Top
追悼の灯

昨日、所用で名古屋へ出かけました。
ついでにイルミネーションが見られればラッキーだな〜くらいの気持ちで行ったのですが‥‥
テレビ塔のある通りの広場では、東日本大震災追悼イベント「Candle Night Nagoya」が開催されていました。

d0166451_033508.jpg


犠牲者、行方不明者の数という18,000本のキャンドルがユラユラチラチラと揺れていました。
炎の色は暖かいんだけど、そのおびただしい数にあらためて愕然となり‥‥
胸が詰まって目を反らすことが出来なくなりました。
間接的だとしても事実を目の当たりにするというのはやはり衝撃です。
ごめんなさい、すみません、という気持ちが湧いてきました。
わかっているつもり、知っているつもりだった自分が情けなくなりました。

何を今更、と思う方もいらっしゃるでしょう。
だけど、これがテレビの画面の向こうでしか見てこなかった私の本当です。
そして思ったのは、原発のことやそれを売り文句のように公約に掲げる選挙のあれこれは、この18,000の灯とは全く別の次元にあるんだなあ、と。
いや、現実を考えればすべてそこへ辿り着くのでしょうけど‥‥
少なくとも愛する人を失った悲しみは、現実のそれとはかけ離れたところで今も癒えることなく漂っているのだと感じました。

う〜ん、ボキャ不足でうまく表現できません。情けないわあ。

強風吹きすさぶ中、次々消えてしまうキャンドルに再度火を灯すというお手伝いを少しだけさせていただきました。
自己満足に過ぎないかもしれませんが、ほんの少しでも参加できたこと良かったかなと思います。




d0166451_034956.jpg


強い寒気がこの地方にも雪を降らせ始めました。
明日の朝はきっと真っ白です。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-12-10 00:34 | 風景
<< たからさがし | ページトップ | 名残もみじ >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin