Top
さあ
d0166451_23404126.jpg

顔を上げましょうか。



東日本巨大地震から五日目。
被災地は、まだまだまだまだとてつもない混乱を抱えた状態であり、復興なんて言葉も軽々しく使っちゃいけない気さえするのですが‥‥
でもニュースから流れる被災された方のコメントは、絶望から前を向く言葉に変わりつつあるのを感じました。





「生きているから、また1からやり直す」
「生きているから」

この言葉を何度聞いたかわかりません。
実際、地震から3日後に連絡が取れた仙台の同級生も「大変だけど、生きてるから!元気だから!なんとかやっていくから」と言っていました。
生死の境を経験した人の生の言葉。
ものすごく力強く、耳に残りました。
今回この友人の声を聞いたのは大きいです。

そして。
被災地の方が前を向こうとしているのに、暗いニュースにどっぷり浸かって悲観しているのはイカンと思いました。
あたたかい部屋の守られた空間でテレビを観ながら何を思っても、そんなのは薄っぺらい。
だからと言って被災地に飛んで行くことができるわけではない。
正直そこまでの行動力もない。‥‥ごめんなさい、な気持ち。

だから自分は自分のやれることをやり、気持ちの上でも日常に戻って行こうと思います。
こんな時だからこそ平常心が大事なのでしょうから。
決して無関心でいるのではなく、ね。

自分にできること。
節電‥‥西日本は周波数が違うらしく簡単に左から右へ送電できるものでもないらしいけど、
    気にかけることに意味があると思うし。
義援金‥‥手続き済。おむつやミルク、生理用品になってくれたらうれしい。いや、何でもいいや。
募金‥‥箱を見たらどこでもするつもり。
買い物‥‥買いだめはしません。
     東北は決まった機関が届けてくれると思いますが、
     関東のお友達、ガソリンは送れないけど、それ以外の生活必需品で手に入りにくいもの
    (電池とかマスクとか?)があったら遠慮なく言ってください。
     大抵のものは対応できると思います。今のところ。
献血‥‥中性脂肪とLDLコレステロールが高めなんやけど‥‥採ってもらえるんかなあ。
ブログ‥‥ここを訪れて下さる人にちょっとでも和んでいただけるような画像を撮る。

この位かなあ。
本当に個人的でちっさいけど、やらないよりマシだと思ってやりますから!
三食きっちり食べて眠る毛布がある人が精神論を叫んでいる場合じゃないと思うのよ。


な〜んて。
本当は昨夜、これに近いことを打ってブログを更新しようと思っていたら、ぐわ〜んと揺れたのだわ!
静岡東部の震度6弱っていうやつ。
その恐怖で一気に萎えてしまい、やっと今日アップです。
すぐ折れる。‥‥情けなーい(TT)
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-03-16 23:42 | 日常雑記 | Comments(2)
Commented at 2011-03-17 21:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by guri-iki at 2011-03-18 00:13
鍵コメさま、こんばんは。
同じですよ。私は勿論、皆さんも同じだと思います。
小心者だから怖いのではなく、あのリアルタイム映像を目の当たりにしてしまったら、しかも同じ時間に長い揺れを感じていたら刷り込まれますって。
しかも東の方は連日揺れてるわけですし。

私も半分空元気のようなもんです。
その証拠に日記にある通り「揺れたらアップできなくなった」んですから。
私の場合、空元気出して何か行動することで気持ちを落ち着けているような気もしています。
被災地を思ってできることをするのもそうだけど、自分の仕事でも。
デマも溢れる中、正確な情報を拾うのはすごく大切ですね。
でも情報に縛られて(というか自分で自分を縛って)動けなくなるのも怖いです。
不安だから全てを把握したくなるのが人間なんでしょうけど。

とにかく自分を責めることなんかひとつもないです。
みんな不安だし怖い。被災地の人間じゃなくても。
だからツイッターは流れまくるしブログも更新されるんだと思います。
必ず落ち着く日が来ると信じて、お互い心を強く持ちましょうね。
<< 束 | ページトップ | 大地震 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin