Top
緋色

d0166451_033474.jpg


夏の猛暑、長引く残暑を物ともせず、天上の赤い花が静かに咲き始めました。
ちゃんとお彼岸に合わせて花開く不思議。

美しいのに少し不気味で、
はっとする鮮やかさなのに陰を感じる。

付けられた数々の呼び名はよくないものを連想させるものが多いけど、
すべてはこの花に毒があるから、なのですね。
安易に採ったりしないよう、不気味な名前をつけて縁起の悪いものと言う意識を植え付けて遠ざけたのだといいます。

そうやって言い伝えられて来たイメージが潜在意識となり、その赤を見ただけで妖しさを感じてしまうというのが興味深いです。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-09-25 00:29 | 植物
<< ふわっふわ | ページトップ | あ、やべっ! >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin