Top
ひとひら
d0166451_2349520.jpg



連日、積もらないにしろ雪が舞うので、すっかり結晶ラブになってしまいました。
本当にピンポイントでハマり易い性格だこと、、、
儚さの美学、ちょっとだけ解った気がします。な〜んてな。





d0166451_23495995.jpg



今朝は牡丹雪がフワフワ舞い降りて来ました。
それはそれはたくさん。
ひとひらの雪って牡丹雪のための言葉なんでしょうかね。

言わずもがな、ひとひらは繊細な結晶の集まりでした。
殆どが地面に落ち、それと同時に消えてゆく運命の中、葉っぱや溶け残った雪の上に落ちたひとひらは、ほんの少しだけ長く留まっていられるわけで。
でもやがて確実に消えて行くわけで。
‥‥それが幸せなのか何なのか解らないけど、時代に流される人の運もそういうものなのかな、と、ちょっと思ったり。


d0166451_23504755.jpg



d0166451_23512590.jpg



d0166451_23534982.jpg

[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-01-19 23:59 | 風景 | Comments(4)
Commented by garden-cat at 2011-01-20 22:02
うわぁ~!一枚目の写真も綺麗ですね♪
牡丹雪っておいしそうですよね^^ えへへ。
Commented by guri-iki at 2011-01-20 23:25
うれしい〜v だって無理な体勢でやっとこさ撮れた画像ですもん。太腿プルプル(涙) 
牡丹雪、そうなんですよ!
garden-catさんも子供の頃、口を開けましたね?フフフ。
私も昨日の朝ゴミを捨てに外に出た時、やりたい気持ちをちょっと堪えました。‥‥大人なんで。
実際埃の味がして不味いんですよねえ‥‥。
Commented by a at 2011-01-21 23:36 x
ここも。なんてうっとりなのでしょう。(加藤みどり風)
儚げな人になってみたかったもんですよ。頑丈なのもいいですがな。ふふん。
Commented by guri-iki at 2011-01-22 15:17
しっかりビフォーアフター風に読ませていただきました。
儚いものは儚い人を呼ぶのです。呼ばれてしまいました‥‥。
な〜んて言ってみたいわな!ぎゃはは。
<< 大寒 | ページトップ | 雪のち晴れ模様 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin