Top
来客

息子がバイト帰りにお客を連れて来ました。




d0166451_23394625.jpg

こんばんは。











d0166451_23401429.jpg

兜ブン次郎と言います。夜分にすみません。




d0166451_23404043.jpg

さっきそこで車に轢かれそうになっているところを坊ちゃんに助けてもらいました。




ああ、そうでしたか。それは危なかったですわね。よかったわ。

あなた、いい体格をなさってますけど、なにかスポーツでもやっていらしたの?



d0166451_23421736.jpg

いや‥‥バンドをやってたくらいです。これでブイブイ言わしてました。
ポールって呼ばれていたんですけどね。フフフ。




折角いらしてくださったけど、うちには昆虫ゼリーみたいなグルメな食べ物は置いてなくて‥‥。
こんなんでしたらありますけど、お口に合うかどうか‥‥。



d0166451_2342473.jpg

いや、おかまいな‥‥な、なんスか、これ! スゲーいい匂いがするっ!




ズクズクになりかけたバナナなんですよ。すみませんねえ、こんなんしかなくて。



d0166451_2343245.jpg

う、うまいッス!!!
‥‥ここの子になってもいいですか。




結局小一時間バナナにしがみ付いたままでしたが、堪能したところを見計らって熱帯夜の空にお帰り願いました。



息子が子供だった頃にはよく飼育したものです。
久しぶりに立派な天然モノに出会いました。まだいるんだなあ。
連れ帰っても「何か食わせて逃がしてやればええや」と言う息子の言葉に時の流れを感じましたよ。
転がっているのを放っておけないのは血筋かな(笑)

そしてもうひとつ血筋と言えば。
何年か前に酔っぱらって駅から歩いて来た旦那が、Yシャツの胸にブローチよろしくカブトムシをくっ付けて帰って来たことがありました。
やはり「路に転がって起き上がれずにいたから」と。
今回デジャヴを見てるようでしたわ。


暦の上では「残暑」なわけですが(Decemberじゃないよ)猛烈な暑さに人間はぐったり。
でもこの子たちは勢いづくんでしょうね。
ひと夏の命、思う存分ブイブイ言わしてくださいな。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-08-08 23:46 | 生きものばんざい | Comments(12)
Commented by Lappy_man at 2013-08-09 06:19
ぐりこさんご一家、皆さんお優しいですね~
読んでて、ほっこりさせていただきました。

カブトムシ、我が家も息子が小学校に入ったころは夜な夜な探しに行きました。
今では、とんとお目にかからなくなりましたね。

それにしても立派な角
こうやってみるとやっぱりカブトムシってカッコいいですね。
Commented by guri-iki at 2013-08-09 22:45
Lappy_manさん こんばんは。
いやいや、確かに三人とも生き物に対しては愛情がある方だと思いますが‥‥人には優しくないんですよ〜これが。
歪んでます。色々と(笑)

カブトムシやクワガタ採りは男の子がいるお家だと通る道ですよね。フフ。
お陰でカブトムシの幼虫も手に乗せられる程鍛えられましたよ私は。
やっぱり減っているのかなあ‥‥。
探しに行く機会が無くなったから、っていうのもあるかもしれませんね。

そう!私も撮っててあらためて思いました。やっぱカッコええわ〜って。
子供が目を輝かせるだけの甲虫ですよ!うん。



Commented by nori_natural at 2013-08-10 19:11
こんばんは、ぐりこさん。
子供の頃は田舎に住んでいたのでカブトムシとかクワガタとか
見る事が有りましたが
こちらに来てからは全く見る事が無いです。
角だけでカブトムシの姿が浮かんできます。
Commented at 2013-08-10 21:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by guri-iki at 2013-08-10 23:26
noriさん こんばんは。
田舎、都会の違いは勿論のこと、やっぱり大人になってしまったということが出会う回数をグッと減らすのでしょうね。
ゆっくり時が流れていた頃は今となっては見えないものが見えてたりしたんですよね。

でもカメラを趣味にしたお陰でまた向き合うことができますよね!
noriさんのお写真も最近虫が頻繁に登場してて、密かにムフフとほくそ笑んでおりますの。
Commented by guri-iki at 2013-08-10 23:34
鍵コメさま こんばんは。
暑いですね!言いたくないけど暑いもんは暑い!キーーッ。
今日は我が街は39度超えでした。空気が暑くて息苦しいくらいでした。危険です。

そんな中、嬉しいお言葉をありがとうございました。
お粗末様でございました。
鍵コメ様には便利になってしまった生活の中のアナログの楽しみを思い出させて頂きました。
また楽しみにさせていただきます!ありがとうございました。
Commented by mic9999 at 2013-08-12 16:06
本当にお久しぶりです。お元気ですか~。

この角度サイコーですね。しかも、甲虫の膚のいぼいぼ感も実によく再現されておりまする。
我が家でも、虫のブリードやっている人いますから、時々、家の中で、おっきな角の虫がもそもそ這い出ているので、そのたびに、心臓止まりそうなくらい驚きます。

そちらはもちろんお暑いのは重々承知していますが、こちらも十分暑いです。暑さ自慢は、そこかしこ、って感じですね。ふぅ。
Commented by guri-iki at 2013-08-13 00:08
みくさん こんばんは! 随分ご無沙汰しておりました。
お元気でいらっしゃいますか。
私はどんどん現実逃避が強くなって、ブログもすっかりこんな感じになっております(笑)
時は流れておりますね。

あらら?みくさんちに虫を飼育する方、いらっしゃいましたっけ??
お魚と鳥さんじゃなかったっけ‥‥?
ハマりそうな方はなんとなくわかっておりますが(爆)
得意じゃないと確かにひょえーっ!ってなりますよね。
でもなんだかんだ言って容認なさってるみくさんはエライ!
お世話もきっと一緒になさってるのですね。ご苦労様です。

本当に暑いですね。言いたくないけど無意識に口を突いて出ます。
でも今日遂に我が街は四万十に破れました。
変な根性が出て来て半分悔しい気さえします。いや、40度超えはもうご免なんですけど。

Commented by kkai0318 at 2013-08-13 00:11
ぐりこさんこんばんは。
綺麗に撮りますね。愛情を感じますよ~。
ちょっとクワガタに襲われた跡がありますね。このカブトくん。

でも美味しい夢のようなひと時を過ごして幸せですね。
グズグズのバナナを持っていたのに可笑しくなってしまいました。

ご家族みんな優しいですね。
生き物を大切にする方は、話を聞くだけでも嬉しくなります。
とてもいい気分を分けて貰いました。
Commented by greenfloral at 2013-08-13 14:26
わ~、最高!!
家族皆さんの愛情を感じます。

ちなみに我が家、私は下町育ちで虫は怖くないのですが、
都会育ちの息子たちは全然ダメなんです。
男の子だから虫好きだろうと、
知り合いがゆうぱっくでカブトムシ成育セットなるものを
ご丁寧に2つも送ってくれたんですが、幼虫などは見るのもダメ、
飛ぶようになってはぎゃーぎゃー言って逃げ回ってました。
結局、私が最後まで育てあげて、自然に帰しました。

ぐりこさんのご家族に可愛がられる虫君たちは幸せですね。
Commented by guri-iki at 2013-08-13 23:09
kkaiさん こんばんは。
むふふ。わかって頂けますか>愛情。
いつも小さな虫を接写してるので、このブン次郎は異様にデカく感じました。
ごめんね〜ごめんね〜と言いながら撮りまくるオカンに息子が引いておりました。

キズ、お気づきでしたか!とても大きな個体でしたが一撃を食らってましたね。
よく見ると角の先端あたりも少し剥けてました。
ズクズクバナナは週の終わりになると必ずと横たわってますわ(爆)
この猛暑であっという間に危険な柔らかさになりますね。この子はいい時に来ました。

うちは生き物にやたら感化される人間が集まってしまいました。
自然には自然の掟があるというのを解っているのですけどね‥‥
一生懸命生きているんだなあ、この子たちも心臓が動いてるんだなあって思うと粗末には出来ません。
kkaiさんも思い切りお優しいじゃないですか!
ブログを拝見していると人となりがヒシヒシ伝わってきて、いつもいい気分にさせていただいてます。
Commented by guri-iki at 2013-08-13 23:09
ぐりさん こんばんは。
生き物に関しては愛情も好奇心もございますよ〜。
でも息子がこんなことを言ったことがあります。
「小さい生き物が可哀想な状況に置かれている時、気になって仕方がないという性格は似たくなかった。」
無視できないのがある時は苦しいらしいです。

え!男の子でもそういうもんなのですか。
確かに幼虫や毛虫なんかは気持ちの良いものではありませんが‥‥そうなんだ〜。
イメージで決めつけてはいけませんね。
送られた飼育セットで思い出しましたが。
うちも近所の人が「散歩の途中に見つけたから」ってよく持って来て下さってました。
有り難かったのですが、近所の人には息子はいつまでも幼児のままだったんですね〜。
中学生になっても「好きだったでしょ?」って持って来て下さいましたよ(笑)
家の中で飼うことはもうありませんが、虫との付き合いは一生続く気がしてます。
<< お洒落ストロー | ページトップ | 八丁くんは一丁前 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin