Top
草壁さんち その2
前回の「サツキとメイの家」の続きです。

焦って撮ったせいか、位置関係がわからない部分的な写真ばかりで。
なーんか自分でガッカリです。やっぱもう一回行かないかん。

まあいいや。気を取り直して。

d0166451_0161167.jpg

縁側。お天気が悪くて残念。


ここでおばあちゃんが作ってくれたおはぎをみんなで食べたんじゃなかったけ。





d0166451_016463.jpg

裏の勝手口の目の前には井戸が。


これ、現役です。ポンプを押すとじゃぶじゃぶ水が出ます。出していいんです。
上には粗い手縫いの雑巾が掛けてありました。
画像右、開いた扉の向こうは土間の炊事場です。(おばさんが戸棚を物色中〜)
ここも水はポンプ式だったなあ。
そーよ!折角開いているのに写真を撮らなかったの。何やってたんだかワタシ。


d0166451_0172314.jpg

こんなものまで忠実に(笑)メイが覗いてたよね。



d0166451_0174758.jpg

勝手口の隣、このガラス戸の向こうはお茶の間。


少し違うけど、私が小さい頃実家にもこんなスペースがありました。
そう、裏口ってヤツデが植えてある家が結構あったのよね。懐かしい。

私は見なかったけど、この縁の下にどんぐりが落ちていたりするみたい。



d0166451_018188.jpg

三人乗り自転車(笑)



d0166451_0192288.jpg

ガラスがまた昔っぽのよ。
ピカピカに磨かれているんだけどビミョーに波打っててね、景色が僅かに歪むんです。



本当はもっと細かいところに仕掛けというか小細工がしてあって、それを探すのも楽しみなんですけど‥‥
限られた時間の中で欲張って動いたものだから、結果ゆっくり見られませんでした。反省。
でも再訪する価値はありますからまたいつか行きます。



最後に目の前の展望台からの眺めを。
お話の中のロケーションとはちょっと違うけど‥‥

d0166451_0195195.jpg

トトロに掴まって飛んだ気分を味わえるって案内のお姉さんが言ってました。


うん、うん、なるほど。確かに。
暖かくなって緑が茂ったら随分いい感じになるでしょうね。
あ、そういえば、メイが潜り込む茂みや、あの森のような巨大な木はさすがにないですね。



d0166451_0223957.jpg

ねこバス、汚れたオトナの私には見えませんでしたわ。

[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-02-07 00:23 | 風景 | Comments(13)
Commented by a at 2013-02-07 22:12 x
ぐわー!連続ありがとうございます。
是非行きたいですううう。平日なら空いてんのかしら・・・

あ、でもジブリで一番好きなのはラピュタです。ほほ。

昭和村も気になります
Commented by midori_midori712 at 2013-02-07 23:44
黒くてカサカサ動く奴はいなかったんでしょうか(笑)。
まっくろくろすけ?
実在のモデルになった家があるんですね。初めて知りました。
Commented by guri-iki at 2013-02-08 18:45
aさま こんばんは。
お返事遅くなってしまいました。ごめんなさい。

余程の連休とか気候が良い時期のお休みじゃなければ大丈夫なんじゃないかなあ?
ここ、広大な敷地の中にポツンって感じであるので、お天気が左右する気がするんですよ。
まあ園内の無料バスもあるんですけどね。
私が行った日は降りそうで降らない日だったんですが、朝、テレビでやっていたにもかかわらず、午後から行ってタイミングよく入れました。
緑が眩しい時期がやっぱり良さげですよ。
あ、私も実はラピュタが一番ざますv 不動です。
Commented by guri-iki at 2013-02-08 18:51
烈風さん こんばんは。
お返事遅くなってしまいごめんなさい。

まっくろくろすけが出そうな雰囲気はちゃーんとありましたよ。
階段下から上を見上げると、隠れて見えない部分の想像をかき立てられるんですよ。
それくらいアニメの世界とと現実がリンクしていました。すごいですね、ジブリ作品って。
実在のモデル‥‥もしかしたら同じブログを見たかもしれませんね。ふふふ。
当時の流行の造りでもあったようですよ。
Commented by eomai at 2013-02-08 22:12
こんばんは~

トトロでしたねぇ~~♪

「草壁」で反応出来ないから 年ですかねぇ~~?? ^^;
僕も行ってみたいな~~♪

エッ!・・・・・・・・・・おかしいですか??(笑)
Commented by guri-iki at 2013-02-09 00:18
eomaiさん こんばんは。
いやいやいや〜それは年じゃないですって!
大抵の男の人はトトロと言うキャラクターは知っていても草壁という名字は思い浮かばないと思いますよ〜。
トトロは20年以上前の映画なので、私らの年代は子供と観ることが多かったのですよ。
で、その子供達がいい年になってカップルとかで来てたりするの。

あ、eomaiさんも昭和の方なら(絶対そうよね〜?)オススメですよ!
子供の頃思い出して涙ぐんでも知らないですよ(笑)
Commented by eomai at 2013-02-09 22:40
こんばんは~

鳥撮りは「目」「耳」・・・そして もう一つは「勘」です(笑)

鳥は「囀り」(繁殖期)と普段の「地鳴き」と言う
ふたつの鳴き方をします。

鳴き声から鳥を探すのも楽しいものです。
しかし・・・これは経験を積まないと出来ません。。。

気になる鳴き声の主 分かるとイイですね~~♪
多分・・・「コジュウケイ」あたりではないかと思ってますが(笑)
Commented by guri-iki at 2013-02-10 00:26
eomaiさん こんばんは。
わざわざありがとうございます〜(涙)
早速コジュケイを聞いてみました。
あ!これ聞いたことがある!と思いましたが、残念ながらこの子ではありません。
当たり前ですよね。何も情報をお伝えしてないんですから。ごめんなさい。

ここでお伝えしていいですか。
実はとても特徴がありまして。夜鳴くんですよ。
家の前にだだっ広い、石がゴロゴロした空き地があるんですが、そこに冬の真ん中にやって来て夏が終わる頃いなくなるんです。
来るのは多分2羽程度。それがここ5年くらい続いてます。
夜鳴く鳥と言えばホトトギスが有名だと思うのですが、あれは私でも区別がつきます。
先日録った音、めっちゃ小さいですがアップしてみました。
↓のアドレスで一度聞いてみて頂けますか?
http://youtu.be/NZarWXmehZc
ものすごーく個人的な悶々にお付き合いさせて申し訳ないのですが。

Commented by eomai at 2013-02-10 21:33
こんばんは~

空き地とは関係ありませんが・・・
お近くに田圃(田圃に面した葦原)または、ため池(葦のある池)が
ありませんか??流れの緩やかな小川など・・・

僕が知る限りでは「クイナ」が最有力候補で次は「ヒクイナ」です。
どちらも水鳥で一般の人では見つけにく鳥です。
明るい所にはなかなか出て来ません

正体が分かるとイイですねェ~~(^^)
Commented by guri-iki at 2013-02-10 23:15
eomaiさん、再びこんばんは。ありがとうございます。
すみません、お呼び立てしてしまっているようで。
我が家から直線距離にして500m以内に一級河川があります。
が、海まで50kmくらいある場所で、河原はゴツゴツ、流れもあります。
でも淀んだところには毎年オシドリとカモが来てるかな。
周りは起伏のある場所で田んぼも少ないです。ため池もありません。

クイナの声を検索して聞いてみました。
あ、似てるかも、と思いましたが写真を見てなんか違う気が‥‥
空き地にいるところを遠目に見たことがあるのですが、ゴロゴロしてる石に紛れて区別がつかないような色です。白地に茶系の模様が入っている感じ。
鳴き声はとてもリズミカルでかなり低空を旋回しながら鳴いているんじゃないかしら。(聞こえ方に強弱があるので)
今も鳴いていますよ〜。いつか写真に撮れたらまた見て下さいね。(って滅多に姿は見られないのですが)

Commented by eomai at 2013-02-11 21:15
こんばんは~

キーワードの「夜に鳴く鳥」・・・これに引っ掛かりました(笑)
夜行性の鳥を連想しました その中からクイナを選びました ^^;

>白地に茶系の模様が入っている感じ

>低空を旋回しながら飛ぶ

そして・・・「ゴロゴロしている石」が沢山ある

この3つで分かりました。。。

その鳥の名前は・・・・・次回へ続く なんて言ったら怒られるかな(笑)

「イカルチドリ」です。

↑の紅葉した葉は南天でしたか・・・ベニカナメ 間違えましたね ^^;
Commented by eomai at 2013-02-11 21:18
PS その場所は塒だと思います。

また、春の後半から繁殖期~産卵~子育てとそこで行われ
夏の初めには移動すると思います。
Commented by guri-iki at 2013-02-11 23:07
eomaiさん こんばんは。
すごいすごいすごいーー!ありがとうございます〜(涙)
5年間閊えていたものが取れました。めっちゃスッキリした気分です。もう一生この名前は忘れないでしょう。
wikiで声も聞きましたが、まさにこれだと思います。
驚きました。無知なので「チドリ」と名の付くものは海、もしくは広い水辺にしかいないと思っておりました。
でも飛んでる姿を見た時に体の割に羽が長くて、よく見る小鳥の「小刻みにパタパタ」じゃなく「大きくヒラヒラ」という感じだったので「なんか海にいる鳥みたいやな〜」と漠然と思ったのです。
この辺りは山あいでそういう飛び方の鳥はあまり目にしないので。

そうか〜、そうだったのですか〜。なんかすごい達成感です。(ってeomaiさんのお力なんですけど!)ご縁に感謝。
この鳴き声が聞こえ始めるのは真冬ですが、確実に春が来るのを感じます。
また色々教えて下さいませね。ありがとうございました。
<< 水珠 | ページトップ | 草壁さんち >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin