Top
赤の凶器


トマト?パプリカ?いいえ、ハバネロです。
 

我が街の今日の最高気温、37.7℃。
ちょっとした風邪の時の体温です。

このところ猛烈に暑い日が続いたせいか、旦那の希望で育てているハバネロが急に赤くなりました。
ホントに急!あれ?昨日緑だったよな??ってくらい。
これが悪意丸出しの赤さで。
今から包丁を入れる時のことを想像すると恐いです。
こいつは食べて激辛というだけじゃなくて、切った途端に目と鼻と喉にキますからね。
手が荒れていようものなら焼けるような激痛に苦しみますからね。
手を洗ってもニンニクのニオイが取れないのと同じように、洗っても洗っても激辛成分が取れませんからね。
それでその手でうっかり目を擦った日には何の拷問かと苦しみますからね。
苗を買うだけ買って来てあとは私の仕事。
旦那、遠回しに私に日頃の恨みを仕返ししとんのか(爆)


でも。
トマト料理に使うと癖になる辛さでおいしいんだわ〜〜〜v
チキン煮込みとパスタのトマトソースくらいしか作ったことがないから、今年は何とかレパートリーを増やさなくては。


だって、ゴーヤのついでによく解らないままむちゃくちゃに受粉させたら‥‥


予備軍がいっぱい出来ちゃったもの。

[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-08-11 00:16 | 植物 | Comments(2)
Commented by greenfloral at 2011-08-11 19:56
ぐりこさん、こんばんは。
ハバネロってそんないたずらものなんですか!?
辛さだけじゃないんですねー初めて知りました。
ビジュアルはとってもキュートなのになぁ~
Commented by guri-iki at 2011-08-11 23:15
ぐりさん、こんばんは。
いたずらものなんちゅうかわゆいものではないですって!
熟成させるうちに辛味が強くなって行くと思うのですが、経験では寒くなる頃萎びる寸前くらいのやつが一番強烈でした。
なんかね、良からぬ化学物質が出てんじゃないかって思うくらい粘膜に刺激が来るんです。
完全防備でする調理なんて、もはや一般家庭ですることではないのかもね(笑)

<< 真夏の透け感 | ページトップ | くろよん >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin