Top
夕暮れ模様

d0166451_1555685.jpg


霞のせいか、花粉のせいか、黄砂のせいか‥‥
ここ2、3日夕やけが赤いです。
卵黄の味噌漬けのような太陽はちっとも眩しくありません。

そんな太陽と赤い空がいつも目にしている景色を極上のシルエットに変えてくれます。
ウォーキングの帰りに通る駐車場のどんぐりの木。
切り絵のような美しさに暫し見惚れました。


d0166451_1561922.jpg

こちらは自宅から見た日没。
いつもはうるさくて絵にならないとムカつく電線も今日は許せます。


d0166451_1564137.jpg

これは朝焼け模様。
やっぱり全然眩しくありません。






今日は日記らしい出来事を書き留めておきましょう。
行動範囲の狭い私にもたまには事件が起こるのよ。

今朝、資源ゴミを出しに行った時のこと。
飼っているたまちゃん(モルモット)にあげるおやつを調達しようと、集積場の脇の草むらにしゃがもうとしたんですよ。
その時、頭に何かが引っかかりました。
目は草に行ってて目の前のものは見えてなかったんですわ。よくあるでしょ?
一瞬「イテッ」となって、顔を上げるとそこには無造作に刈られた木の枝が突き出していました。
気にも留めずまた草に目をやった途端「パタッ」という音が。
そして次の瞬間、おでこがもわ〜んと温かくなり‥‥無意識あてた手を見てみると‥‥

オーマイガッ!!

手のひら全部が血で真っ赤ではあ〜りませんか。
ビックリし過ぎて何が起こったかも分からなくて。
慌てて車に戻って(今日は段ボールがいっぱいあったから車で運んだの)ミラーを見ると
そこには流血マッチでもやったのかって感じのレスラーな自分の姿が〜。

大袈裟に書いてるんじゃないんですよ。
本当に前髪とおでこが血でべったりで、更に流れて来てるし「わあブッチャーみたい」って思ったんですから。
怪我でこんなに血を見たのは久しぶりです。

d0166451_1582972.jpg


ゴミを出しに来てるだけだから鞄なんて持ってなくて、ハンカチもティッシュもなくて。
両手は血でベトベトでハンドルも握れないし。
仕方がないので血が止まるまで押さえて待つことにしました。



しばらくして滴ってこないのが分かったのでハンドルを握りましたが‥‥
通りすがりの高校生にガン見されたので思わず目を逸らしました。
彼はきっと学校で話したに違いない。「オバサンが血だらけの顔して車に乗ってた」と。(爆)

戻って鏡を見て、ワイルド過ぎる自分にドン引き。
鼻にもメガネにも血が飛んでました。
思わず写真撮っとこか?と思ったけど見せる人がいないのでやめたよ。(当たり前)

結局傷そのものは探さなきゃ分からない程小さくて、全くなんてことはありません。
おそらく木の切り口が原因だったのではなく、棘が出ていたんだろうと思います。
プスッといったのよ、プスッと。

頭はたくさん血が出ると言うけど、マジ本当ですわよ!
そんなに痛くなかったからその感覚と血の量のギャップに驚いたの。
滅多にないことだと思うけど、皆さんもお気をつけになってくださいね。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-03-09 01:59 | 風景
<< 紅白 | ページトップ | 心の岸辺に咲く花 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin