Top
ごもっとも




‥‥だよねえ。
青空に向って言われちまいました。
市内のとある公園にこの類いの言葉が沢山刻まれていました。

こう変換して人は成長するわけですね。
最中にいるとテンパってその状況を周りのせいにしたくなるけど(ま、今のワタクシですが)どう足掻いても自分がこなすしかないわけで。
ごねてるのが時間の無駄に思えて来ました。
行動した方が早い、そう思えた時が吹っ切れた時なのでしょう。


ピンチというか‥‥自分に降り掛かかった出来事をずーーっと変換できないで、自分が一番かわいそうな人間だと訴える人を知っています。
確かに辛かっただろうし、他人が「大変でしたね」と軽く言えるものでもないのもわかっています。

でも、受け入れて変換出来てたらその人の未来はもっと明るくなったのに、とも思う。
何年も何十年も過去にこだわって足踏みしているのはその人の意思であって、もはや周りのせいではない気がします。
‥‥冷たいですかね。

自分は不幸だ、こういう運命なんだ、と訴える話は、度重なると苦痛以外の何ものでもなくなってくる。
何故なら愚痴は周りの人の心に伝搬すると思うから。
生産的じゃない話を受け止め続けるだけの器を持ち合わせてないんだよ、私は。
きっと発散して共有できる愚痴と、自分で消化しなきゃならない愚痴があるんですね。
そこの境目と言うか、度合いが難しい。
言う側にしても受け止める側にしても。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-09-23 00:33 | 日常雑記 | Comments(4)
Commented by 籐四郎 at 2011-09-23 21:14 x
ぐりさん、おこんばんは。
先日は、雨凄かったですね~。大丈夫でしたか?

「不幸はネタにするもので、自慢するもんじゃない」って、
なんとホームレスのおじちゃんに言われたことがあります。
「あんた、ええネタ沢山あってええなぁ~」って、関西のおじちゃんらしいでしょ(笑)
でもこの言葉にはすっごく救われましたよ。

その方も笑いのネタにすればいいのにねぇ~(←性格的に無理ですかね・笑)
Commented by guri-iki at 2011-09-23 23:30
籐四郎さん、おこんばんは。
市内は大変なところが多々ありましたが我が家は大丈夫でしたよ〜。
でもあらためて水の力って恐ろしいなあ、と。
人間ってバカだから実際に経験しないとわからないですね。

> 不幸はネタにするもので、自慢するもんじゃない
名言ですな!達観しとる!!私もそれいただきます(笑)
同じことを言われてイラッと来る人と、素直に聞ける人がいるっていうのに似てますね。

確かに性格もあるんでしょうねえ。(そういうと元も子もないですが)
最初は「きっと聞いてもらう人がいないんだ」と思い、全部吐き出させてあげようと思ったんですけど‥‥
聞いてるうちに周りの悪口しか出て来なくなり、猛烈に気分が落ち込むので聞きたくなくなりました。
その人はきっとそうやって周りから距離を置かれるようになったんじゃないかって思います。
そしてそれが自分の不幸に拍車をかけてるんじゃないかと。

その人がネタにできないなら、私がネタとして聞けばいいんですかね(笑)
Commented by mam-mam-48 at 2011-09-23 23:35
今日の書き込み

とぉ~ても耳が痛いです(>_<)

>何故なら愚痴は周りの人の心に伝搬すると思うから。
私、自分の中で抱えきれなくなってくると、
友達に「聞いて!聞いて!」って喋る、喋る^^;
メール、する、する(笑)

もっとも私の愚痴を聞いてくれる友達は、
「ほんまに悩んでいるのか?
 面白話なのか?よぉ~わからん」と、言ってくれるようなレベルの話なので、
まだ救えるでしょうか!?

いや、しかし・・・・今日のぐりこさんの書き込みは、
心にガツンといただきました@@;

ありがとう・・・・ウルウル
Commented by guri-iki at 2011-09-24 00:46
マム。さん いやいやいやいや‥‥
「愚痴は言っちゃいけない」ととらえられちゃうかなあ、と心配しておりましたの。私ってボキャブラリが足りないから(ToT) 自分のことは棚に上げといて‥‥ごめんなさい。
マム。さんの「聞いて聞いて」はおそらく「共有して発散する」類いなのですよ。
籐四郎さんの言葉を借りるなら多分「ネタ」(爆)
そんなのマム。さんのお人柄はブログを拝見すればわかります!
でなきゃあんなに人は集まらないと思いますので。

うまく言えないんですけど‥‥愚痴をこぼすにしてもなんとなく「この先は言うべきではない、もしくは言えない一線」みたいなものが自分の中にあるじゃないですか。
そこが共有できるかどうかの境目のような気がするのです。
その一線というのは大抵当たってて、それで人間関係が成り立ってるというか‥‥上手く出来ているなあって思うのです。

不満は発散するのが一番いいに決まってます。でなきゃ病気になっちゃう。
時に笑って、時に真剣に聞いてくれる人がいるなら、それはとても幸せなことだと思います。

<< 世界旅行 | ページトップ | 嵐のあと >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin