Top
華奢

d0166451_0462787.jpg

寒い霧の朝。



d0166451_0464419.jpg

太陽が昇り、少しずつ晴れて行く。
きっとこういうのを上から見ると雲海になっているのでしょうね。



窓の外のザクロの枝をぼんやり見ていたら。
d0166451_047472.jpg

糸屑のようなものに気づきました。

これってもしかして霧氷なのでしょうか。
これが束になって樹氷になるのでしょうか。



d0166451_047213.jpg

あまりに繊細で華奢な氷のアート。
太陽に照らされ、でも折れることなく、このまま気化するように消えて行きました。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-12-14 00:48 | 季節
<< ひこうき雲の日 | ページトップ | たからさがし >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin