Top
宝石
夕方4時、今日も歩くか〜と、極寒の中いつものコースのお寺へ行きました。
勿論カメラ片手に。何に出会えるかわからないので。

日が少し延びて来たとはいえ、低い位置にあるお寺は西側に山が迫り、既に陽が届かない時間でした。
凍った池、切立った岩肌。彩度を落とした音のない風景。
目にも体感にも寒くて寒くて堪りません。

カメラどころではない、と歩き出した時、目の前をこの風景からは考えられない色が横切りました。
それは切立った岩にとまりました。

d0166451_112793.jpg

何処に何がいるかわかりますか?






d0166451_114747.jpg


エメラルドブルー?コバルトグリーン?
カワセミでした。
このお寺近辺にいるのは知っていたけど、こんなにじっくり見たのは初めて。
あまりの美しさにドキドキしました。

d0166451_1219100.jpg


望遠レンズなんか装着してるはずもなく。
目一杯ズームでこの大きさ‥‥‥ああ残念。
でも際立った色彩をまとっていることはわかるでしょう?
とは言えこのカワセミ、実際鮮やかなブルーの羽が生えてるわけではないのですよね。
光の当たる方向で色が変わって見える羽なんです。
でも薄暗くなりつつある中、ビックリするほど美しく発色していました。


d0166451_124041.jpg


寒さも忘れ、カメラ小僧のように着いてまわりました。
意外と逃げなくてこっちの腰が引けました。
まるで「いいからもっと来いよ。撮るなら撮れよ。」と挑発されてるみたいでした。

でも実際画像を拡大してみたら興味は私ではなく、常に池の中の獲物でしたね。
じーーーっと見つめてる。
そこで、テレビでよく紹介している捕食シーンを生で見ることができました。


d0166451_13936.jpg


ジーーッと狙いを定めて飛び上がり、ホバリングしながら獲物をロックオン。
次の瞬間、チャポン!という音と共に水中に突っ込み、一瞬で元の位置に戻りました。
口には小魚がピチピチ。
本当に、本当に、テレビで見たままの光景でした。

‥‥残念ながらカメラには収まってませんが‥‥(トホホ)
でもビックリしつつも切ったシャッター、水に飛び込む寸前の姿が残像のように残っておりました。

d0166451_133482.jpg

この鳥がこの色じゃなかったら絶対何の画像かワカランやろうけどね(爆)




新年早々誰もいない寒い庭園で、こんな宝石のような鳥を見られて運がいいんだわ!って思っておいた方が幸せですね、たぶん。



-------------------------------------------
ところでF巻さん12日は31回目のお誕生日だったのですね。
おめでとうございました。
それに釣られて記念と言うか勢いでマクロレンズをポチってしまいました。(Amazonでさ)
遂に念願のレンズを買ってしまった。何か麻痺しとるわ、私。
明日あたり届くんじゃなかろかvvv
ウフフ。また更に深みにハマる予感が〜。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2011-01-13 01:04 | 生きものばんざい
<< 寒くて寒くて | ページトップ | 1/12の朝日 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin