Top
滲む薄紅



そのまま春霖の空に溶けて行くかのように。






趣味混じりの長い話なんで興味のある方だけ読んで下さいませ。

少し前になりますが。
夫婦でつむじショックから全く立ち直れなかった頃、強制的に気分転換せないかん!と思い、近くに来ていた財津和夫のライブへ行きました。
勿論当日券ですよ。
楽勝だと思っていたら残りの席が僅かで驚きましたが。(チョ−失礼)

ご存知ですか?財津和夫。
TULIPというグループのリーダーだった方です。
何を隠そう、私の人生初ライブはチューリップだったのですわ。
お子様だったから学校の規定通りセーラー服を着てね、友達のお父さんについて行ってもらって(笑)
まわりはテンション高いおねえさんばっかりで。すごい衝撃を受けて記憶も鮮烈です。
大好きでした。
クラスの女子の大半がよろめいていた英国のアイドルバンド、ベイ・シティ・ローラーズには目もくれず、ひたすら福岡出身のこのバンドに入れ込んでいました。
とは言ってもかの有名な「心の旅」がヒットしたから好きになったのではありません。
ハマったのはずーっと後。「心の旅」の時は小学生だったので全く興味もなかったんだと思います。


あの時汗まみれでシャウトしてた財津さんも、60を超えて落ち着いた素敵なおじさまになっていて。
セーラー服の無垢(爆)な娘も更年期に片足突っ込んだオバサンになって。
過ぎた時の長さに愕然としつつも懐かしさで胸がいっぱいになりました。
と同時にレミオの30年後をうっすら考えたりしてね。
残念ながら3人で鳴らしてるとは思えなかったけど。


ああ脱線。
財津さんソロの曲は殆ど知らなくて、ぼんやり聴いていたんですけど、TULIPの時の曲も結構やってくれまして。ノリノリになりましたわ。
まさか60過ぎのおじさまの歌に立ち上がって頭の上で手を叩くとは思わなかった(爆)
レミオで慣れているからお手のものなのよ、格好だけは(笑)
記憶がその時の感情を連れて来るんですね。弾かれるように立ち上がってしまいました。
若い時に受けたインパクトというのはすごいパワーを持っているんですねえ。

そしてもっと驚いたこと。
「私から年老いたあなた方へ」というTULIP時代の曲があるのです。
離れてから知る親の愛の深さを歌ったとても静かな曲です。
当時お子様だった私には地味な曲の印象しかなく、30ン年間一度も記憶が呼び起こされることはありませんでした。

その曲を歌い出した財津さん。
間もなく声が詰まって歌えなくなってしまいました。
髪を掻きむしって下を向きバンドにもう一回やり直しをお願いする財津さん。
マイクを通して小さな声で「ああジジイだ。ジジイだよ」と聞こえてきます。
「あれ?歌詞忘れた?いや〜年とっちゃった?」って思いましたが‥‥
やりなおしてもまた歌えなくなってしまったんですね。
今度ははっきりとわかりました。泣いてらしたのですわ。それはもう肩を震わせて本気で。
歌詞が歌詞だけに今の財津さんの何かとオーバーラップしたということでしょうか。
驚きました。
若い頃に戻ってしまっていた私の記憶に財津さんが泣くというのはあり得なかったですから。

財津さんが歌えなくなってもバンドは音を鳴らしていました。
そしたらそれを引き継ぐように会場のお客さんが歌い始めました。
私も30ン年振りに聴くこの曲の歌詞が自然と口を突いて出てきました。
意識しなくても次の歌詞が出て来るのこの感覚には驚きました。
結局最後まで迷うことなく歌い切ってしまいました。


今更ですが、若い頃の記憶力ってすごいですね。
意識していなかった曲でさえこうやって出て来る。
意識して脳みそをフル活用していたらどんなに教養のある大人になっていたかしら。
なーんて思ってしまいます。
典型的な「もっと勉強しときゃよかった」ですね。とほほ。

満足感と共に今と昔が交錯するフワフワした感覚を味わったライブでした。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-03-20 01:05 | 日常雑記 | Comments(2)
Commented by ちなみ at 2012-03-21 22:19 x
ああっ、ベイシティローラーズ!
いましたねえ、そういうタータンチェックの人たちが。
チェッカーズはあれを真似したのかしら?

そういう私は、その時代はクイーン一筋でしたわん
でもコドモだったからコンサートに行ったりはできず、ひたすらラジオ(!)で聞いてました。
CDもなくってレコードだったわ。
懐かしい~~~♪
財津和夫は友だちが大好きだったですよ。

Commented by guri-iki at 2012-03-21 23:34
こんばんは。
S・A・T・U・R・D・A・Y・NIGHT! ってやつですよ〜。
そうそう、チェッカーズは明らかにこれですよね?
もーすごかったんですよ、私の周り。
エリック〜v パット〜vv って髪型まで真似てた子がいました。
でも赤いジャージなんですけどね(笑)

クイーン!ちょっとオトナですわね。
洋楽は男子でカッコつけて聴いてる子がいたくらいでしたわ。
私がクイーンを聴いたのはレディオ・ガガの辺りなんです。
コンサートは学校の公衆電話からチケットをとってしまい、完全に見切り発進でした。
親の反対に遭いポシャりかけたんですが、友達のお父さんが引率と言う助け舟を出してくれて行けたんですよ。
今から思うと田舎っぺのくせに恐いもの知らずでした。
<< 香る三月 | ページトップ | 催花雨 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin