Top
つむじがいた場所


一週間以上ブログを放置したのは久しぶりかもしれません。

更新できませんでした。
更新しようと文章を打っていても悲しいばかりで。

飼っていたモルモットの「つむじ」が死んでしまいました。






2月29日の夜、呼吸が変なのに気付き、閉院間際の動物病院へ駆け込んで診ていただいたのですけど、日にちをまたぐ頃、苦しんだ挙げ句に動かなくなってしまいました。
モルモットは気管支がとても弱い生き物で所謂“風邪”が命取りになるのだそう。
風邪と言っても私らが罹るそれとは全くの別物らしいです。
そして症状が出た時には手遅れの場合が多いと。
小動物は大抵弱った姿を見せようとしないですからね。ハムスターもそうだった。
恐らく肺炎ではないかとのことでした。



呆気ない‥‥。本当に呆気なく逝ってしまいました。
きっと発していたであろうサインを気に留めてあげられなかった、苦しい思いをさせてしまった。
それを悔いてばかりいます。

うちの子になって三年半、大人しい筈のモルモットのくせに超凶暴で、しょっちゅう前歯の突撃を受けていました。旦那なんか何度流血したことか(笑)
逆にそれは臆病で警戒心が強いことの表れでもあるのですけど。
それでも可愛かった。
手がかかった分思い入れも大きくなっていたのだと思います。
抱っこされてしまえば大人しく、その毛玉は程よくずっしり重く、モソモソの巻き毛はなんとも言えない癒しでした。

あと二年は一緒に暮らすつもりでいたのに。
悲しみは動物の大きさに比例するわけではないけど、何度か経験してきたハムスターの死よりもずっと重症です。
夫婦揃ってここまでのペットロスを経験するとは。とりわけ旦那はどん底。
つむじがいた場所に向って「な〜んやの、つむ!」と言ったりして‥‥恐。大丈夫でしょうか。
だから生き物を飼うのはイヤなのよ、と言われそうですが。
でも飼ったことのある方なら彼らから受けるものの大きさ、解っていただけますよね。


空になった小屋を見ては泣き、冷蔵庫の買い置きしたパセリを見ては泣き、服に付いている毛を見ては泣き、悲しい現実に向き合いたくないから仕事ばかりに熱中する。
そんな極端で息苦しい一週間が過ぎて行き‥‥
ケージを片付けたのをきっかけに涙が溢れることもなくなりました。
やっぱり解決してくれるのは時間しかありません。

こうやって文字にして吐き出したことでまた一つ吹っ切れました。
暗いお話はこれで終りにして、次回からはいつものブログに戻します。
カメラも一週間触らなかったな。
リハビリするかな〜。


つむちゃんバイバイ。またいつかね。

[PR]
Top▲| by guri-iki | 2012-03-08 16:13 | 生きものばんざい
<< いちねん | ページトップ | 光をあつめて >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin