Top
雨模様

今日からの一週間予報にはお日様マークが一つもないのね〜(TT)






みっともないけどちょっと吐きます。

同居の親夫婦が激しいバトルを繰り広げ、ほとほと参っております。
もともと仲の良い夫婦じゃないんで今までも散々やってきたわけですけど。
80になってこんな元気があるんだったら私らなんかいなくたって生きて行けるんじゃねーの?
と言いたくなります。
残念ながら「元気だねえ〜結構だねえ〜あははは」なんて笑える程の懐を持ち合わせてないんだよ、私は。
っていうか、昔は持ってたんだけど無くなったわ。


人がヒステリックに争う声というのはストレス以外の何ものでもありません。
平和主義の自分にとっては尚更。


一つ屋根の下で暮らすという事は、みんながみんなを思いやり、少しだけ我慢し、必要以上に干渉しないことなんです。経験からして。

そろそろ私も我慢の玄界灘でございます。
懲りない老夫婦には、そのうち嫁爆弾が投下されますよ。
殺傷能力、相当高いですから。


もう今更みんなで仲良く、とは言わない。
一緒に暮らしている意味をもう一度考えて欲しいと思っています。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-06-17 00:20 | 日常雑記 | Comments(6)
Commented by 泰葉 at 2011-06-18 20:44 x
ご心労、お察しします。
いつも笑顔で仲良くとまでは言わないけど、平和で過ぎていく毎日が一番幸せやと思うの。
ちょっと周りにいる人のことを考えればいいだけやのに・・・。
少しだけ相手の気持ちを自分に置き換えてくれたらわかると思うのに・・。

老夫婦にビシッと叱ってやれる嫁さま、ステキですよ。
だってもう長いこと、叱ってもらってないから効果絶大やと思います(笑)
Commented by guri-iki at 2011-06-18 23:53
こんばんはv
恥ずかしい愚痴でございます。すみません。
> 平和で過ぎていく毎日が一番幸せ
ホントにねえ。そうじゃないことに直面すると普通が一番幸せって感じますね。
仰る通りでございますよ。
周りを思いやっていたら繰り返さないはずなのです。
そんなに合わないのなら、もっと早く勇気を持った決断をしても良かったんじゃないかと思ったりもします。
一緒に住むって多かれ少なかれ、何かを手に入れる代わりに何かを我慢することでしょう?

今度聞こえて来たら殴り込み、いや、怒鳴り込みますよ、あたしゃ。もう決めてます。
ビックリするでしょうね。「キツイ嫁やわ〜」と2人で納得しあってケンカが収まれば本望でございます。
Commented by 籐四郎 at 2011-06-18 23:55 x
お疲れさまよ(^^ゞ
姑にぐりさんの話をしたら「分かるわぁ~」言うてましたよ(笑)

我が家で平穏な生活は望めないだろうなぁ、、、
なんせ嫁が私だから(爆!)
Commented by guri-iki at 2011-06-19 00:19
まあ、籐四郎さんv ニアミスでございましたわ。
あらためてお帰りなさい。ぼちぼちゆっくりとやってくださいね。

籐四郎さんのお姑さまのご理解が得られて、なんか大きな味方が出来たみたいでウレシイです(笑)
なんかねー、自分が当事者である嫁姑問題というのではないので‥‥余計やり切れんわけですよ。

籐四郎さんちの平穏が望めないっていうのは、中身が生産的だし建設的だし、全然質が違いますよ!
現にみなさん、籐四郎さんを応援されてるじゃないですか。
ウチはホントにトホホなんです。犬も喰わないってこのことです。
Commented by greenfloral at 2011-06-19 23:27
ぐりこさん、こんばんは。
それはそれはすごいストレスですね。
なんとかいい方向にむかえばいいですが、
長年そういう感じだと難しいかもせれませんね。

自分のブログでは書かないことを私もカミングアウト(^^ゞ
実は私の家は父母、嫁(母)姑がケンカばかりだったので、
幼いころの記憶はそんなことばっかり。
そんな家を早く出たくて早く結婚しちゃったって感じもありなのです。
父以外は皆他界し、今はそんなこともなくなりましたが
未だしこりは残っています。
息子さんにもストレスがかからないことを願います。
Commented by guri-iki at 2011-06-20 15:37
ぐりさん、こんにちは。
わかって頂けますか、と言いますか、ぐりさんのご実家の雰囲気がこの家の過去にとても似ていて驚きました。
だからぐりさんは今幸せで、息子さんご夫婦ともいい距離でやっていらっしゃるんですね。
義姉が「嫁いでこの家を出て行く時、私、ちっとも悲しく無かったの。この家が好きじゃなかったから」と言ったことがあるんです。
衝撃でした。そこへ入っちゃった私って?って思ったものです。
やっぱり子供の頃から家族の歪み合いを見て来てそう思ったとのことでした。
勿論旦那も刷り込まれているわけで、逆に今、同じ思いをしないようにと家族をとても大切にしてくれます。
反面教師としては最高だったわけですが(爆)。

私も度重なることに慣れるというよりも嫌悪感ばかりが膨らみ、どうやって気持ちを保とうか悩んでいるところです。
あ〜、現実逃避した〜い!
<< 純粋 | ページトップ | やまとしじみ >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin