Top
Mission:Impossible
d0166451_234251.jpg


イーサン!油断するな!その足下は僅かな摩擦で溶けるぞ!!





な〜んちゃって。
タイトルは雰囲気だけなので深く追求しないで下さい。




d0166451_2394047.jpg



実は、彼は網戸に掴まって「外へ出られねぇ‥‥」と落ち込んでいるのです。
どこから入って来たのやら。



よく見る種類だけど、この子もスタイリッシュ。
背中のドットは勿論、青みがかった足やお腹も美しい。


外へ出してあげようと掴んだら、精一杯の抵抗で「キューキュー」と鳴きました。
実際網戸にしがみ付く力はとても強くて、力づくで引っ張ったら足もげそう、という感じ。


トレリスに留まらせたら先端までトコトコよじ上り、
パカッと翅を広げると飛んで行きました。


d0166451_2318159.jpg

ミッション完了!!



‥‥とはいえ、こうやって撮れた瞬間を見ると、へっぴりで、重そうで、
「ふんっ」っていう気合いのかけ声まで聞こえてきそうで。
妙な同情心まで芽生えてしまった私は失礼な人間でしょうか。


ゴマダラカミキリ
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-06-30 23:57 | 生きものばんざい | Comments(8)
Commented by nori_natural at 2013-07-01 22:35
こんばんは。
網戸なんですか、無茶苦茶カッコいいです。
正面からの迫力ある構図に無機質の土台
なにか映画の一シーン見たいです。
イーサン?すいません。その映画知らないんです。
Commented by guri-iki at 2013-07-01 23:51
noriさん こんばんは。コメントありがとうございます。
解って頂けますか!これがすっごくカッコイイって!
うれしいいいい〜vv
撮影の出来は置いておいて、ハイキーに正面から狙ったら、カミキリが精巧なロボットのように完璧なフォルムに見えて、めちゃカッコいい!って思ったんです。
そして浮かんだのが、そう、まさに映画のワンシーンです。
イーサンというのは映画ミッションインポッシブルの主人公の名前です。(トム・クルーズ)
イーサンが無機質なコンピュータールームに宙づり状態で潜入するシーンがあるんですよ。
そことダブったんです。このカミキリは足がついてますけど(笑)
http://matome.naver.jp/odai/2126778415867650101
ここの一番上のシーンがそれですよんv
Commented by midori_midori712 at 2013-07-05 03:32
ゴマダラですか。マニアックだな~…相変わらず。
カミキリムシ一番の普通種。農業害虫。子供にもあまり人気ない。

昔々、新潟の田園地帯に「はざ木」がたくさんあった頃は、嫌というほどいっぱいいました。
今は農薬散布の影響もあってか、見かけることも少なくなりましたね。

飛翔直前の羽を開いた写真、見事です。
エキサイトブログの女ファーブル、ぐりこさんの虫にかける思いは何処から来るんでしょう。
Commented by guri-iki at 2013-07-05 23:15
烈風さん こんばんは。
いつもありがとうございます。
え!全然マニアックじゃないでしょ〜。どこにでもいるカミキリだし。
あ、虫で妄想してるのがマニアックってことですかね。それなら言われてもしょうがないかな〜。へへへ。
確かに害虫ですが‥‥ビジュアルは美しいと思いますよ。
子供にも人気無いんだー。そうですか。みんなどこ見てんだ??
じゃあ尚更ファンになってあげたいわぁ(笑)

伐採した木が積んである所にはいるって聞いたことがあります。
カミキリムシってとても種類が多いですものね。こういうのにハマると本当のマニアになるんでしょうね。

ギャー。やめて下さいよ〜。ファーブルと並べてはいけません。
私はただ子供の頃の興味がカメラを手にして再燃しただけなんです。


Commented by midori_midori712 at 2013-07-07 02:05
その、誰も興味を惹かないような普通種をきちんと抑えておくのがマニアなんですよ。
希少とかで価値を決めるのは俺みたいなミーハーがやることです(笑)。

カミキリムシ専門のマニアっていますよね。
http://www2.gol.com/users/nanacorp/johokan/0menu.htm

甲虫は何かにつけて人気高いですが…ルリボシカミキリとか観たらホントにハマりそうです。
Commented by guri-iki at 2013-07-07 23:11
烈風さん こんばんは。
確かに当たり前にその辺にいる虫を撮ることが多いと言うか、それしか撮ってないわけですが‥‥
それは行動範囲もものすごく狭いから、というのが大きいんです。
自由に動ける時間も余りない環境なので必然的に。
でも仰るようにそれを突き詰めれば一つのスタイルになるかも知れませんね。
ありふれたものにも発見はあるし興味は尽きないです(笑)

教えて下さったサイト、思わずブクマしてしまいました。
眺めているだけでも楽しい〜。図鑑が好きなんですよ、昔から。
私もルリボシカミキリは憧れだわあvvv

Commented by midori_midori712 at 2013-07-07 23:34
>>ぐりこさん
ルリボシカミキリ、ハンミョウ、タマムシ、甲虫の三大美麗種。
どれも近隣に棲んでるはずなんですが、観たことありません。
生きてる間に自然下で生息しているところを観てみたいです。
あのサイト面白いでしょう(笑)。

あまりコメスレ引っ張るとよくないですね、ごめんなさい。
Commented by guri-iki at 2013-07-08 00:20
烈風さん
いえいえ、コメントはとても嬉しいのですよ〜。いつもありがとうございます。

ルリボシカミキリは見たことがないのですが、ふふふ‥‥私、勝ったかも(爆)
ハンミョウは結構いますよ。つい最近も沙羅を撮ったお寺で見ました。
ただ小さいし「道教え」の別名通り足下からすぐに前方に遠ざかるので分かりにくいかも知れません。
タマムシもここ数年は出会ってないですけど、桜の木で何度か見かけました。
死んだのにも出会いましたが、玉虫厨子のごとく色褪せない美しさは感動でしたよ。
烈風さんも出会えるといいですね!



<< 梅雨寒の日に | ページトップ | 梅雨晴れ >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin