Top
赤の健康

息子の彼女のお宅からの頂き物です。

d0166451_0484634.jpg

ビックリする程のプチトマトの山!


スーパーのしゃりしゃり袋にほぼ一杯。
とにかくこんな量を一度に頂いたことはございません。

嫌いではないけどとても生で食べきれる量ではなく。
息子に「明日からお弁当箱に詰めてったら?彼女んちのだよ〜ん?」と言えば
「オレ、プチトマトは後味がちょっと」とか薄情なことを‥‥。
その言葉そのまんま伝えたろか!オラ!

しかし旬のお野菜をたっぷり食べられるのは幸せなこと。
特にリコピンは女子にはすがりたい効果満載です。
これはもうありがたくいただくしかないでしょう!





というわけで、料理が苦手でセンスもない私が選んだのは「トマトソース」。
「ペースト」と言うべきなんだろうか。
とにかく鍋に放り込んで潰しながら煮詰めるだけという、これ以上ない簡単な保存食品作りです。

d0166451_0493759.jpg

すごいね。水一切加えてないのに、なみなみに出た!


ものぐさなので皮も取らず、途中でミキサーで気にならないくらい粉々にしました。
そしてまた煮詰めて。

できました。私でもこんな感じに。

d0166451_050634.jpg


な〜んにも加えていないプチトマトのソースです。
部屋中トマトの甘い香りが漂っています。

で、ちょっと舐めてみたところ‥‥

!!!に、にがっ!!!

こんなん作っちゃったの?私、ってくらい苦い。絵面は完璧なのに(涙)
あれだな。ミキサーで芯も皮も磨り潰しちゃったのが敗因。たぶん。
ものぐさも度を超すと反省する羽目になりますねえ。とほほ。


でも折角だから塩こしょうやらにんにくやらバジルやらを加えて、夏野菜と一緒にパスタに絡めてみましたよ。

d0166451_0504517.jpg

見た目はアレだけど‥‥お、おや?


最初こそほろ苦さを感じたものの‥‥コクがあってオイシイ!
あらあらあらあらv 使えるやん、これ。

というわけで、調味料の力はスゴかったということですね(爆)

まだあと2回分くらいあるから、近いうちにチキンでも煮込んでみましょうかね。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-07-28 00:50 | 日常雑記 | Comments(4)
Commented by a at 2012-07-29 12:52 x
食べに行きたいですよ・・・
Commented by guri-iki at 2012-07-29 23:07
灼熱に耐える覚悟がおありならいらしてください。ふふふ。
でも耐えて食べるだけの価値があるかどうかはちょっと・・・
Commented by greenfloral at 2012-08-01 21:23
私もトマトをたくさん頂いた時はトマトソースを作って冷凍します。
でもプチトマトではなく、トマトだなぁ~
トマトほど甘くないのかもしれないですねー
プチトマトがたくさんのときはドライトマトにしたのですが、
乾燥が完璧じゃなくてカビがはえてしまいました(^^ゞ
頂いといてなんですけど、頂き物も適量がいいですよね(^^ゞ
Commented by guri-iki at 2012-08-01 23:59
ぐりさん こんばんは。
ぐりさんはお料理上手なイメージが強いです!お好きなんですよね?
プチトマトのソースは濃厚でしたよ。
煮詰めたから濃厚っていうんじゃなくて、多分生も小さい分ギュッと濃いんでしょうね。
別の言い方をすれば野性味溢れる青臭さがあるというか。
だから余計苦さが際立ったんでしょうけど。
そうそう〜頂けるのはすごく有り難いんですが‥‥旬というのはこういうことなんですよね。重なりまくり(笑)
我が家は今茄子とキュウリがガンガン届きます。もうすぐゴーヤが加わります。
もういげました‥‥(爆)あ、いげるって方言かしら?飽きるってことね。
ドライトマトと同じ失敗をハバネロでやりました。肉厚って難しいですね。

<< 爽涼 | ページトップ | 予感の空 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin