Top
6月のリーフ柄

d0166451_0101410.jpg

ルー あるいは ヘンルーダ


これはミカン科のハーブです。
葉っぱの形が涼しげだったので、かなりハイキーに逆光で撮ってみました。
こんな柄のタペストリーがあったら欲しいな。癒されたい。





ちなみに花はこんなん。
d0166451_0104261.jpg


まばらな菜の花っぽい‥‥地味。
ホームセンターなんかでは「猫よらず」の名前で出してることもあります。
まあイヤな香りではないですけどね、人間には。

二階のベランダに猫は来ないんだけど、何故これがあるか。
ふふふ。アゲハに産卵場所として提供するつもりで植えたのだわ。
いや〜太っ腹だね!(違)
彼らはミカン科の植物が食草だから来るはずだと。

‥‥というのも、同じくベランダにある金柑の木がさ~「アゲハの幼虫の木」になっちゃって。
新しい葉っぱや芽が食べ尽されてもう丸坊主!実がちっともならないわけですよ(涙)
だったらこっちを食べてくれよ、ということで。
現在2匹のお子さんが食べておられます。

でも、私も差別してるんだよねえ。
蛾の幼虫だったら迷わずお引き取り願うのに、アゲハの幼虫だったら「無事に蝶になるんだよ」って思ってしまう。
同じ生き物なのに。

だってこんな姿見たら「頑張れ〜負けるな〜」って言いたくなるでしょ?
d0166451_011934.jpg

ちなみに目のように見えるのは模様ですからね?
実際の顔は先端で俯いてる鶴瓶みたいな優しい顔なんです。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-06-16 00:15 | 植物
<< 花色ぼんぼり | ページトップ | 光のステージ >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin