発祥の地です。
森林セラピー基地に認定されています。

d0166451_21593487.jpg

昭和50年まで現役だったという森林鉄道が観光用のトロッコ列車として運行されており、ランニング程度の速度で渓流沿いの木立の中を走ります。

d0166451_2202046.jpg

ガタンゴトンがとても心地いい。



ここへは実に17、8年振り。
あの頃は息子が小さくて目が離せなくて余裕がなかったなあ。
ついこの前のことのように思い出せるけど‥‥
当の本人は175cmを超え、おヒゲが生え、車を運転する大人になってしまった。ああ。
私は何も変わってないのに。(あ、精神的にですよ。お肌じゃないっす)

d0166451_221033.jpg



終点に着くとみんな散策のために列車を離れて行きます。
1.5~3.5kmくらいの散策コースがいくつも用意されていて、自然を満喫しながら歩くんだよねえ。
ああ、私もヒノキの大木の中を歩きたかった。
仕方なくそのまま列車で戻って来たけど。

でも列車の先頭車を入れ替える作業の間に渓流に降りることが出来ました。
冷たい水、ひんやりした空気。
こういうとこで深呼吸すると何だかいい人になれる気がするのよね(笑)

d0166451_2252946.jpg

マイナスイオンに満ちあふれている。と思う。


d0166451_2261915.jpg

散策路と線路の間を流れる渓流は、こんな岩盤があちこちに。
水遊びをする子供、お弁当を広げる家族、そして歩く人。
みんな思い思いに自然に囲まれた時間を過ごします。


d0166451_227754.jpg

散策路を歩く人たちが列車に手を振ります。つられてこちらも。
みんな笑顔。一期一会ですね。


腰を悪くして歩けなかった母が
「前回来た時よりも何だか楽しかったわ。歳をとったからかしら?」
と言いました。
そうなんだ。楽しかったのならなにより。





そうそう、森の中にこんな気持ちの良い遊具があるのですよ。

d0166451_2275237.jpg

お尻に敷物をして滑るという、結構本格的で長い(45m)滑り台です。


d0166451_2283639.jpg

誰もいなくてつい童心にスイッチが入ってしまったウチの男子、約二名。



d0166451_2291810.jpg

ふぇ~~ひょおおぉ~~


変な叫び声が聞こえて来たので他人の振りをして立ち去ってやりました。
よい大人の皆さん、まねしないでね(爆)


とにかく何処を眺めても胸一杯に呼吸をしたくなります。
日常にお疲れの方に是非オススメしたい場所です。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-08-28 23:16 | 風景
<< なつやすみ ~ロッジ周辺散歩編~ | ページトップ | 見張り台にて >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin