Top
独唱

d0166451_230119.jpg


d0166451_2302910.jpg


薄紫の夜明け。高原の木立の中。

それはそれは美しい歌声でした。

毎日こんな歌で起こしてもらえたらどんなに幸せでしょう。







今日も午後から「雷が鳴るのかしら?」と思う程暗くなったのだけど結局鳴らなかったな。
それでも東の空に巨大な積乱雲が湧き、やがてかなとこ雲になって行きました。
ちょうどその頃そっちの方向で鳴ってたみたい。天気予報で言ってた。

d0166451_238123.jpg


10分くらいしてもう一度見たら吹き出した部分が更に広がってて大迫力でした。

d0166451_23161471.jpg


夏なんか早く終わればいいのにって思うけど‥‥
この雲がもうすぐ見られなくなるのも寂しかったり。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-08-21 23:17 | 風景 | Comments(6)
Commented by greenfloral at 2012-08-22 00:24
とってもステキな夜明けの空ですねー
しかもBGM付きで^^

夕焼けや夜空をよく撮りますが、夜明けの空もいいですよね。
気にはなるけど起きられないっていう。。。(^^ゞ
日の出が遅くなったら頑張ってみようかな。
Commented by a at 2012-08-22 00:26 x
1枚目のトリ様うっとりいたします。なんともかっこいい。

そしてすてきな写真たちをありがとうございました。
ニヤニヤ眺めてますぞ。
Commented by ちなみ at 2012-08-22 08:19 x
なんだか冷たい高原の朝の空気まで感じられるような画像、ありがとうございます。
見ていて涼しいわ~~

ぐりさんの写真を拝見するようになってから、空をよく見るようになりました。
いろんな雲がありますね。
これはなんて名前だっけと見るたびに思うけど、忘れちゃうのよね。
わかるのは積乱雲と絹雲くらいかなあ。あとうろこ雲。
でも、毎日違う顔を見せてくれるので、飽きません。

ところでこの独唱の鳥さんはどなたですか?
Commented by guri-iki at 2012-08-22 23:17
ぐりさん こんばんは。
私も滅多にこんな時間に起きませーん(笑)四時半に目覚めて眠れなくなりました。
旅に出るとこういうことがスッと出来ちゃうんですよね。
まさに「早起きは三文の得」でした。家でもやれるといいけど(無理)

夕焼けが消えた後と朝焼けになる前の色、同じようで全然違うんですね。
朝の紫がこんなに美しいとは思いませんでした。
これから空気が澄んでくると朝の色も変わってきますね。
東京の夜明け前、いつかアップしてくださいませね〜v
Commented by guri-iki at 2012-08-22 23:17
aさま こんばんは。
すごく絵になる場所で歌っておられました。
あんな風に何も障害物のないところで思い切り歌えたらさぞ気持ちがいいことでしょう。
‥‥歌ってみたい。(大迷惑)

お粗末なもんを送りました。
また季節が変わったら作りますぞ。ふふ。
Commented by guri-iki at 2012-08-22 23:18
ちなみん こんばんは。
だいたい標高2,000mくらいに泊まってましたが、朝はかなり寒かったですよ。
父と散歩に出かけたのですが、半袖君は私らだけでした。バカボンでした。
そちらの朝もさぞ清々しいことだろうと想像しますよ。
あ、鳥さんはスズメとツバメとカラスくらいしかわからんのですわ(爆)

何をおっしゃるの〜。空を撮るようになったのはちなみんがきっかけなのに〜。
ずーっと続いてるということは、おっしゃる通り毎日違うし二度と同じじゃないことに惹かれているから。
とびきり美しい雲もいいけど、空を見て気分が解放されてフラットになれたらそれが一番だな〜って思う今日この頃です。
私も雲と正式な名称は全くと言っていい程結びつきませーん。
<< 処暑 | ページトップ | 標高3,000mの夜明け >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin