Top
おやつのなる木
d0166451_0332882.jpg


d0166451_0335237.jpg


アケビの花です。



おやつと言っても私自身馴染みがある訳ではありません。
私が中学生の頃だったか、父親が「懐かしいものがあった!」と採ってきたのがこれでした。
父親が懐かしいというんだから、当時見つけたことさえも貴重だったんだね。
「子供の頃、山で遊んでいてこれは最高のおやつだった。うまかったなぁ〜」という言葉に一口食べさせてもらったら、自分が経験したことのないタイプの強い甘味を感じました。
正直「ええ?これが最高だったの?」と疑ってしまったくらい。
まあでも、食に贅沢ができなかった時代にこの甘さは夢のような味だったのでしょうね。

それ以来一度も口にすることなく生きて来たわけですが。
この花がアケビの花だと知って驚きました。
え?こんなに身近に?という場所にぐねぐねと絡んでいたので。
「懐かしいもの」イコール「貴重」イコール「お目にかかれないもの」だと思い込んでおりました。

秋に実がなるかどうかはわからないけど、また成ったとして食べるかどうかはわからないけど
場所が分かったのでこっそりと観察に来ようと思っております。


d0166451_036416.jpg

アケビの花っておもしろいんですねえ。
房になってる白っぽいのが雄花、ピンクの大きめやつが雌花なんだそうですよ。
こうやって別々に咲くのを雌雄異花と言うんだそうです。
この形をとるメリットってなんなのかしらね。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-04-26 00:36 | 植物 | Comments(0)
<< 若葉ダンス | ページトップ | 覗き見趣味 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin