Top
記憶

花の中に咲く星。


9.11と言えばあの恐ろしい出来事に世界が驚愕し、怒り、悲しんだ日。
同時に今日はリアル友人の誕生日。
あれ以来、彼女の誕生日はテロの記憶とセットでやってくるようになってしまった。
そして今年は震災から半年という節目も重なった。

世の中に悲しみの記憶として刻まれてしまっても、
彼女にとっては幸せや感謝を遠慮なく感じる日であり続けて欲しい。

「いつもと変わらなくても、いつもと変わらないことが幸せなんだよね」

送ったお祝メールにこんな返事が返って来た。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-09-12 00:12 | 日常雑記 | Comments(2)
Commented by greenfloral at 2011-09-14 14:26
そうなんですよ、いつもと変わらない日常が幸せなんですよね。
私は身近にいる苦手な人の誕生日が9.11でして。
セットで覚えちゃったものだから、
おめでとうを言わないのも白々しくて。
今年は日曜日でよかったと。

ぐりこさんは栗がお好きなのですね~
私は栗自体は好きなんですけど、どうも加工品はダメで。
この時期、栗好きな人のテンションに乗れない私です。。。

Commented by guri-iki at 2011-09-14 22:54
こんばんはv
事故や病いを基準にして自分の幸せを測るのは間違っているのでしょうが‥‥
年を重ねると平凡な日常のありがた味をしみじみ感じますね。
ああ〜そっちの意味で忘れたくても忘れられない日になってしまいましたか〜。あるなあ、そういうの。
たまたまインパクトのある日と一緒というのは良し悪しってことですね。
ちなみに私の誕生日は「何を考えているかわからない北の某国の偉い人」と一日違いですの。‥‥危なかったです(爆)

あらま、モンブランとかもダメなんですか??
私は好んで栗を茹でて食べるほど好きではないのですが、この和菓子はめちゃ好きなんです。
でも加工品も芋の割合が多いとがっかりです。
<< 贅沢なおやつ | ページトップ | 群れ >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin