Top
金薄



枯れて黄金に輝く。






母の退院が今週金曜日に決まりました。
驚異の回復力。
骨粗鬆症だったらこうはいかない。
さすが体を動かして仕事していた人は違います。

代わりに父の元気がどんどんなくなっているのが気になります。
とても‥‥とても疲れているみたい。
母のための病院通いに加え、実家の周りの親戚の年寄りに頼りにされて翻弄しているのです。
‥‥父だって年寄りなのに。
頼まれたら嫌と言えない性格、私も同じ血を引いている。

母の入院含め、色々重なり過ぎました。
私と妹ができるだけのサポートはしているつもりだけど、それでも随分と抱え込んでいるように見えます。

老老介護は家族だけの話じゃないと言う現実が目の前にあります。
なんとか父が参ってしまわないようにしなければ。
とはいえ、我が家にも年寄りがいて、私には自分の生活もあるわけです。
まだ仕事を辞めるわけにはいかない。

どこまで手助けできるのかしら。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-12-14 00:43 | 季節 | Comments(4)
Commented by ちなみ at 2011-12-15 08:45 x
お母様、早くに回復されて良かったですね~~~
やっぱり引きこもっていない人は回復が早いのね。
体力もそうですが、気力も違うのでしょうね。

わたしも引きこもり老人にならないよう、今から気をつけなくては(笑)
ほんと、マジでアラスカに行きましょうね。
Commented by guri-iki at 2011-12-15 12:38
ありがとうございます。
本当に自分の親ながら感心しますよ。強い!(笑)
基礎体力って大事だと思いました。ポジティブシンキングもね。
でも第四腰椎という一番の要を折ったので、この先無理すると全部そこへ掛かって来ると思うのですよ。
性に合わないだろうけど意識して大事にして欲しいと思っています。

アラスカのことはいつも頭の隅っこにありますだ!
すべてから解放されて‥‥って言いたいところだけど、そうするとまじでバーサンになってしまうので、タイミングをはかって実行したいですわねv
Commented by a at 2011-12-16 01:18 x
腰は本当に大事ですね。ぎっくりからもう6年経ちましたが、常に心にぎっくりを。

今年も世の中的には大変でしたが個人的にも後半、どんよりな出来事
が多かったのでなにがなんでもアラスカツアーに混ざります。
いつも心にアラスカを。

今日たまたましゃべってた方の母上は来月で105歳だそうです。
脳みそもしっかり動いてるとっても元気な明治の女・・・
Commented by guri-iki at 2011-12-16 23:47
こんばんは。お疲れさまです。
6年!ぎゃ!もうそんなに経ってしまったのですか!?っちゅうことは私も7年ってことに?
いやいやいや‥‥常に心にありますとも。
あの激烈な痛みと不自由な生活は忘れられませんよ。風呂掃除と有閑倶楽部がある限り(爆)

ツアー、是非ご一緒に。オーロラ見て感動してドボドボ泣きたいものです。寒くて泣ける気がしないでもないけど。
それにしても英語堪能な方が両脇にいたら恐いもんなしですだ。
いつも心にアラスカを。

105ですか!わ〜私でもまだ人生半分行ってないことになるやん。
そこまで生きるとは思ってないけど、やっぱり頭だけはハッキリさせときたいものですな。




<< Red on Red | ページトップ | クリスマスピンク >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin