Top
惜秋文様



12月の声を聞いたのだけど、秋は意外な程まだそこに残っていました。
まさに有終の美、です。


まるで空中遊泳のよう。






実家の母が入院しました。
腰椎圧迫粉砕骨折です。お年寄りを抱え上げた瞬間に体の中ですごい音がしたとか。

介護の仕事に就いて30年以上、定年を迎えた後もベテランの即戦力として是非と声を掛けていただき、バリバリ働いてきました。
でも、ここ2.3年は「もう体がついて行かないから辞めたい」とよく口にしていました。
70にもなれば当たり前のことです。まさに老老介護状態です。
実際何度も辞めたいと申し出ていたようでした。
それでも頼りにされると断れない性格もあり、またそれを糧に頑張ってしまうこともあり‥‥
働く日数を減らしながらも利用者の送迎から入浴介助まで何でもこなしていました。

娘の私から見れば複雑でした。
年をとっても必要とされることは幸せなことだし、何よりも母自身が若々しくいられました。

でもその反面、70のばあさんにそこまでの仕事を割り当てるか?という思いや、疲労で倒れてしまうんじゃないかと言う不安も大きく。
顔を見る度に「よー働いたんやもん、もう辞めてもいいんじゃないの?」とリタイアを促しておりました。
そして来年の3月で辞めると宣言していたその矢先の骨折でした。


今回の骨折で、仕事に復帰することは不可能なものとなりました。
言い方を変えれば踏ん切りを付けさせられた、ということだと思います。
つらいと言いつつも辞められなかった根底には「もう仕事が出来ないと認めたくない」と言う思いもあったと思うのです。
どんなに年をとっても頭の中の感覚は若い時のままなのだから。
必要とされているのなら尚更。
自分のことを「認める」ということは思いの外大変な作業なのですよね。


今は座っても寝てもどうやっても痛いばかりで可哀相です。
ベッドの母を見て今更ながら「この人こんなにばあさんだったかしら?」とショックを受けています。
元気で働いていることがどんなに人を若く見せているか思い知らされます。

この骨折自体はコルセットをしてとにかく安静にしていれば予後は良いようです。
あれこれ家のことが気になるから、これが一番難しいことなんだろうけどね。
しばらくは見て見ぬ振りして我慢してもらうしかありません。
今までとのギャップに老けてしまうんじゃないかという不安もありますが‥‥ま、父を叱りまくって発散するだろうから大丈夫か(爆)
私ももっと気にかけてマメに連絡を取らなきゃいけないなあ。
嫁に出た娘はこれくらいしかしてあげられないのだから。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-12-06 12:45 | 季節 | Comments(8)
Commented by cestsur at 2011-12-06 15:13
こんにちは。
お母様、頑張ってこられたのですね。
私も腰痛持ちなので、骨折なんて想像しただけで病んできます・・。痛い(ToT)/
働き者の方はじっとしているのも辛いと思うので
痛みだけでも早くやわらいでくれると良いですね。

でも、きっとぐりこさんのお母様はバイタリティのある方とお見受けしましたので、
リハビリしながら楽しみを見つけていかれるのではないかと・・・^^

お大事にしてください。
Commented by 籐四郎 at 2011-12-06 22:53 x
ああ、、辛い事になりましたね、、、。

痛みを伴う病気って、現実逃避(気分転換)を邪魔しますから、
思いの外、元気が出るまでに時間が掛かるんですよ。
流石のお母様もちょっとしんどいでしょうねぇ。

でも力仕事だけが介護や看護ではありませんから、
お元気になられたら、また外へ飛び出されることと思いますよ。

お母様が一日も早く痛みから解放されますように(-人-)
Commented by guri-iki at 2011-12-07 00:25
cestsurさん、こんばんは。
ご心配くださりありがとうございます。
確かに母はよく働いていました。子供の頃を思い出しても働くお母さんのイメージが強いです。
私も腰は弱いんですよ〜。座りっぱの仕事のせいかどうもよろしくありません。
骨折は足の小指をやったことがありますが、あれでも歩けないほど猛烈に痛かったので、腰椎がつぶれた痛みなんて想像がつきません。
母曰く「痛みで吐き気が止まらなかった」そうです。ああ恐ろしや。
痛みは当分続くようですが、コルセットができれば随分楽になるようです。
あと少しの我慢!

おっしゃる通りです。母は父と逆転した方がいいんじゃないかってくらい仕事に関しては男っぷりがいいんです(笑)
ぼんやり過ごすことが苦手な人なので、このまま病んでしまうようなことはないだろうと思います。
逆に私はぼんやりの時間が好きなんですけど。

Commented by guri-iki at 2011-12-07 00:26

籐四郎さん、こんばんは。
お気遣い下さってありがとうございます。

> 痛みを伴う病気って、現実逃避(気分転換)を邪魔しますから、
> 思いの外、元気が出るまでに時間が掛かるんですよ
ああ、まさにそうみたい。ただ痛みに耐えるしかないようで疲れ切っています。眠れてないみたいだし。
今のところ口だけは達者なのでまだ大丈夫かしらと思っておりますが‥‥
当初一週間くらいと聞いた入院期間が3週間〜一ヶ月になると今日宣告されまして‥‥ズガーーンと来ていたようなので少し心配です。
病院探検でも出来たら気晴らしにもなるでしょうが、今なんか座ることさえ禁じられていますしね。
せいぜい顔を出して相手になろうと思っております。

田舎の小さなデイサービスでは常に人が入れ替わりますし、とにかくオールマイティにこなせるスタッフが望まれているのです。
母に声が掛かることはもう無いのでしょうが‥‥何かを頼まれたらホイホイと承諾してしまう気もするんですよねえ。


Commented by mam-mam-48 at 2011-12-07 15:26
紅葉祭り
どの写真も素敵です^^
わたしなら通り過ぎてしまうような風景でも
ぐりこさんはちゃんと拾ってる^^v

12月になり・・・気持ちだけはめっちゃ慌ただしいです(>_<)

お母さま、ご心配ですね@@;
うちの実家の母も、元気印だったのですが、
夏に入院した時は、一回りも二回りも背中が小っちゃくなったような気がして、
悲しかったです。

親って、いつまでも元気なイメージしかないですが、
確実に老いていっているんですよね。
それを認めたくない自分がいます。

きっとパワー溢れるお母さまですから、院内で何か楽しみを見つけられると思いますが、
お大事になさってください。

お父様はお一人でなんでもできる方ですか?
うちは母の入院より家に一人残された父のほうが心配でした(>_<)

Commented by guri-iki at 2011-12-08 00:00
マム。さん こんばんは〜。
くどいくらいの紅葉、ごめんなさいな気分であります。が、田舎なのでこんな景色ばっかりなんですよ〜ぅ。
従ってこういうのしか拾えない(爆)

ああ、そうでした。マム。さんもお母さまのこと書いていらしたっけ。
あのお茶目でオシャレなお母さまですね(^^*)
おっしゃる通りです。親の老いは認めたくありません。
でも悲しいかな離れて暮らしていると、たまに会ったときにすごくそれを感じてしまったりするのですよね。
今回初めて動けない母を抱えたり車椅子を押したりしたので‥‥ズガーーンとショックでした。
幸い痛み以外に辛い症状はないのであれこれ食べまくって発散しているようです。(あかんやん)
ご心配くださりありがとうございます。

父は母より女らしいのです(爆)
食事はあれこれ作れるので心配はしてないのですが、寂しがりやなのでマメにメールしております。

Commented by greenfloral at 2011-12-08 18:57
お母様、大変でしたね。
今までバリバリ働いていた方が病院のベッドに寝かされるって
精神的にもかなり辛いですよね。
ぐりこさんも心配のことと思います。
お母様が順調に回復なさいますように。
Commented by guri-iki at 2011-12-09 00:20
ぐりさん、お気遣いありがとうございます。
まさに「突然の強制終了」という感じでしたが、本人は私なんかよりずっとポジティブで、「しゃーないわ」と諦めているようです。
私も母に似たかった(笑)

離れて暮らしている私にとっては、とにかく元通りに生活できることを願う外ありません。
強い人なので多分大丈夫です。ええ、絶対。
<< 落葉布団 | ページトップ | 寒空に羽ばたく >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin