Top
旅する蝶々 2012

d0166451_13327.jpg


藤袴が咲き始めました。
この地域にも旅をする蝶々「アサギマダラ」が飛来する季節です。
家から10キロくらいの山の上にある薬草園へ会いに行ってきました。





d0166451_14530.jpg


d0166451_144475.jpg


アサギマダラは春に北上、秋に南下をすることで旅をする蝶と言われます。
吸蜜する花が決まっているらしく、特にこのフジバカマにはよく集まるようです。
名前のごとく浅葱色をした半透明の模様を持つとても美しい大型の蝶です。

d0166451_15737.jpg


今日はそこでとても貴重なものを見ました。

d0166451_15248.jpg


何か気がつきません?
そう、翅に文字が書かれているんです。

私が行った時、ちょうど一人の男の方が捕獲用の網を振ってみえて、一目で「あ!マーキングだ!」とわかりました。
これは旅をするアサギマダラが、どの位の距離をどのくらいの時間をかけて飛んだのか、また、どんなルートで飛んだのか等を調査するための印なのです。
次に誰かに捕獲された時に、これを見てその情報が得られるようになっているのです。
そしてその人もまたマーキングして放蝶します。
なんだか少し可哀想な気もしますが、それによってすごい長距離を旅した個体がいることも解ったそうです。

その方から興味深いお話を色々伺いました。
旦那も居たんだけど蚊帳の外。すまなかったねぇ〜(爆)
ここは岐阜県の美濃地方なんですが、たった一日で愛知県の南端近い知多半島まで飛んだ個体がいたんだそうです。
またここでマーキングしたものが鹿児島で再捕獲されたという話も。

すごいですよねーーーー。
こんな小さな頼り無さげな体でどんだけ過酷でタフな旅をしていることか。
アサギマダラ、ますます興味を持ってしまいました。
マーキングは無理だから、せめてアサギマダラ誘致に藤袴を庭に増やそうかと真剣に考えております。
老後の楽しみにしようかしらんv ふふふv

d0166451_155357.jpg

「撮りますか?」と離す前に声をかけていただき、撮らせていただきました。
この子もどこかでまた捕獲されるのかなあ。
おばちゃんは応援しています。頑張って飛ぶのよ〜!
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-10-08 01:07 | 生きものばんざい | Comments(8)
Commented by aya_nan at 2012-10-08 12:27
なんて貴重な体験でしょう!
見ることも滅多に無いことだと思いますが直接お話を聞けるなんて、すご~い。

あんなにフワフワ、よろよろ(失礼^_^;)と飛んでいるように
見える蝶が移動するとは思えないような距離ですよね。

ぐりこさんも蝶を追ってアンテナたてているからこそ
マーキングに立ち会えたんですね^^
私はマーキングするって事すら知りませんでした(^◇^;)

県内の松之山という所にキョロロと言う里山科学館があるのですが
そこに志賀夘助と言う方が集めた世界中の蝶の標本があります。

もしかしたらぐりこさんは生きている事が前提で蝶を見たり撮ったりなのかも知れませんが、
見応えのあるコレクションだったので、機会があったら是非^^

http://www.matsunoyama.com/kyororo/modules/Top/index.php?content_id=21
Commented by ちなみ at 2012-10-08 22:26 x
なるほど、マーキングってそういうことだったんですね。
おお、羽に字が入っている!!
そして全国の愛好者が記録を交換し合うわけですね。
すごいシステムだなあ。
ぐりさんの写真も、もしかすると何かの役に立つかもですね。
Commented by guri-iki at 2012-10-08 23:13
aya_nanさん こんばんは!
ええ、専門知識を持っていらっしゃる方のようで、質問したらいつまでも答えてくださるような気がしました。
旦那は捕獲網を振ってる姿を見て悪い人だと思ったそうですわ(笑)

aya_nanさんはアサギマダラをご覧になったことがあるのですね!
そう、ホントにこの蝶はふわふわフラフラという感じですね。
私は去年生まれて初めてこの蝶を見たのです。その時にマーキングも知りました。
高原に多い蝶らしいのですが、低地にも降りて来るとのことで、結構街の中でも目撃情報があるそうです。
知らないだけで案外上空を飛んでいるとおっしゃってました。

キョロロのHP拝見しました!行きたい!すぐにでも行きたい!
私にはこだわりはないんですよ。沢山の種類を見られるのはとても魅力的です。
いつか行けたらいいなあ〜。その時は是非ご一緒にv

Commented by guri-iki at 2012-10-08 23:28
ちなみん こんばんは!
昨日は失礼しました。
そうなんですよ。ネットに目撃情報を交換できるサイトなんかもあるみたいで。
(検索したら色々出て来てほぇ〜〜〜ってなった)
私はそこまで首を突っ込むつもりはないのですが、この蝶の行く先はすごーく気になりますわ。
遠いところだと台湾や香港まで飛んで行っちゃうらしいですから。
そうですね。どなたかお好きな方が偶然ここをご覧になるってことも0%ではないですから。
っていう前に昨日の方がちゃんと情報提供されていると思いますけどね〜。
Commented by keitoko at 2012-10-09 08:39
こんにちは♪

蝶って手で触っても大丈夫なものなんですね~。
しかも文字を書く事も可能なのにも驚きです(゚∀゚*) !
今まであまり蝶を見ても気にしてませんでしたが、これからは
きっとどこから来たのか話しかけちゃいそうです。

それにしてもとても素敵な色のお写真ですね♡
落ちついた中にもキラキラしててすごく綺麗です~(*´I`*)
お花の色も蝶の色も葉の色までも♡
Commented by guri-iki at 2012-10-09 15:39
keitokoさん こんにちは!
コメントありがとうございます。嬉しいv うふふ。
実は私も手に乗ってもらうことはあっても翅を触ることは殆どないです。
やっぱり手に鱗粉が付くのに抵抗があってね〜。それだけ翅にもダメージも与えるでしょうし。
一番下の画像の指はマーキングされてた方のものですが、手慣れた感じで扱ってみえました。
この蝶は白っぽい模様の部分の鱗粉が少ないので油性ペンで書けるようです。

写真は森の一角という感じで、木漏れ日がキラキラしていたのでコントラストのある写真が撮れたかも知れません。
そう言っていただけて嬉しいです。
でもこの蝶に巡り会ってコーフンしてたので、大部分はボケてました。あーあ。
Commented by greenfloral at 2012-10-14 09:43
ぐりこさん、おはようございます!
マーキング、なるほど!っと感心です。
直に蝶々に書くんですね。
それにしても毎度ぐりこさんの知識が豊富なのにも感心。
生物図鑑を見ているような感じです♪
Commented by guri-iki at 2012-10-14 22:12
ぐりさん こんばんは!
東京の街なかでもアサギマダラを見た!っていう方はいますよ。
きっと長旅の途中で上空から好きな花が群生してるのを見つけるんですね。
蝶にマーキングなんてこの蝶だから出来たんでしょうかね。
両方の翅が文字だらけになってる子の写真も見たことがありますが‥‥ちょっと可哀想でした。

私のは受け売りの知識なんですよ〜ぅ。
興味を持つと一直線にハマる傾向にあって、にわかに情報をかき集めるんです。それで知った気になって満足しちゃう。
人生において必ずしも必要じゃないことばかりが頭に入って行きますわ(笑)
<< スマイル! | ページトップ | ホウジャク >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin