Top
草壁さんち
d0166451_23583659.jpg



この名字とバックにぼんやり見える建物でピンと来る方もみえるのではないでしょうか。
ふふふ、そんなあなたは‥‥大好きでしょ!



興味がなくとも誰もが知っているであろう「となりのトトロ」。
2005年に開催された「愛地球博」跡地の記念公園に、この物語に登場する一家の家が保存、展示されています。

通称「サツキとメイの家」。

過去と今、空想と現実が交錯する不思議な空間を楽しんできました。





一回のツアーは30分。費用は500円。
AグループBグループに分かれて、15分ずつの交代で家の中と庭を見学します。
(人数が多かったのでこういうシステムだったけど、平日はどうなんだろうか)
最初に言っておきましょう。

30分は短い!


d0166451_23592244.jpg

じゃじゃん! リアル「草壁家」。

壁や屋根は少し綺麗過ぎますが、かなり細部まで再現されています。
「となりのトトロ 家」とでも入れて画像検索してみればそのリアルさが解ると思います。


d0166451_02997.jpg

サツキが手をかけてぐるんと回ったら傾いた柱。
腐食まで再現されています。(動かんかったけど)



残念ながら家の中を見学中はカメラ禁止です。
が、外からは覗き見チックに撮影可。
でもあの丸いモザイクタイルのお風呂は外からも覗けなくて撮れなかったです。
いいの。心のアルバムに残してきたから(爆)。
三人で入るにはちょっと小さかったけど‥‥でもリアルだったなあ。
怖がるメイとサツキ、豪快に笑うお父さんがフ〜ッと浮かんだわあ。

撮影禁止なのは残念ですけど、素晴らしいのは家の中のあらゆるものに触れられること。
戸棚やら押し入れやら箪笥やら引き出しやら‥‥開け放題の触り放題なんです。
普段人んちの引き出しなんか開けないんでビミョーな罪悪感も湧きますが‥‥時間もないんで開けまくり!
昭和30年という設定らしいので、私の時代より更にひと昔だったりするんだけど、それでも懐かしいと感じるものがいっぱいでした。
とにかく細部までこだわった昭和の世界がそこにあります。
作り物ではなく、実際にあの家族の生活を感じられることに感心させられました。
押し入れの中に畳まれた小さなネルのパジャマがあったのね。
「ああ、メイちゃんの寝間着や〜」って遠い目をしちゃうわけです。


ああ、こんな文字ばっかり打っていたら終わらんわ!
ここからは写真をだだ〜っと貼りますね。


d0166451_02408.jpg

昔は玄関脇に洋風の部屋を作るのが流行ってたんだって。



中を覗くと‥‥

d0166451_04979.jpg

ここはお父さんの書斎よね。考古学を研究する先生の部屋。


ちなみにこの部屋は立ち入り禁止でした。

d0166451_044968.jpg

分厚い辞典が山ほど!この乱雑なギッシリ感がたまらん〜。



d0166451_051759.jpg

こういうステンドグラスっぽい窓ってコクリコ坂のカルチェラタンにもあったような





すみません。まとめが下手くそ過ぎて疲れました。
というわけで続きの写真はまた後日。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2013-02-05 00:06 | 風景 | Comments(4)
Commented by aya_nan at 2013-02-05 22:46
「さ~つきちゃ~ん」と思わず叫びたくなりますね^^
書斎の雰囲気とかもそのままなんですね。
昼間ジブリ大好きな妹が後ろで「良いなぁ~いきたいな~」と申しておりましたよ^^

トトロは子供たちが大好きでもちろんンセリフは完璧。
ビデオテープ(古)が擦り切れるほど毎日何度も見てました。
それも正座で!

続きを楽しみにしています
Commented by guri-iki at 2013-02-05 23:50
aya_nanさん こんばんは!
まさにそんな感じですよ。
不思議なんです。「こんな生活してたんだなあ」って過去を感じるのに、ついこの間まで草壁さん一家がそこにいたような気配も感じるんです。
書斎はとりわけリアルでしたよ〜。
画像は外から撮ったものなんですが、家の中から外に向かって眺めるとアニメに出て来たまんまです。

妹さん、きっと涙目になられますよ(笑)
ジブリにそれほど入れ込んでなくても昭和を生きて来た人なら絶対懐かしくなります。
私らは自分も見て子供にも見せた世代ですよね。
トトロが生まれて24年だそうです。あの頃私も若かった!

Commented by a at 2013-02-06 22:45 x
素敵過ぎ鼻血出るかと思いました。行ってみたいですううう。

映画に出てた二階への階段が祖母の家のそれとまったく同じで懐かしかったのです。
ついでに祖母の家には祖父が手作りしたかまどが・・・ありました。
かまど飯のうまいことったら。

Commented by guri-iki at 2013-02-07 00:13
あ!aさま こんばんは!
でしょう?でしょう? aさま、絶対お好きだと思いますよ、この昭和っぷりは。
小物というか雑貨と言うか、生活用品すべてがいい味を出しているんです。
缶かんとか小箱とかすべて何かにリサイクルされていますしね。

二階への階段は上がれなかったんですが、下から見上げて二階の窓からの光が射し込んでる感じなんか、映画でメイが見ていた視点そのものでした。
何かおるんちゃうか?と思えるほど(笑)
かまどのご飯をご存知なのですね。うんうん、そういう炊事場でしたよ〜。
いや〜、行って下さいよ、是非!
<< 草壁さんち その2 | ページトップ | 春隣 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin