Top
秋色時間 8


夕暮れの雑草が黄金に輝く。










さっきまで車を運転していた。
バイトだったバカボンが爆睡して電車を乗り過ごし、隣の街まで行ってしまったのだ。
私の住む市も田舎だけど隣は更に田舎で、それは夜の電車の本数に如実に表れている。
乗り過ごしたら戻って来られる電車はない。
「歩いて帰る」とメールが来たけど親心が負けてしまった。

旦那は「いい大人だから自分で何とかするわ。放っておけ。」と言ったけど‥‥
まあそうしようと思ったけど‥‥
貧乏学生だからタクシーなんか使えないだろうし、
夜中にヘトヘトになって帰って来て台所でガチャガチャやられるのも苦だし、
明日も学校があるというし、
自分も明日早いから煩わしいことは早く片付けちゃいたいし、
結局行動してしまった。

甘いかなあ、やっぱ。母親っちゃこんなもんじゃないの?

バカボンには車の中に“反省しろオーラ”を充満させて無言で責めてやったので学習したと思う。
次はないからね?頼むよ、ほんと。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-11-03 00:39 | 季節 | Comments(8)
Commented by at 2011-11-03 17:35 x
あるあるある・・・
うちも田舎だからねぇ。
娘が乗り過ごした時も、飲み会の時も、せっせと車を出してしまうわ。
「自力で帰りなさい」っても「じゃあ歩く」なんて言われたら逆に心配だしねぇ。

田舎でも事件は多いし。
男の子でも心配は多いわよね。
あとで後悔しないように、と思うと頑張ってしまうわね、母親って。。。

あとで親孝行せえよって感じですね。
Commented by greenfloral at 2011-11-03 21:44
うんうん、親ってそういうものですよ。
迎えに行かなくてもきっと帰ってくるまで心配で眠れないし、
それなら迎えに行っちゃった方が。。。とか私も理由つけて
行っちゃいますね(^^ゞ

いつまで経っても心配。
ウチなんか、ひとの親になっても心配してますから(^^ゞ
でもさすがに行動は控えてますけど。
Commented by guri-iki at 2011-11-03 23:48
虹ちゃん こんばんはv
ああ〜やっぱ同じなんですね。なんかホッとする〜。
あんまり旦那が「お前は甘い」って言うので自分は異常なのかと気にしてましたの。
でもお嬢さんは心配です!尚更ですよ!
もし娘がいたらそれこそ私じゃなくて旦那がすっ飛んで行くと思う(笑)
都会は都会の、田舎は田舎の心配事がありますねえ。

どこか遠いところの学校へ行って一人暮らしでもしてたら諦めもつくんでしょうけどね。
下手に近くにいるから余計にアカンのだと思います。

> あとで親孝行せえよ
そ!自分がその立ち場になった時にしかわからないだろうけどね(笑)

Commented by guri-iki at 2011-11-03 23:48
ぐりさん こんばんはv
いや〜、やっぱり同じなんだ!ああ、ぼやいて良かったですわ。
そうなんですよ。半分は自分のために行動しているようなものなのです。
そこをグッと我慢するべきなのかもしれないけど、こんなことが許されるのも学生のうちだけだわな、と自分を納得させてしまうんですわ。

昔から子はいつまで経っても子供って言いますけど、本当にそうですね。
ぐりさんもそうなんだー。‥‥そうですよね。同居の親を見ていてもわかります。
出来の悪いボウズだけに、一生ハラハラするんだろうかと思うと今から疲れますわ。トホホ。

Commented by a at 2011-11-07 00:41 x
大昔、受験の帰りに吹雪と高波で電車が止まって駅に取り残された時のことを思い出しました。
私は「どっかで泊まってこい」といわれたのですがたまたま一緒の電車にいた
同級生の父上が迎えに来てくれて送ってもらえちゃいまして。
あの時はラッキー、ぐらいに思ってましたが真冬の夜に吹雪の中
往復500キロ運転した同級生のお父さん、、、感服です。
Commented by guri-iki at 2011-11-07 10:52
aさま こんにちは。
それはすごいエピソードですね。「どっかで泊まってこい」も往復500キロも。
男の子だったら確実に「自分で何とかしろ」なんですけどね、500キロを移動する自信もないです。
実際先日の豪雨で交通が遮断された時も迎えに行きませんでしたからね、私は。
でもそこが考え方の分かれるところなんですよね、多分。
必ずしも「迎えに行かない=薄情」ではないし、「迎えに行く=愛情」でもないわけで。
他人がどう思おうと推し量れない親の気持ちってあるんだと思いますね。

Commented by mam-mam-48 at 2011-11-14 09:57
遅い反応ですんません^^;

あぁ~!!ダメダメ(>_<)
私、絶対ほかっておけない!
絶対、迎えに行く(苦笑)

>「迎えに行かない=薄情」ではないし、「迎えに行く=愛情」でもない
まさにその通りだと思います^^

でも母親って、「こうしてやった」って言う、自己満足に浸りたいような気がする^^;

うちはオットが先に「迎えに行ってやれ」って言うだろうな~@@;
甘ちゃんのオットなので@@;

脅すようでなんですが・・・・ぐりこさん、心配はまだまだ波のようにやってきますよ(苦笑)

ぐりさんの書き込みのように
>いつまで経っても心配。
>ウチなんか、ひとの親になっても心配してますから
なさに同感です・・・・・・。

何歳になっても「親と子ども」も関係が逆転することはないのですから~

ボケる寸前まで息子のことを心配してそうな気がしてます^^
Commented by guri-iki at 2011-11-14 23:33
マム。さん、こっちにもコメントありがとうございますv ウレシイです〜。
やっぱそうですよねえ。
手段がない場合は人道的に見て(笑)行ってしまうと思う。
ミスをしたという反省は体で覚えさせなくても解る年齢だし。

> 母親って、「こうしてやった」って言う、自己満足に浸りたいような気がする
これは解りますね。見返りを期待しない無償の愛ってやつなんだと思います。
これは理屈じゃないんですよ、たぶん。
私の場合、ちょっと自分勝手でして。
「してあげた」満足以前に「自分の時間を確保したい」っていうのもあるんですよ。
だから待つより行動してさっさと済ましてしまうんです。
ここはきっと我慢しなきゃイカンとこだと思う‥‥反省。

> 心配はまだまだ波のようにやってきますよ
そうよ〜そうだと思ってますよ〜〜ぅ(TT)
人の事は冷静に見られても自分の事はそんなわけにいかないのもよーく解ってます。
あ〜、いっそのこと手の届かないところで暮らして欲しいよ。
で、良いことだけ報告して欲しい。(サイテー)

<< 秋色時間 9 | ページトップ | 秋色時間 7 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin